« ロンドンでのホメオパシー的予防のセミナー大成功おめでとうございます! | トップページ | 英国のエリザベス女王陛下 主治医 ピーター・フィッシャーホメオパスの急逝を悼む  由井寅子(JPHMA名誉会長) »

2018年7月24日 (火)

【速報】 「伝統医学の革新者」をテーマにローマで7月23日、24日開催の「第8回 伝統医学と鍼灸の国際カンファレンス」での由井寅子名誉会長の基調講演「難病を治癒に導くZENホメオパシー」が大喝采の拍手の中終了。国内外参加者の感動をレポートします

医学分野などで多くの国際学会を主催し、多くの国際学術ジャーナルを発行し、様々な秀逸な学術研究活動を光を当てているALLIED ACADEMIESが主催する「第8回 伝統医学と鍼灸の国際カンファレンス」(大会テーマ:「伝統医学の革新者」)が、2018年7月23日(月)、24日(火) イタリア ローマのカンファレンスホール REMOにて開催され、由井寅子日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長が、基調講演として「難病を治癒に導くZENホメオパシー」を発表、基調講演は23日(月)午前、大喝采の拍手の中、終了しました。

まずは、参加者からのフィードバックを速報します。

Dsc04223

学会参加者 海外からのフィードバック
・Lecture was good. I liked those case videos. I believe for homeopathy but that was new for me, because the holistic part is same with Ayulveda. Thank you!
良い発表でした。特にケースのビデオが良かったです。ホメオパシーは信じていますが、このようなアプローチは初めてでした。統合的に診るという
ことは、アユ―ルヴェーダと同じです。ありがとうございました!

Dsc04518

・Very interesting. I wonder how to differentiate mind from emotion? and alcohol to also include sthew addictions? Congratulations on your exchellent contribution to your world!
とても興味深かったです。心と感情は、どう違うのでしょうか?世界に対するあなたの素晴らしい貢献を讃えます。
・It was very interesting, usefull, specially the intention the treat whole human being (Soul, mind, body)
特に、人を魂、心、身体の統合的に治療するということにおいて、とても興味深く、有効な講演でした。
・Knowridgeble presentation.

Dsc04341

とても多くの知識を持つ発表でした。
・Excellent
素晴らしかった。
・It was very interesting and a really good presentation.
とても興味深く、良い発表でした。
・The lecture was very interesting and showing deep connection from old traditional medical knowledge, new research and study. The most terrific part was the influenece in psycology and behaver of young patient who wrongly vaccinated, after her therapy and the new meddication (remedhies) was good effect on the new behavear. That was shocked.
素晴らしい発表でした。古くから伝わる伝統的な医療の知識と、新しいリサーチや研究との深いつながりを見せてくれました。一番すごいと思ったのは、間違ったワクチンの影響による子供の態度や、心理的影響が、彼女の新しい治療とレメディ―によって態度が変わったことです。驚きました。

Dsc04567

・A lot of interesting information. Would like to know more about her formulas/drops. Good work!
とても興味深い情報が沢山ありました。彼女のチンクチャーについてもっと知りたいです。素晴らしい仕事です!
・This seminer is interesting
講義は興味深いものでした。
++++++++++++++++++++++++
JPHMAとして学会参加した皆さんの学会1日目の感想

Dsc04257

注:今回はJPHMA認定校カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhomシーエイチホム)の海外スクーリングプログラムとしても実施されたため、プロフェッショナルホメオパス養成4年制コースの学生、JPHMA認定ホメオパスなど総勢約40名も参加、同時通訳で海外での2日間の学会を体験中です。

Dsc04449


●素晴らしい発表を聴かせていただきありがとうございました。視野狭窄がレメディーと祝詞で改善されるとは大変驚きました。また視野のみならず家族関係も改善されるなどZEN Homoeopathyのパワーのすごさに改めて感嘆しました。こうしたZEN Homoeopathyが世界的に広まっていくことを願うと共にこのような素晴らしいスキルを自分たちが今学ばせていただいていることに感謝します。
●「人」というものがいかに微妙なバランスの中で生きているのかということを再認識できた。寅子先生の発表は愛の心を持って苦しむ人(子供、親)を治していく感動的な内容でした。愛に基づき確かな方法で治していくことができるということに感謝の気持ちが湧いて来た。他の発表者、研究者の方々の発表にもそのたゆまない努力と熱意にただただ頭が下がるとともにその成果が実を結び人々に受け入れられていくことにより医療の素晴らしい可能性を感じることができた。
●イタリアでの伝統、統合医療のカンファレンスでは国や医療の分野の垣根を超えた素晴らしいものでした。特に寅子先生の発表は会場全員の魂の琴線に触れたものだったと思います。2日目も楽しみです。

Dsc04332

●世界の様々な伝統的な医療の話が聞けて大変勉強になりました。鍼や経絡やチャクラの関係など治療に向けて色々と研究をされて試みられていることも知りました。今まで現代医療の情報しか自分の頭にはありませんでしたが各国で伝統医療について研究されている様子を拝見でき外国ではこのような状況なのだと改めて理解できました。目からウロコが取れました。伝統医療と現代医学のいいところが手を取り合えばもっとより良い医学が発展していくと思います。
●鍼灸についてはあまり知らなかったのですがMenichelliさんの腎臓と目に関係があるというお話やNewboldさんの科学的な研究に基づくツボの発見、ツボにも色がありそしてそれぞれのツボにそれぞれの周波数があるというお話が興味深かったです。各々が各々のアプローチを持って患者を治療していることが分かりました。寅子先生のカルマのお話から「視野狭窄」という病について「理由が分からなかったらやる方法がない。でも理由が分かったらやる方法がある」というのが心に響きました。寅子先生が患者の自己治癒力を触発するのが見えたような気がしました。

Dsc04513

●ホメオパシーのこと、伝統的鍼のこと、また新しい鍼のこと、とても刺激になりました。今、世の主流は西洋医学ですが科学的な根拠やまた実際の症例、波動医学の認知によってホメオパシーが日本でもひくてあまたになる時が近いと感じました。
●寅子先生の発表素晴らしかったです。言葉での説明とDVDでの表現の仕方、とても分かりやすく、海外で外国の方たちと一緒に見るのが感動しました。寅子先生の元でホメオパシーの勉強できることのありがたみがしみじみ感動し泣きました。寅子先生を支えている先生方、スタッフの方々に感謝します。ありがとうございます。
●由井先生のカルマや霊の話がどのくらい海外の方に通じているのかと思いました。ケースの紹介はいつもながら素晴らしいものだと感じています。ホメオパシー協会の紹介の映像が素晴らしく涙がにじみました。異国の風景を見た後で日本の風景を改めてみると深く感じ入るものがありました。鍼灸が世界の方々にこんなに受け入れられているというのは驚きました。

Dsc03627

●感動的な発表とケース発表ありがとうございました。子供や家族のケースの目に見える変化が真実を伝えていると感じました。日本の抱える慢性病や小児の病は本当に深刻だと感じました。霊性を上げるということにも関しても知りたいことがたくさんです。
●今年4月に入学したばかりだがこの国際カンファレンスによりモチベーションを上げることにつながったと思う。また数々の発表の中でも群を抜いて由井学長の発表が素晴らしくケースの映像がさらに説得力のあるものになった。カルマの話や霊性の話が海外の方々にどう反応されているのだろうということも気になった。鍼の関係者が多かったのだろうがそのような中でホメオパシーの認知度も知りたいと思った。私も鍼については少なからず知っているがホメオパシーについて知ったのは最近のことである。日本でのみ認知度は低いのだろうかという疑問が残った。また帰国してから学んで行きたい。

Dsc03853

●由井学長の基調講演は、今回の国際カンファレンスのテーマ 「伝統医学の革新者」に相応しい、本当に素晴らしい基調講演でした。近代の西洋医科学が、心、体、魂を分断してしまい、目に見えない、物質的に測定できないものは非科学と扱い、現代医科学でも、まるで人間を心のない機械のような存在とし発展する行き過ぎもあり、このことで様々は問題や不幸が世界中で起こっています。しかし、由井学長の発表では、人間が、霊性をもったホリスティックな存在であり、心、体、魂が三位一体となって存在すること、その点も含めて治癒に導かないことには多くの難病の根治は難しい点なども含め解説した上で、さらにZENホメオパシー実践での難病治癒の成功例を次から次に示しました。そしてこの発表が当たり前のように今回の国際学会の参加者にも受け入れられたことが、本当に素晴らしいことだと思います。こういった伝統医学やエネルギー療法、鍼灸関係者を前にした学術発表の積み重ねが、様々な分野の研究者や実践者の間にも、ZENホメオパシーが広がっていくことにつながり、世界の人々の健康向上、そして、これから医学、健康学の学術面での発展にも大きく貢献するものになると確信しました。日本の誇りだと思います。発表の成功、おめでとうございます。
Dsc04512
●世界の伝統医学をけん引しているようなホメオパシー、それも日本が一番だと確信しました。映像も分かりやすく素晴らしい。いろんな角度からのアプローチ、しっかり学んで行きたいと思います。とら子先生、ありがとう。またスタッフのちょっとした心遣いが安心感を感じるイベントでした。
●脳神経のアプローチも可能だということを知ることができた。様々な病気の改善への希望をますます感じる。「症状は病気ではなく、体の正常な営みである」という寅子先生の言葉も力強く響いた。鍼のお話も新たな知識を得ることができ、日々研究と実践を重ねている方々に感謝の念が湧く。
●中医学の発表はあまり理解することはできませんでしたが、魂・心・体の3つを統合した寅子先生の発表はとても素晴らしい発表でした。アロパシーの世界をはるか飛び越えた世界でこれからはこのようなことが理解される時代に段々なっていくことを期待します。とても良かったです。
●寅子先生の講演は感激しました。ケースは何度か見たものもありましたが、苦しむ子供の姿には本当に心が締め付けられます。MTやレメディーはインチャを癒し、生活を改善し、神と繋がっている意識を持ち、感謝することで初めて効果が出るというくだりは改めて感動しました。耳石と関係するめまいが鍼によって改善することを聞き、腎と耳の関係だけでなくCalcも大きく関係することも聞き、本当にホメオパシーで勉強していることとの繋がりを深く感じました。また経絡とツボ、チャクラと色を新しく発見されたことを聞き、伝統医学もどんどん進歩するのだと認識し、本当に代替医療のすばらしさ、深さを強く思いました。

Dsc04537

●由井学長の講演は何度聞いても感動的で心温まる素晴らしいものでした。難しい症例はホメオパシーだけでなく霊性の高さ、前世のカルマの関係とすべて納得のいくもので感動的でした。JPHMAとホメオパシージャパンの歴史もともに歩んできた思いがあり、振り返ってみると由井学長の努力の賜物であり、DVDを見てどんどん発展していく所にすごく感慨深いものがありました。私も気持ちも新たに今由井学長から教えていただいた貴重なものを神様からの声、贈り物として受け止めてさらに学んで行きたいと思っております。由井学長、本当にありがとうございました。これからもよろしくお願いします。
●ZENホメオパシーのエッセンスをぎゅっと詰め込んだ素晴らしい発表でした。具体的な臨床ケースの改善例は群を抜いていると思います。様々な国から参加者があったので世界に広く周知されればいいなと思いました。
●伝統医学と一言でくくってはいるけれど種々の分野の専門家が集まっており銘々がそれぞれの専門用語を使っての発表だったのでとらこ先生以外の方々の発表は正直なところ理解の領域をはるかに超えていました。こんな治療法もあるのかと新たに知ることができたものもありますが残念なのは方法の紹介がメインで肝心の成功例についての発表が実に少ないことです。そこへ行くととらこ先生プレゼンテーションは私たちはいつも見させていただいて慣れてしまっているのですが実際のクライアント映像を含めるなど説得力をもたらす工夫があり素晴らしいので他の方とどうしても比較してしまいました。最後の豊受ビデオとても良かったです!

Dsc03674

●とてもとらこ先生の発表がいいと思いました。
●病気には肉体の病気、神経(心)の病気があり西洋医学では、肉体も心も部位ごとにとらえて治療しようとするが、病人の全体的な所から病気を見ようとしない。先生が言われている様に、魂、心、身体の三位一体からその人の病気を見ないと本当の病気の原因を見つけだすことが出来ないと思います。日本人の中でも病気の原因が魂と話してもなかなか受け入れない事が多いが、魂からの病気は般若心経祝詞をあげることにより病気を治すことに私も賛成します。
●とらこ先生の発表は何度聞いても素晴らしいと思いました。自閉症の子供が治っていくケースは泣きそうになります。イタリアの方が発表された鍼灸のめまいの話がもう少し分かりやすかったら良かったです。

最近の記事

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30