« 10の切り口から知る 日本のメディアが報道しない「ホメオパシー」の不都合な真実 連載その1    世界の富裕層はホメオパシーを使用、なぜか一般国民への使用は叩かれる不思議 | トップページ | 様々な感動を生んだCHhomインドスクーリングの様子を特集掲載中! »

2016年12月10日 (土)

安保徹先生への追悼メッセージ  日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長 由井寅子

免疫を高めるために、日々なるべくストレスを受けないように生きること、
ストレスこそが万病のもとであると人類に警告を鳴らし続けた
偉大な医学博士である安保徹先生が突然亡くなられました。

明晰な頭脳と強靱な体力をお持ちの安保先生であっただけに驚きは隠せません。

同時に、私たちホメオパスは人々の自己治癒力を触発して健康に導く自然療法家でありますから、安保先生の食事や生き方、考え方を健康の基本とする哲学に心から尊敬の念を抱いており残念でなりません。

日本ホメオパシー医学協会、カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)、日本豊受自然農で講演をしていただき、多くの観衆が笑いとともに健康に生きるための極意を教えていただきました。

一人一人が免疫を高め生きていけば病気知らず、という安保先生の教えを私たちは忘れることなく、自分も含む生きとし生けるものの命を大切に生きていきたいと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

                                     JPHMA会長・百姓 由井寅子

20150404nagoya_53_1

2016年、ホメオパシー医学を確立したサミュエル・ハーネマンの誕生日4月10日に京都で開催された
「第5回 日本の農業と食シンポジウム」(JPHMA共催)では 「免疫力アップの生活と食」を
テーマに、ユーモアあふれる講演を行っていただいた。 
http://www.toyouke.com/nagoya2015/2015/04/20150404pm.html

最近の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31