« コングレス終了後 インド マンチャンダ長官、キューバ ブラッチョ博士にJPHMAインタビューを行いました | トップページ | 明治神宮会館での設立15周年記念第14回JPHMAコングレスが大成功!ホメオパシー新聞特集号【配布版(前半)】発行 »

2013年12月11日 (水)

国がホメオパシーを積極推進するインドとキューバがサポート、日本のホメオパシーも新しい時代へ

 明治神宮会館で開催された第14回JPHMAコングレスで記念講演を行うインド政府中央ホメオパシー評議会(CCRH)のマンチャンダ長官に会いに、海外出張中のインド大使の代わりに、代理公使がパーティーに来場されました。マンチャンダ長官、由井大会長を含め面談を行い、公使から日本のホメオパシー普及をサポートするコメントを頂きました。

JPHMAコングレス 学術大会2日目朝の大会長挨拶より

1208083505img_1712_400

「7日(土)の「愛は無敵 ウェルカムパーティー」には、インド大使が海外出張中のため、マンチャンダ長官に会いに、インド大使館から代理の主席公使が、パーティーに駆けつけてくれました。主席公使は、とても盛大なパーティーにびっくりされ、「日本でこんなにホメオパシーが広がっているのか」と驚いていました。「薬よりももっと安全に病気が治せるものがあるなら、皆、摂りたいはずだから、必ず日本にホメオパシーは広がる」とコメントされていました。そして、「ホメオパシーを広めるために私にできることがあれば言って欲しい」と公使はコメントされていました。」 

1208144443img_1943_400

マンチャンダ長官の発表「証拠に基づいた皮膚科学のおけるホメオパシー」

Img_1120_400

マンチャンダ長官と代理公使との意見交換の模様

Img_1131_400

また学術大会に先立って6日(金)には、本国からブラチョ博士の来日、JPHMAコングレスでの発表の情報を知り、急遽、キューバ共和国特命全権大使、マルコス・ロドリゲス氏、キューバ共和国参事官、科学・文化担当、ロサ・マリア・ピネロ女史が、多忙な公務のスケジュールの合間を縫ってホテルまで面会にいらっしゃいました。そこに、由井大会長が加わり、ホメオパシーから科学に関わるまで幅広いテーマでの議論に花が咲きました。

Pc050594_400

 キューバでのホメオパシー的予防の流れは、ブラジルの成功例を知ったカンファ女史によってもたらされました。カンファ女史は、ブラジルのある地域で髄膜炎の感染症の予防に100%成功している地域があり、その背景をさぐっていくと、その予防の成功を支えるシステムにホメオパシーがあることを2-30年前に知ったそうです。そして、このような素晴しいテクノロジーを使わない手はないということでキューバでも研究と実践が始まったそうです。今日キューバでは現代西洋医学のクスリやワクチンとともに、レメディーの研究も国立のフィンレイ研究所では行われています。カンファ女史の研究を引き継いで、39歳と若きブラチョ博士がこの部門の研究所長として、ホメオパシー的予防の実践、研究を行っています。このように、国家が、西洋現代医学もホメオパシーも支援、推進していく形が、両方の療法の恩恵の長所が最も国民に行き渡ることにつながります。政府がホメオパシーを積極支援することの素晴しさを、ホメオパシーが国の第一医学のインドに続いて感じた打ち合わせとなりました。

 また、打ち合わせの場では、キューバ大使はフィンレイ研究所の研究の進展状況や、今回のJPHMAコングレスでブラチョ博士の学術発表の概要についてヒアリングされ、キューバ大使からブラチョ博士に、今回のJPHMAコングレスで、日本のホメオパシーをサポートする為にベストを尽くして発表する様に激励されていました。
 国がホメオパシーを認め、積極的に推進しているインドとキューバの政府や大使館関係者が、JPHMAが推進する日本でのホメオパシー普及活動サポートを発言されたことは、「国境なきホメオパシー」の時代へ、日本も大きなステップを上ったことを意味します。ドイツ発祥の自己治癒力を触発するホメオパシー療法、世界の統合医療の潮流であり、10億人以上が親しむホメオパシーが、日本でもこれらからの健康法、予防法の中で大きな位置を占める時代の始まりを告げるメモリアルなコングレスとなりました。

参考リンク

▼CHhomスタッフブログ「ほめ日記」より
 グスタボ・ブラチョ博士が来日! 夜にはキューバ大使も加わり、
 由井大会長と情報交換が大変盛り上がりました!
http://blog.homoeopathy.ac/2013/12/post-e5de.html

Jphmaintabyu_01

▼JPHMAホメオパシー新聞より

コングレス終了後 インド マンチャンダ長官、キューバ ブラチョ博士にJPHMAインタビューを行いました
http://news.jphma.org/2013/12/jphma-0f04.html

▼CHhomスタッフブログ「ほめ日記」より
 インド国立ホメオパシーリサーチ中央機関(CCRH)長官であられる
  Dr R. K. マンチャンダが、お忙しい公務のスケジュールを調整頂き、
 6日(金)、来日されました!
http://blog.homoeopathy.ac/2013/12/ccrhdr-r-k-6fb0.html

▼2013年12月6~8日 第14回JPHMAコングレス特設サイト
  大会の様子と参加者アンケート
http://jphma.org/congress2013/2013/12/14jphma-1.html

▼2013年12月6~8日 第14回JPHMAコングレス特設サイト
  大会長挨拶
http://jphma.org/congress2013/cat3/

▼2013年12月6~8日 第14回JPHMAコングレス特設サイト
  発表者からのメッセージ
http://jphma.org/congress2013/profile.html

▼2013年10月18~20日 に行われた日印ホメオパシー国際カンファレンス特設サイト
http://jointconference2013.org/

▼2013年度CHhomインドスクーリング始まる。(10/16~23全日程表)
http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/2013_chhom.php

▼世界最大のホメオパシージャーナル「 Heritage- ヘリテージ 」8月号に
由井会長インタビューと治癒ケースが掲載されました。
http://jphma.org/About_homoe/20130807.html

▼「環境農業新聞」2013年11月30日(土)第143号に、11月18日に開催された
 「日本経済人懇話会11月度月例会」で講演した模様と、12月7日、8日に
 明治神宮で開催する第14回JPHMAコングレスについて掲載されました。
http://news.jphma.org/2013/12/1-90e5.html

▼11/18(月)とらこ先生が日本経済人懇話会月例会で
 『自然型農業こそ日本復興の道 -自然療法ホメオパシーを通じて-』
 をテーマに講演を行いました。
http://www.homoeopathy.ac/10seminars_about/others/1118_1.php

▼ 【映像】インターネット ホメオパシーTV
 第16回配信 とら子先生の人生相談 「震災から2年。被災地を訪ねて」
http://www.ustream.tv/recorded/29868213

▼【映像】第三回 精神薬の薬害を考えるシンポジウム 由井会長発表&質疑
http://www.youtube.com/watch?v=6aJXZwuoHiw
http://www.youtube.com/watch?v=hpN4FGQH8Zo

▼『美し国』会報誌 平成二十五年秋号に、特別対談「日本を癒す」をテーマに
由井会長のインタビュー記事(聞き手「美し国」副代表の池田整治さん)が掲載されました
http://jphma.org/About_homoe/20131101.html

最近の記事

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31