« JPHMA設立15周年記念 明治神宮会館での第14回JPHMAコングレス「愛とサイエンスの融合ホメオパシー -愛は無敵- 」大成功! いよいよ日本でもホメオパシーの新たな時代が開けます | トップページ | 国がホメオパシーを積極推進するインドとキューバがサポート、日本のホメオパシーも新しい時代へ »

2013年12月 9日 (月)

コングレス終了後 インド マンチャンダ長官、キューバ ブラッチョ博士にJPHMAインタビューを行いました

2日目コングレス終了後、明治神宮会館から、渋谷池尻のCHhom東京校に場所を移し、キューバのブラッチョ博士、インドのマンチャンダ博士にJPHMAのインタビューにお答えいただきました。

Jphmaintabyu_01

両博士とも、この2日間のコングレスに参加され、その質の高さに感銘を受けられておりました。また、由井会長という強力なリーダーシップのもと、日本のホメオパスたちが強い団結力で邁進していく姿に共感を示され、このまま進んで行ってくださいとのコメントもありました。両博士からは、各々の国のホメオパシーの歴史や現状について説明をいただき、最後に日本のホメオパスたちへのメッセージとして、今後、国に認められるための準備として、データをとること、海外情報収集のため各国のジャーナルを翻訳することなど、貴重なアドバイスをいただきました。いずれも国がホメオパシーを保護・推進する2カ国の代表者から協力関係や支援の申し出をいただけたことは大変貴重で希望の持てるものでした。マンチャンダ先生、ブラッチョ先生、ありがとうございました。

最近の記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28