« 2013年5月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月28日 (月)

日印ホメオパシー国際カンファレンスの様子を伝えるダイジェスト映像がアップされました

2013年10月18日~20日、3日間にわたりニューデリーで開催された日印ホメオパシー国際カンファレンス。

および、インド政府ホメオパシー機関やホメオパシー大学、ホメオパシー病院などの訪問も含めたJPHMA認定校CHhomインドスクーリング。

その様子を伝えるダイジェスト映像(約16分)がJPHMAの日印カンファレンス特設サイト トップページにアップされました。

百聞は一見に如かず、その感動をぜひご覧ください

http://jointconference2013.org/

_512_2

インド側参加者の反響(JPHMA日印ホメオパシー国際カンファレンス)

▼日本から参加した会員の感想や写真報告は日印カンファレンス特設サイトからご覧になれます。

http://jointconference2013.org/

_512

The whole process has been excellent. This type of conference should occur more frequently.
全ての過程が素晴らしかったです。この手のカンファレンスはもっと頻繁に行われるべきです。

The event and effort of B.Jain and C.A.S.H. along with JPHMA is much appreciated and a new way to uplift homoeopathic science as such.
The government of Japan should take care of JPHMA, so that its work can get recognised in Japan and all over the world too.
In curing new-found iatrogenic diseases like vaccination complications and radiation, it is homoeopathic science that helps – to such hopeless cases too. So why not give proper support to homoeopathy, with due regard by all nations just to bring real live help in all such non-curable disorders.
Once again thank you from my heart to all at BJain, C.A.S.H. and JPHMA who made such a nice event to uplift the science.
JPHMAと共にB JainとC.A.S.H.のイベントと尽力に大変感謝致します。
ホメオパシー科学の意気を高める新しい方法です。
日本政府はJPHMAを大切にすべきです。そうすれば、彼らのワークは日本で認識され、世界中でも認識されるでしょう。
予防接種の複雑性や放射能問題のような新しく発見された医原病を治癒するのに、このような希望のないケースにも、ホメオパ シー科 学は助けとなります。この様な難治の障害においても、真の生命をもたらす為、何故、ホメオパシーに対して適切なサポートをしないのでしょう。
このホメオパシーと言う科学の意気を高める為、この様なイベントをして頂いたBジェイ ン、C.A.S.H、そしてJPHMAに改めて感謝致します。

1) Thanks to the organisers of this seminar.
2) For the bright future of Homoeopathy such seminars are necessary to share our experiences practically.
3) I hope to attend more such seminars throughout India and abroad like this.
I wish all success to this seminar.
1)このカンファレンス運営者へ感謝します
2)ホメオパシーの明るい未来の為、私達の実践における経験を共有する為、この様なカンファレンスは必要です。
3)インドや海外でのこの様なカンファレンスにもっと参加する事を願います。
カンファレンスのご成功をお祝いします。

1) Nice representation from both sides
2) We can gain a lot from each other sharing our practical experiences
3) It is very good of JPHMA to bring a number of delegates from Japan to India and discuss and communicate their experiences and valuable prescriptions, and I hope this will continue in the future also.
4) Hope for bright future of Homoeopathy.
1)両国からの良い発表でした
2)両国から、実践経験を共有する事で多くを得る事ができました
3)JPHMAが多くの参加者を日本から連れて来て下さり、彼らの経験や貴重な処方についてコミュニケーションが取れたのは大変良かったです。これが将来も続く事を願います。
4)ホメオパシーの明るい未来を願います。

Excellent initiative to share knowledge from both great countries.
偉大な両国からの知識を共有する素晴らしい第一歩でした。

Arrangement, hospitality, everything is excellent felt very much happy to see all. Got so many knowledge from Japan Doctors, Students and their work hardship interact in homoeopathy. In future Japan will become one of the study center for Indians as well as other country. I got more interest to interest with CASH authorities. I hope they really extends cooperate in future thanking you. Yours sincerely.
アレンジ、歓待、すべてのことが素晴らしく感じられ、皆さんと合えたことがとても幸せでした。日本、医師たち、学生たち、彼らの大変な努力のホメオパシーへの相互作用、本当に多くの知識を得ました。将来日本はインド人やその他の国々にとっての学びのセンターとなるでしょう。私はCASHについてますます興味を持ちました。彼らが将来的に協力体制を拡大してくれることを期待します。ありがとうございました。

Good discussion & excellent cases presentation by Dr. Yui and Dr. Harsh Nigam an ARF & CRF cases. Explaining various drainage remedies & on miasmatic approach & by Farokh J. Master & all are excellent presentation what I Felt.
よい議論と由井先生による素晴らしいケース発表、二ガム医師による急性腎不全と慢性腎不全のケース、Dr.ファロック・マスターによる様々な排出レメディーとマヤズム的アプローチ説明、すべてが素晴らしい発表だと感じました。

I am satisfied with this session your time management is appreciable. I hope that you conduct this type of seminars every year to share knowledge about homoeopathy according to present situations.
私はこのセッションに満足し、時間管理は評価されるべきものです。私は現在の状況にそったホメオパシーについての知識を交換するために、あなた方が毎年このようなセミナーを開催してくれることを期待します。

It’s informative & sharing of cases & views between genuine two warm country people.
非常に情報が多く、ケースと見解の共有は、二つの温かい心を持つ国の間でケース&見解の共有を与えている。

Its very excellent and informative seminar. I like the severe cases presented from Japanese speakers. By this seminar. We came to know lots of things which I don’t know.
大変素晴らしく、情報の多いセミナーでした。日本人の発表者からの深刻なケース発表が良かったです。このセミナーによって、私が知らなかった多くの事を知ることができました。

1. Good to have attended the conference.
2. Conceptual knowledge by FM received well and will be used in fuluie.
3. Good arrangement.
4. Good food.
5. Nice to call Dr Prashant S Chakramane. IIT Mumbai and had presentation on nano technology aspects of homoeopathy.
6. Japanese are very lovely.
1.カンファレンスに出席して良かったです
2.ファロック・マスターによる概念的知識は大好評でした
3.良いアレンジでした
4.良い食事でした
5.プラシャント・S・チャクラマネ博士を呼んで頂けて良かった。インド工科大学ムンバイとナノ・テクノロジーの側面における発表でした
6.日本人は大変愛らしいです

Indo-Japanese Homoeopathic Conference 2013 was a much success. I was very much benefitted with the conference and look forward for such an event. The lectures of Dr Torako Yui, Mr Shoji Shin, Dr R. K. Manchanda, Dr Farokh Master and Dr Ajit Kulkarni was very much beneficial and subjective. I also thank Mr Chikuyu Yamamoto for his blissful presentation of traditional Japanese Musical instrument ‘Samisen’.
日印ホメオパシーカンファレンス2013年は非常に成功でした。このカンファレンスで非常に利益があり、このようなを楽しみにしています。由井寅子博士、秦昭二氏、Dr. R. K. マンチャンダ、Drファロック・マスター、Drアジット・クルカーニの発表は非常に有益で主観的でした。山本竹勇氏にも日本の伝統楽器「三味線」の発表にも感謝します。

Over all conference is great success in every service. Thanks to all. JPHMA + CASH + B.Jain
このカンファレンス全体を通じて大きな成功が納められました。皆様、JPHMA、CASH、B.Jainありがとう。

Nice seminar with good management hoping for continuing in future also.
うまく運営された良いセミナーでした。将来にまた行われることを期待します。

Very good experience in seminar. Especially with Dr. Farockh J. Master Again want to join thistype of seminar. Kindly informed.
セミナーでは非常によい経験ができました。特にDr.ファロック・マスター。このようなセミナーにまた参加したいです。ぜひ教えてください。

I was amazed to know that are so much happenings in the field of homoeopathy all over the world. The work done by Dr Torako Yui moved my heart. I take this opportunity to pray the God to bless her for her endeavours.
ホメオパシー分野において世界中で多くの事が起こっている事を知り驚きました。由井寅子博士による功績は私の心を揺さぶりました。この場をお借りして、これまでの彼女の努力に対し、神のご加護があります事をお祈り致します。

This is a first time I attended an international homoeopathy congress.I wish to thank the organize for the hard work to make this conference asuccess. I would like to say that I really open-up my eyes and learn a lot from the speakers. However, I would be more than happy if every speakers can provide handouts or notes for all participants, so that we may have a hand-off of notes for our future reference.
初めて国際ホメオパシーコングレスに参加しました。このカンファレンスを成功に導いたハードワークに感謝したいと思います。私は発表者たちから多くを学び本当に目を開かれました。しかしながら、将来に参照できるようにすべての発表者が配布資料やノートを参加者全員に配ってくれるとよりうれしかったです。

The seminar was wonderful. I can’t express in words. Just awesome experience.
カンファレンスは素晴らしいものでした。言葉で表現する事はできません。ただ畏怖の念を感じさせる経験でした。

It’s our pleasure for heart: these all eminent international speakers & well known homoeoapths like. Dr Torako Yui, Dr Farokh Master & others. Throughout the seminar I got new thing to learn about practicing homoeopathy, which helps for expand my knowledge to greater extent. This seminar seems to be great moment. So I am thankful to B Jain group. Please continue these activities in future.
これは私達の心からの喜びです:これら全ての優れた国際的発表者で著名なホメオパス、由井寅子博士、Drファロック・マスター等。カンファレンスを通し、ホメオパシー治療について新しい事を学びました、これは、私の知識をより大きな程度に広げる助けとなりました。このカンファレンスは、素晴らしい瞬間に思います。B Jain グループに感謝します。この様な活動を将来も続けて下さい。

This is a first time I attended an international homoeopathy congress. I wish to thank the organize for the hard work to make this conference a success. I would like to say that I really open-up my eyes and learn a lot from the speakers. However, I would be more than happy if every speakers can provide handouts or notesfor all participants, so that we may have a hand-off of notes for our future reference.
初めて国際ホメオパシーコングレスに参加しました。このカンファレンスを成功に導いたハードワークに感謝したいと思います。私は発表者たちから多くを学び本当に目を開かれました。しかしながら、将来に参照できるようにすべての発表者が配布資料やノートを参加者全員に配ってくれるとよりうれしかったです。

1. very interesting presentation and full of substance.
2. very good chldren case studies & trauma case.
3. Time has been very less , no time given for discussion.
4. Speakers were very lovely & respectable expressing love & affection.
1. とても興味深いプレゼンテーションと充実した内容でした。
2. とても良い子供たちのケーススタディーとトラウマのケースでした。
3. 時間があまりに少なすぎ、議論をする時間がありませんでした。
4. 発表者はとても素晴らしく尊敬できる方たちで、愛と愛情を表現していました。

Namastay.
1- Wonderful collaboration.
2- We get very informative lectures on cancer, RA, mental disease etc. Presented by respected Dr. Torako Yui and various lectures.
3- Yours products and mother tinctures are very useful to mankind’s.
4- Chikuyu Yamamoto (samisen Player) gives very titillating presentation.
5- Association & we will meet you repeatedly.
ナマステ。
1- 素晴らしいコラボレーションでした。
2- 尊敬できる由井会長と様々な発表者たちから、とても情報の多い癌、放射線、精神疾患などのケースを見ることができました。
3- あなた方の製品とマザーティンクチャーは人類にとってとても役に立ちます。
4- 山本竹勇さんの三味線はとても好奇心をくすぐる演奏でした。
5- 私たちの協会と私たちは繰り返し会を行っていくべきです。

Very interesting. Lots of things new for me.Sometimes I didn’t all understand because of my English. But I enjoyed a lot.
大変関心深いものでした。私にとっては、多くの事が新しい事でした。時々、私の英語力の為、全てを理解する事はできませんでしたが、大変楽しみました。

Early morning Dr Farokh Master Sir’s Presentation was excellent.Followed by Dr Yui – Presentation was found informative & explored knowledge of Mercury, Alumina, Radioactive hazards effect & therapeutic vaccination even for cancer condition.3rd presentation done by Ms Keiko a lot related to chronic Rheumatoiod Arthritis cure by homoeopathy and was served for the homoeopathy wonderful decision.Thanking you all for conducting such seminar and conference. More useful for all the practitioners and students.All the sessions were excellent.
午前のDrファロック・マスターの発表は素晴らしいものでした。続いて、由井博士の発表は、大変情報豊かで、水銀、アルミ、放射能災害影響、予防接種、癌の状態にさえも及んだ知識の探究でした。松尾先生の発表は、ホメオパシーにリウマチ性関節炎に多く関係しており、彼女のレメディー選択は素晴らしいものでした。この様なカンファレンスを開催頂き、大変ありがとうございました。全ての治療者と学生にとって、大変有益でした。全てのセッションは素晴らしいものでした。

The experience was awesome. We gained much valuable knowledge from Indian as well as from Japanese doctors.
この経験は素晴らしいものでした。インドのホメオパス、日本のホメオパスから多くの価値ある知識を得ました。

The Indo – Japanese Homoeopathic Conference 2013 was very useful. The Japanse ZEN method is especially beneficial, personally as I have been dealing with may cancer. The most useful thing is organ specific remedies are to be added to selected remedies. This is knowledge addition from Japanese doctors.
日印ホメオパシーカンファレンス2013年は大変有益でした。日本のZENシステムは特に有益で、特に私は個人的に癌を対応してますので、有益でした。最も有益な事は、臓器に特定したレメディーが、選択されたレメディーに加えらている事です。これは、日本のホメオパス達から得た知識です。

Good presentation.Respect is given to the delegates.Lovely.Good repertorisation after Rubric and well selected remedy is used.
良い発表でした。参加者への敬意を払います。素晴らしい。ルブリック後の良いレパトリーと良く選択されたレメディーが使われている。

Today presentations impressed me much more and my expectations especially Dr Torako Yui and Dr Farokh Master. Thanks to B. Jain / CASH for experiencing an invaluable presentations in my student life only. Food is also very tasty and delicious.
今日の発表は、大変感銘を受けました、特に、由井寅子博士とDrファロック・マスターです。私の学生生活にすこぶる有益な発表を聞く経験を下さったB.Jain / CASHに感謝します。食事も大変美味しかったです。

Seminar is nice.Speaker is good.All JAPAN speakers & is very good and also INDIAN speakers.Food is also good.Venue and place is also very good
良いセミナー。良い発表者でした。日本人発表者全てが素晴らしく、インド人発表者も素晴らしかったです。食事も美味しかったし、場所も大変良かったです。

Dr Torako Yui’s single hard work must be appreciated, expecialy in cases of Autism & Retardation,or ADHD appreciated, the method is ZEN, and it would be difficult to digest, yet the result she got in the short spam have to be appreciated. In these cases, since the causation have been very crude, or heavy vaccination, the treatment has to match accordingly.Dr Ajit Kulkarni’s presentation would be very helpful in cases whereas or will very few symptom.
由井寅子博士のハードワークは評価されなければならない、特に、自閉症と発達遅滞、ADHDのケースは評価されるべきで、ZENメソッドは、消化するには難しかったですが、期間で彼女が得た結果は尊重されなければなりません。これらのケースにおいて、原因、重度の予防接種は尊重されるべきで、その治療はそれに合わせられなければなりません。Drアジット・クルカーニの発表は、殆ど症状がないケースにおいて大変有益でした。

Please give a chance to do a training at your place Dr.Yui your lectuer was very good. please i will be very happy to do a training work at japan. Under japanese homoeopathic medical association JPHMA your lecture on autism is very good. the children start using their voice.start speaking sentences is very marvelous.
由井先生の講義は大変良かったです、あなたのもとでトレーニングを行う機会を与えてください。私は日本でトレーニングを行うことができればとても幸せです。JPHMAのもと、自閉症についての講義はとても良かったです。JPHMAから巣立った子供たちは彼ら自身の声を発するようになりました。その言葉はとても素晴らしいかったです。

it was great experience with your thouguts/views.thank you so much!! God bless you always!
あなたの考えと視点と共に偉大な経験でした。とてもありがとうございました。あなたにいつも神のご加護がありますように。

Dear Dr./sir so many things we learnt personally I congratulate the organism and supporting and young budding doctors from Japan.Because of their effort work for the development of homoeopathy hat's off.
皆様、多くのことを私たちは学ぶことができました。私は個人的にオーガナイズとサポート、そして日本からの若いドクターたちを祝福したいと思います。なぜなら彼らの努力とホメオパシーの発展のための働きかけには脱帽です。

I know that the Japanese physicians actually in the field of classical homoeopathy.
私は日本の治療家たちは実際にはクラシカルホメオパシーのフィールドに入ることを知っています。

Good arrangements! Different approach of homoeopathy in Japan. Very interesting.
良くアレンジされたカンファレンスでした。日本の異なるホメオパシーのアプローチはとても興味深かったです。

The conference is inspiring and conducted in a unique way. Topics are also interesting and informative we expect many more conferences like this from you. Thanking you.
このコンファレンスはインスパイアされる、ユニークな方法で行われたものです。トピックもまた興味深く、情報量の多いもので、私たちはこのようなコンファレンスをあなたがより多くしてくれることを期待しています。ありがとうございました。

It is very good information. We learn different way of treatment and different approach. We can share the knowledge with Japanease Doctors.
とても良い情報でした。私たちは事なる治療方法と異なるアプローチを学びました。私たちは日本の医師たちと共に知識をシェアすることができます。

The morning session interesting as well as inspiring altogether especially the presentation made by the Dr Torako Yui was comparatively better from my point of view.
午前中のセッションは興味深いと共に、インスパイアされるもので中でも由井先生のは私から見るとより良いものでした。

Good experience in sharing the knowledge across the globe.My special applause for Mr. Yamamoto for his nice presentation of music on 'samisen'.
地球をわたって知識を共有できる良い機会でした。山本さんへ彼の素敵な三味線の音楽演奏に特別な拍手を送りたいと思います。

Students from Japan can take homoeopathic training in homoeopathic colleges in India for in depth knowledge of homeopathy.
日本からの学生はホメオパシーの深い知識の為にインドのホメオパシーカレッジで訓練を受ける事ができるでしょう。

Excellent presentations by Torako Yui, Geetha Arora madam, Pradeep Banerjea.8 nice 8 exquisqte explanation & longively by Dr Manchanda & Renovoed Japan Speaker Shoji Shin by give Scope without limintation, Mariko Sasaki.I felt excellent by afterdiving this seminar by sharing their own clinical this seminar by sharing their own clinical enperiences possible effeels, evidence based medicine by all the renowed.
由井寅子博士、Drギータ、Drバナジーによる素晴らしい発表でした。Drマンチャンダによる8つの素晴らしい説明、日本の有名な発表者、秦昭二氏と笹木真理子氏は、限界のない範囲を与えてくれた。全ての有名な人々によるレメディー選択でした。全て有名な方々によるレメディーを基とした証明を共有頂く事で、このカンファレンスを開催された事は素晴らしいと私は感じました。

Every event organised by you is very nice from tomorrow onwards, we expect that this conference provides valuable information more than our expectation. Lunch is very good, tasty, dlicious.Organizing events are appreciated.
あなた方の企画するすべてのイベントは昨日からとても良く、このカンファレンスは私たちの期待を超える価値のある情報を与えてくれます。ランチもとても良くおいしかったです。イベントを開催してくれてありがとうございました。



■インド国立ホメオパシー中央評議会での由井会長の講演に対して

Dsc07025_512

The presentation by Dr. Torako Yui was in formative and enlightening about the status of Homoeopathy in Japan. At such a short time she has packed a lot of information. The Yeomen service she has done and in doing for Homoeopathy is brightly commendable. The case histories were very interesting. It is hoped the visit of the delegation she heads would have found their exposure of CCRH & CCH informative and useful. But learning this system in India requires rigorous study, training and passing of exams. You Japanese people, are known to be very hard working, persevering and industrious. Hope all such collaborations and co-operations useful, productive and alleviating the sufferings of fellow human beings. Wishing you all the best in your ventures in learning and practicing of Homoeopathy.

由井寅子博士による発表は、日本のホメオパシー状況において、多くの情報があり、啓発されるものでした。このような短い発表時間の中で、彼女は多くの情報 を詰め込んでくれました。彼女が行なったホメオパシーに対する前駆的な偉業は、素晴らしく称賛に値します。彼女のケースは、大変興味深いものでし た。彼女が率いる日本の参加者達にとって、CCRHとCCHに触れる事が良い情報源であり、有益であった事を願います。インドでのシステムは厳格 な学習、訓練、試験合格を要求されます。皆様、日本人の方々は、大変よく働き、根気強く、勤勉であることで知られております。このようなコラボ レーションと協力が有益で、生産的であり、人類の苦しみを和らげる事を願います。ホメオパシーの教育と実践における貴女のこれからの御活動にご多幸をお祈りします。

2013年10月24日 (木)

JPHMA日印ホメオパシー国際コンファレンス大成功! 世界のホメオパシー発展に新しい時代への扉を開く素晴しい大会となりました。

インド政府ホメオパシー機関で由井会長が記念講演、政府より特別に表彰を受けました

カンファレンスに先立つ10月17日、日本側から参加した60名のホメオパスと学生達が、デリー市内の5年制ホメオパシー大学とホメオパシー総合病院を訪問、見学。続いてインド政府のホメオパシー評議会(CCH)、ホメオパシー研究中央評議会(CCRH)を訪問、そこで由井会長が記念講演を行い、交流が行われました。難病にも高い治癒率を示す「ZEN(禅)メソッド」確立や、日本でのホメオパシー普及への顕著な功績に対し、インド政府から由井会長に特別に表彰が送られました。この様な表彰が送られたのは歴史上初とのことです。

_512

これに先立ち日本側から参加の60名の会員とともに5年制のホメオパシー大学に総合病院が併設されているスー・ホメオパシー医学カレッジを訪問、ホメオパシーが国に第一医学と認められているホメオパシー大国インドの現状に多いに触発される1日となりました。

Dsc06564_512

JPHMAによる日印ホメオパシー国際コンファレンス 大きな感動とともに大成功!

Clip_image008_512

日本ホメオパシー医学協会では、JPHMA 日印ホメオパシー国際カンファレンスを、
2013年10月18日~20日の三日間、インドの首都ニューデリーで行いました。この日印ジョイントカンファレンスは、ケントのクラシカルの多いインドとハーネマンの教えをベースとしたZEN メソッドを使う日本とのホメオパシー交流大会となりました。連日二百名を超える参加者で会場が埋め尽くされさまざまなメソッドを使ったホメオパシーでの治癒ケースが発表され、パネルディスカッションでは世界のホメオパシーが主義・主張の壁を乗り越え一つにまとまっていく橋渡し役を日本のZEN ホメオパシーの担い手である由井寅子ホメオパシー博士が果たすなど、大きな感動とともにホメオパシーの未来の懸け橋となる正に国境なきホメオパシーにふさわしい学術大会となりました。

さまざまなメソッドが飛び交ったパネルディスカッション

今回の日印ホメオパシー国際カンファレンスで最も興味深く、これからのホメオパシーの発展に大きく影響を及ぼしたことを実感した一つに、将来のホメオパシーの発展につながる本質的なパネルディスカッションが行われたことです。

 がん治療でのホメオパシーアプローチでは、アメリカなど、現代医学の国際的ながんの学会からもホメオパシーを使ったがん治療ということで、その成果が注目される第一人者、プラサンタ・バナジー氏とプラティップ・バナジー氏親子もパネリストとして登場しました。

    写真(下)はホメオパシーにおける国際的な癌治療の大家 バナジー父子

Aa34_512

 

バナジー親子のメソッドのポイントは「病気は特定個人のものではない。だから、誰もの脳腫瘍には特定のレメディー、カルクフォス(Calc-p.)、ルータ(Ruta)が必要である。」ハーネマンもコレラにはコレラのレメディーを出していました。

         写真は、パネルディスカッションで発言するプラティップ・バナジー氏

Aa35_512

 一方、インドのホメオパシー界の大御所でクラシカルホメオパシーの大家でもあるファロック・マスター氏は、「人には傾向があり、病気になってある診断がついたとしても、その人の性格がそこにはあるので、それに対してレメディーを出さなければならない」という異なる見解があがりました。 

    写真は、インドのクラシカルホメオパシーの大家 ファロック・マスター氏

Aa6_512

   

国境なきZEN メソッド

バナジー父子、ファロック・マスター氏の発言に対し、由井寅子大会長こと、とらこ先生は「両氏の考えは、双方正しい」と伝え、「ZEN(禅)メソッドというのは、病気に対応するレメディーを与えながら、今出ている、その人の特徴的な症状から割り出したレメディーを与えて行くというやり方である」と伝えました。
 

Aa36_512

    写真は、パネルディスカッションの議論に沿って、発言行う由井寅子大会長

とらこ先生は、病理のレメディーとその人のレメディーの両方を出すZEN メソッドを使い、臨床に次ぐ臨床を行ってきたその経験から、双方の考え方が正しいこと、またZEN メソッドはその双方の長所を取り入れたメソッドであること、そしてハーネマンが言っている「ホメオパスの最も大切な役割は、目の前で苦しんでいるクライアントを治癒に導くことである」と言及してます。とらこ先生はそのためには「さまざまなメソッドも試してみて実践して治癒した事実こそがもっとも貴いものであること、その実践をもとにZEN メソッドが生まれたこと、そして、たとえメソッドの違いはあれども、ハーネマンの『同種の原則』に基づいている限り、ホメオパシーは一つである」ことなどを伝えました。

Aa37_512

    写真は、パネリストとして発言するアジット・クルカーニ氏

一方で、アジット・クルカーニ氏は誰かのプロトコールやメソッドになってしまうと、その人の精神はどうなるのか、プロトロールやメソッドというものをつくることにより、共通のホメオパシーでなくなってしまうという危惧も指摘しました。

 とらこ先生は日ごろから、ホメオパシーがケントによって精神の領域に向かっていくことに対して、ハーネマンの指示は、精神が病気ということであってもそれは体から来る病気であるということなので、ホメオパスはもっと病理を勉強し、レメディーを選ぶために病理を重要視していっことが必要だと言っています。まして、クルカーニたちインドの多くのホメオパスたちはハーネマンではない、ケントのメソッドを使っているのだからそのメソッドで治癒率が上がり、クライアントを治せていることが一番大事なことであると、とらこ先生は言っていました。

Aa2_512

治癒することが第一

こういったとらこ先生の見解も受け、また今大会でさまざまなメソッドでのホメオパシーで治癒のケースを見てファロック・マスター氏が、発達障害やがんなど現代の難病などでホメオパスが自らのメソッドで、そのクライアントのケースに限界があると感じたときには、クライアントが治癒することを第一に自らのメソッドに固執せず、実践していくも大事であることに触れ、「バナジープロトコール、ZEN メソッドを使う治療が必要な場合がある。そういうクライアントにはこれらのメソッドを使うことが必要である」と、クラシカルの大家から大変重要な見解を示しました。このパネルディスカッションで、会場に各国から集まったホメオパスたちの心が、主義・メソッドのボーダーを超え、一つにつながった感動的な瞬間でした。パネルディスカッションの終了後も、感動の拍手が鳴り止みませんでした。

Aa39_512_2

    終了後、笑顔で記念撮影するファロック・マスター氏と由井寅子大会長

囚われからの解放

今回の日印ホメオパシー国際カンファレンスは、まさに「国境なきホメオパシー」、各ホメオパシーメソッドの大家の方々が、そのすばらしい手法と治癒のケースを発表しながら、それぞれを認め合う交流とディスカッションが行われ、ホメオパシーの国境である“主義・主張”への囚われを超えて、これからの世界のホメオパシーが一つにつながる扉が開かれたことは、ホメオパシーの歴史に残る大きな出来事となりました。これはホメオパシーを使う専門家たちにとっても、それを必要とするクライアントにとっても大きな収穫となっていくことでしょう。

とらこ先生は、「これからインドも抗生物質や予防接種が増え、日本と同じような難病がはびこってくるはずです」と。

 残念がら医療先進国の日本から現代の難病を治癒するホメオパシーのZEN メソッドをホメオパシー一八〇年の歴史を持つインドへ輸出するような形になっていきます。私の発表を聴いて、多くのホメオパスたちはZEN メソッドを学びたいと質問攻めに遭いました。

 「私たちは現代病にも対応できるホメオパシーのメソッドを発見し続けなければなりません。そして、治癒率を高めていくことがクライアントにとってホメオパスにとって、もっとも必要なこと。もちろん一つのレメディーだけを出して待つというケントのクラシカルメソッドでも十分治癒に導けるケースもあると思います」と、大会二日目の後のことを、編集部に話してくれました。今回の二日目のパネルディスカッションはこの日印国際カンファレンスの中で大変有意義な、ものとなりました。

 バナジー親子の、病理のためのレメディーを出すバナジープロトコルと、とらこ先生によるZENメソッドの発表。これらの発表があったからこそインドケンティアンクラシカルホメオパスに大きな気づきをもたらせ、初めてお互いを受け入れ、国境なきホメオパシーという大会名にも負けない日印国際カンファレンスとなりました。

Sdsc00592_512

    挨拶を行うインド側カンファレンス主催者クルディープ・ジェイン氏

アジアンホメオパシー

大会後には、今回のカンファレンスをきっかけにホメオパシーを取組むアジアの多くの国々との話し合いもスタートしております。近い将来、インドと日本だけでなく、パキスタンやバングラデシュ、スリランカ、ネパールやマレーシアなど、アジア各国から、自らのホメオパシーでの治癒の事実を携えたホメオパスが集まる初の「アジアホメオパシー国際カンファレンス」を、ホメオパシーが国の第一医学として認められているインドの地にて再度開催する話がすぐ持ち上がりました。今大会を運営した日本ホメオパシー医学協会(JPHMA) とインドのB ジェインの両主催より次回のカンファレンスの開催に向け、由井大会長とジェイン氏は再会を約束して固い握手が交わしました。世界のホメオパシーが一つにまとまるための素晴しい大会となった日印ホメオパシー国際カンファレンスの大成功をホメオパシーを愛するすべてのもから、心から祝福したいと思います。

日印カンファレンス・ダイジェスト報告

⇒日印の参加者アンケートなど、さらに、詳しくはJPHMA認定校CHhomのホームページに掲載しています。

http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/2013_chhom.php

⇒具体的な発表テーマ等はカンファレンス特設サイトをご覧ください。

http://jointconference2013.org/

インドでホメオパシーカンファレンスをするときに必ずする儀式というハーネマンの石像にろうそくをともし花びらを捧げて今日の私たちの健康へのホメオパシーの貢献を称え感謝から入ります。

Sdsc07428_512

    

   開会式

Sdsc07435_512

 

  インド側主催者あいさつ

Sdsc07507_512_2

  

  大会長挨拶

Sdsc07514_512

    JPHMA国際カンファレンス恒例となった地球バルーンまわし

Clip_image006_512

※発表者プロフィール、発表内容は以下リンクを参照ください。http://jointconference2013.org/?no=1&pc

 

  政府ホメオパシー研究中央委員会(CCRH)のマチャンダ理事の発表

Sdsc08339_512

  

  インド側からの学術発表

Sdsc07946_512

Aa30_512

Sdsc00421_512

Clip_image012_512

Aa33_512

Aa7_512

Aa32_512

Sdsc08121_512

Sdsc07973_512

Sdsc08321_512_2

Sdsc08350_512_2

    映像を交えZENメソッドでの改善症例を発表する由井大会長氏

Sdsc08018_512

    会場の様子

Aa14_512

   

    日本側からの学術発表 

    松尾敬子理事

Aa16_512

 

   宮崎日出子理事

Sdsc00444_512

 

   秋山佳胤理事

Sdsc07588_512

 

   秦昭二理事Sdsc07914_512

 

   笹木眞理子理事

Sdsc07641_512

 

    会員 池尻クリニック 高野弘之院長Sdsc07645_512

    症例パネル展示

Sdsc07705_512

    同時通訳ブース

    昨年の日独ホメオパシー国際カンファレンスに続き同時通訳で行われました

    12月7、8日の東京でのJPHMAコングレスも両日同時通訳となります。

Sdsc00482_512

   津軽三味線の日本を代表する演奏家 山本竹勇さんが参加

   インドの伝統楽器シタールと打楽器タンブラとの共演は大好評でした。

Sdsc08741_512

    津軽三味線、シタール、タンブラの日印伝統楽器の共演

    日印合同のウェルカムパーティーも盛り上がりました

Sdsc08576_512

    フルートとインドのタンブラの演奏Clip_image015_512

   日本側参加者のサプライズともなったコブラの路上パフォーマンス

Aa40_512

Sdsc08820_512

    日印の参加者が声を合わせて、ホメオパスの唄を歌いました。

    今大会には、パキスタン、ネパール、マレーシア、フランスなどからの参加

    もありました。

_512

       日印ホメオパシー国際カンファレンス参加者一同での記念撮影

CHhom インドスクーリング報告

カンファレンスに先立つ10月17日には、日本から参加した60名の会員が、ニューデリーにあるホメオパシーの大学教育や総合病院を見学し、ホメオパシーが第一医学のインドの現状に多いに触発されました。

  【写真は。ニューデリーにあるスー・ホメオパシー医学カレッジ&病院 訪問時】

   ホメオパシーの総合病院でもあり、内科、皮膚科、眼科など様々な科がある

Dsc06588_512

   【写真が、スー・ホメオパシー医学カレッジ&病院前での記念撮影】

Dsc06537_512

Dsc06663_512

その後ホメオパシーの政府部門CCHとCCRHを訪問し、そこで、由井会長が、発達障害治癒のケースを映像で見せながら日本のホメオパシーを発表しました。

インド政府側から、難病にも高い治癒率を示すホメオパシー治療法「ZEN(禅)メソッド」確立や、日本でのホメオパシーへの普及に大きく貢献してきた由井会長の功績に対し当日特別に表彰が送られました。

また、ホメオパシーが第一医学であり、大都市の調査では既に半数の人口がホメオパシーを使っているインドの政府とJPHMAが、このように学術交流をもてたことは、日印、アジア、世界のホメオパシーの発展へ大変意味ある交流となりました。

【写真はインド政府CCH、CCRHでの由井会長の記念講演と政府からの表彰】

Dsc07016_512

Dsc06975_512_2

Dsc07025_512

Dsc06889_512

●インド政府訪問などの今回のツアー全体の報告(→http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/2013_chhom.php)

日本では、2013年12月7日(土)、8日(日)、JPHMA設立15周年記念の節目ともなる第14回JPHMAコングレス(年次学術大会)が行われます

以下サイトから詳細ご確認ください。(http://jphma.org/congress2013/

Head_512_2

Ph_concept_512

第14回JPHMAコングレスは、「愛とサイエンスに融合ホメオパシー ~愛は無敵~」がテーマ。

JPHMA認定ホメオパスによる、人、動物、植物へのホメオパシーの応用と治癒事例の発表が一般にも公開された形で行われます。

海外のホメオパシー関係者から日本発のホメオパシーとも称される由井会長が確立した「ZEN(禅)メソッド」、これは、医原病、食原病、インナーチャイルドなど心が原因で起こる難病などについても大きな成果を上げているもので、そのメソッドを含めホメオパシーで実際治癒した事実が発表されます。加えて、今回も記念大会に相応しい素晴しい来賓の先生方に発表を頂きます。キューバからは、熱帯の感染症流行に対し、大規模なホメオパシー的予防を行い、感染拡大と初期流行に効果を発揮した事例とともに、ユニークさや合理性から国際的にも注目されるキューバの医療、そしてそこでいかにホメオパシーが取りいれられているかなどかの報告も聞けるのではないかと思います。その他にも今年は、水科学研究の第一人者 川田薫博士への講演が決まっている他、日本の戦後の罪悪感政策、自虐史観教育の真相を公開し、従軍慰安婦問題などで、今日本で最も注目される歴史学者の1人、新しい歴史教科書をつくる会の藤岡信勝先生、そして、向精神薬の薬害の問題に取り組まれ、今年、日本で初めて断薬専門のクリニックを開設された内海聡医師にも真医学をテーマに来賓講演をいただきます。

ぜひ、ホメオパシーをはじめ、様々な真実を知る機会として、JPHMAコングレスにお集まりください。

▼大会長挨拶
http://jphma.org/congress2013/cat3/

【マハトマ・ガンジーとインドのホメオパシー 】

                       CHhomインドスクーリングのサイトより

インドの独立の父、マハトマ・ガンジーはホメオパシーについて下記のように語っています。(『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』から抜粋。)

Photo

「ホメオパシーは、経済的かつ非暴力的に患者を治療するための、最も新しく、最も洗練された手法である。わが国の政府は、ホメオパシーの普及を促進し、ホメオパシーを保護すべきである、不屈の精神力をもって臨んだ故ハーネマン博士は、卓越した知力の持ち主であり、人命を救う手だてを心得ていた。彼の技能、そして彼が行った超人的かつ人道的な作業に、わたしは頭がさがる思いだ。

彼への追想は、あらためてわれわれの目を開かせてくれる。あなた方は彼に追随する意思をおもちだが、敵対者たちは、ホメオパシーの原則の存在やその実践を嫌う。だが現実にホメオパシーは、ほかのどのような治療法に比べても高い治癒率を示しており、紛れもなく安全で、経済的で、最も完成度が高い医学だ。」

現在、インドには、30万人以上のホメオパスがおり、7,500の政府クリニック、300のホメオパシー病院、180のホメオパシー医学カレッジがあります。また、インドではホメオパシー産業は成長しており、より多くの人々にアーユルヴェーダ、現代医学とともに選択肢の一つとして使用しています。インド主要7都市での調査では、人口の48%がホメオパシーを使用しているとのことです。

今回、ホメオパシーが医学として正式に国から認められているインドにて、インド政府のホメオパシー推進の組織、ホメオパシー中央評議会(CCH)、ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)の訪問やサー・ホメオパシー医学カレッジ病院、リサーチセンターの見学を行いホメオパシー臨床の状況や大学で学ぶ様子を体験しました。
また、3日間の日印国際カンファレンスに参加し、現地インドのホメオパスの方や日本のホメオパスのライブ発表を直に聞き、両国の文化交流などもあり大変意義深いものとなっています。

▼日本ホメパシー医学協会(JPHMA)公式サイト
http://jphma.org/index.html

2013年10月20日 (日)

【検証①】ワクチン推進派「予防接種は「効く」のか?」「ワクチンに含まれるチメロサール程度の量で水銀中毒になったり、自閉症になるという生物学的な妥当性はないのです」という大嘘 (JPHMA『ホメオパシー新聞』より)

「予防接種(ワクチン)は、日本でも、もっともっと普及させなければいけない」と主張するワクチン推進派の『予防接種は「効く」のか?』という本は、予防接種に関する偽情報で溢れています。

とりわけ、水銀の安全性などの偽情報は、国民の健康に直接関係するものだけに、事実を解説しておきたいと思います。

また、多くの調査や研究結果が、ワクチンが急増する自閉症の原因の1つであることを示しているにも関わらず、値する研究や証明は1つもないと嘘をつき、ワクチンに含まれるチメロサール(水銀化合物)と自閉症との関連を全面的に否定しています。

『予防接種は「効く」のか?』では由井会長の著書を「間違いだらけの主張や陰謀論」と決めつけ、批判している。加えて事実でない、作文されたウィキペディア「ホメオパシー」引用することでホメオパシーの誹謗・中傷を行っています。

『予防接種は「効く」のか?』では他にもたくさん間違ったことを主張していますが、今号では、
① 「ワクチン チメロサールに含まれる水銀は安全とする主張
② 「ワクチン チメロサール(に含まれる水銀)が自閉症の原因とする説の全面否定」の主張

この2つの予防接種推進派の主張について検証してみたいと思います

そこで、まずは、『予防接種は「効く」のか?』、「間違いだらけの主張や陰謀論」と批判している『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』から引用したいと思います。「第5章 インフルエンザワクチンの有害性 「脳障害を引き起こすチメロサール」にこの点を詳しく解説しています。わかりやすい説明なので、その部分を全文抜粋紹介します。

次に、『予防接種は「効く」のか?』などワクチン推進派が、ワクチン=自閉症説否定の根拠としてしばしば利用しているデンマークの調査について、この調査自体が利害関係ある方々によって捏造されていた事実が判明しています。既に判明しているその調査ねつ造の背景を公開したいと思います。

加えて、『予防接種は「効く」のか?』などワクチン推進派が、これもしばしば、ワクチン=自閉症説否定の根拠として利用する医学誌『ランセット』に載ったウェイクフィールド博士によるMMRが自閉症原因と裏付ける研究論文を、MMRワクチンに関わる利権の圧力によって、論文掲載が取り消されるにいたった事件の経緯も、現在では、様々な人の証言から、そのからくりが明らかになっているので、その事実を紹介したいと思います。

そして、合わせて、『予防接種は「効く」のか?』、「他にもいくつも論文が発表されましたが、1つとしてチメロサールが自閉症の原因だと指摘できるものではなかったのです」という大嘘を、チメロサールをはじめ、ワクチンが自閉症の原因となっていることを示す多くの論文を紹介することで読者と確認していきたいと思います。

まず、チメロサールの水銀の安全性の検証から始めたいと思います

『予防接種は「効く」のか?』のおかしな主張の部分

「ごく少量の水銀でしたら何の問題もありません。ワクチンに含まれているチメロサール程度の量で水銀中毒になったり、また自閉症になるというのは生物学的な妥当性はないのです。「水俣病」という公害病で問題になった水銀はメチル水銀ですが、チメロサールはエチル水銀で別物です。エチル水銀の方が代謝されやすく、体に蓄積しにくいのです」

チメロサールに含まれる水銀はごく少量なので問題はない? 本当でしょうか? エチル水銀だから水俣病を起こしたメチル水銀でなく安全? 本当でしょうか。『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』(由井寅子著)から引用します。

Image_pa019a

『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』(由井寅子著)第5章 インフルエンザワクチンの有害性より、「脳障害を引き起こすチメロサール」の部分を全文抜粋

(引用開始)チメロサールの正式名称は、エチル水銀チオサリチル酸ナトリウムといいます。予防接種後、チメロサールは血液中に吸収され、エチル水銀とチオサリチル酸に分解されます。エチル水銀は、水俣病の原因として有名になった非常に毒性の強いメチル水銀と同じ有機水銀ですが、米国国立衛生研究所が資金を出し、ワシントン大学の研究者が行った研究により、エチル水銀はメチル水銀以上の毒性があることがわかりました。すなわち、エチル水銀は、メチル水銀以上に容易に血液脳関門を通過し、優先的に脳組織に蓄積され、徐々に無機水銀に変化していくことがわかったわけです。いったん無機水銀に変化すると脳から排出されなくなります。実際、メチル水銀の2倍もの水銀が脳に残りやすいという結果が出たのです。このことから、脳神経系に問題を生じさせることが懸念されています。

水銀は体重1㎏に対して0.1μg(マイクログラム)/日が許容範囲だといわれています。しかし、これはあくまでも環境上の水銀汚染です6カ月の子どもの体重が仮に10㎏あったとすると1μgが最大の許容量になるわけです。ところがインフルエンザワクチンやDPTワクチンに入っている水銀の値は2001年以前は10~100μgでした。のちに、有機水銀化合物は神経系に蓄積され障害を起こすということが水俣などの公害病でわかると、これを避けるため2001年に10分の1の10μgに変更されています。

今回の国産のインフルエンザワクチンにはチメロサールが5μg含まれていますから、水銀量がその半分の2.5μgとしても、安全とされる量の2.5倍の水銀が注入されるわけです。しかもこの許容量は、食事や呼吸などの自然環境から入るものとして想定されている量であり、予防接種では直接血液中に侵入することを考えると、予防接種に入っている水銀の量はとてつもなく恐ろしいといえます。実際、食事からとる量の50倍以上の毒性と考えなければならず、今回の新型インフルエンザワクチンに含まれる水銀の毒性は、安全とされる水銀量の100倍にも達する計算になります。

特に、チメロサールの入ったワクチンを、脳神経細胞のミエリン鞘が未発達の乳児に接種することは、大変危険であるといわざるをえません。DPTワクチンは生後3カ月以降から接種を開始し、3週間~8週間の間隔をあけて3回接種します(第1期接種)。さらに、3回目の接種後、1年から1年6カ月までのあいだに4回目の接種(第1期追加)を受けるのが標準となっています。また、日本脳炎ワクチン(追加接種含む)とインフルエンザワクチンは生後6カ月から接種可能ですが、これらは2歳まで予防接種をしないことが賢明です(もちろん、一生接種しないのがいちばんよいのですが……)。これらのチメロサールを含むワクチンを打てば打つほど、水銀が体内に蓄積され、神経系に障害が出る可能性が高くなるからです。

1920年には、自閉症は非常にまれな病気でした。1930年にワクチンの防腐剤として有機水銀が使われ始めたのですが、1970年になって、自閉症は2000人に1人の病気となりました。そして1990年には1000人に1人、2000年には150人に1人の病気となっています。

有機水銀は胎盤からも吸収されやすいため、母体から胎児に移行しやすいのです。繰り返す予防接種によって母親の胎内に多くの水銀があれば、おのずとその子どもも水銀量が多くなります。もともと水銀量の多い子どもに予防接種をすれば、自閉症や多動になりやすくなるのは当たり前のことといえます。さらに、発達途中にある胎児の神経系は、大人よりも有機水銀の影響を受けやすいことが今日では明らかになっています。

エチル水銀は脂溶性で、容易に血液脳関門を通過し、優先的に脳組織に蓄積されると述べましたが、乳幼児は血液脳関門が未完成であるため、さらに水銀が脳組織に蓄積しやすくなっています。水銀だけでなく、アルミニウムも脳や神経に蓄積する傾向があり、有機水銀やアルミニウム塩を直接体内に注射するから、自閉、多動、発達障害の子どもになってしまうというわけです。

水銀やアルミナを希釈・振盪したレメディーやワクチンを希釈・振盪したレメディーを使うことで子どもたちが治癒していきましたので、水銀が自閉、多動とおおいに関係があるということは間違いありません。(『発達障害へのホメオパシー的アプローチ』<ホメオパシー出版)参照)。

政府は水銀と発達障害は全く関係ないと言っていますが、なんのこっちゃ、私が事実を見せましょうか。私は現在、168人の自閉、多動、発達障害の子どもたちをみていますが、この子たちには子どもが打たれる9種のワクチンレメディーにプラスして、マーキュリー(水銀)とアルミナ(酸化アルミニウム)というレメディーを指示しないと治癒していきませんでした。(引用終了)

Image_pa016a

『ホメオパシー新聞』編集部

いかがでしょうか。

ワクチンに含まれる水銀の量が安全だとか、エチル水銀だから安全という主張が、いかにデタラメなものか、わかると思います。

メチル水銀が血液脳関門を通過しやすいのは、その脂溶性という性質をもたらしているメチル基にあります(一説では、メチル水銀が血液脳関門を通過しやすいのは、メチル水銀-システイン複合体がメチオニンと類似した構造をもつため、メチオニン専用の脳血管輸送システムを利用できるからとしていますが、それならば、エチル水銀-システイン複合体でもメチオニンと類似した構造をもっていると言え、同様にメチオニン専用の脳血管輸送システムを使っているのではないか。そうでなければエチル水銀がメチル水銀以上に容易に脳関門を通過することが説明できなくなります)。

有機化学を少し学んだことのある者であれば、メチル基よりエチル基の方がより脂溶性の性質をもっていることは誰でも知っています。そしてそこから容易にメチル水銀よりエチル水銀の方が血液脳関門を通過しやすいと推測することができます。つまりメチル水銀よりもエチル水銀の方が毒性が高いことが容易に推測できます。そして事実は全くその通りでした。

『予防接種は「効く」のか?』の著者は、おそらく巷でまことしやかに流布している偽情報「メチル水銀は毒性が強いがエチル水銀は毒性が低い」とか「メチル水銀の血中濃度の半減期は1ヵ月ほどだが、エチル水銀の血中濃度の半減期は1週間ほどですぐに排出される」などの情報をうのみにして書いているのではないかと思います。

エチル水銀の血中濃度の半減期が1週間ほどであるというのが事実だとしても、それらは本当に全て体外に排出された結果なのでしょうか? むしろ、それはエチル水銀がすばやく血液脳関門や細胞膜を通過し、脳あるいは体内に蓄積した結果ではないでしょうか。さらにメチル水銀は胎盤関門も容易に通過し胎児に到達することを考えると、エチル水銀も容易に胎盤関門を通過すると推測できます。したがってチメロサール入りのワクチンを妊婦さんが打つことはさらに危険なことであると言えます。もちろん、出産後でも母乳を通して赤ん坊に入り、脳関門を通過して脳に侵入する危険性もあります。

また、ワクチンには他の化学物質も混入しているのでさらに危険性が高くなります。たとえば、新型インフルエンザワクチンにはポリソルベート80が入っていました。ポリソルベート80はもともとポリソルベート80が脳関門を通過する性質を利用して脳組織に薬を届けるためのものです。しかし現在、ポリソルベート80が脳関門を破壊することによる薬の通過の可能性も指摘されています。こうして脳内にワクチンに大量に含まれる異物が侵入してしまうと、脳で炎症を起こして異物の排泄を行おうとしますが、このとき脳関門の機能は低下してしまいます。そしてさらにエチル水銀をはじめとする異物が侵入することになるのではないかと思います。

以下に以前、チメロサールの真実を日本ホメオパシー医学協会で掲載した記事ですが、とても大事な問題ですのでここに一部抜粋して掲載します。できれば全文読んでいただきたいと思います。
http://jphma.org/topics/topics_47_Kennedy_Report.html

最も衝撃的なのは、多くの調査者がチメロサールに反する証拠を無視し、隠蔽した期間の長さである。当初から、水銀添加物に対する科学的症例は膨大なものだった。ワクチン内に発生する菌、細菌の増殖を止めるのに使われている保存剤には、強力な神経毒であるエチル水銀が含まれている。多くの研究でわかった事は、ワクチンを接種後、霊長類そのたの動物の脳に水銀が蓄積する傾向があることがわかった。特に成長している子供の脳には影響が大きい。1977年、ロシアの研究により、アメリカの子供達より低い濃度のエチル水銀にさらされた大人でも数年後には脳にダメージを受けたことがわかった。ロシアでは20年前にチメロサールを子供のワクチンに使用することを禁じており、デンマーク、オーストラリア、日本、英国、全北欧諸国がそれに続いた。

ケンタッキー大学の化学学部長のハーレイ氏は「チメロサールが安全であるという研究をすることすらできません。チメロサールはどうしようもなく有毒です。動物にチメロサールを注射すれば、脳が病気になります。生きている細胞に与えれば、その細胞は死にします。シャーレに入れれば、中の培養物も死滅します。これらのことを知る限り、子供に何のダメージも与えずにチメロサールを接種することは不可能です。」

内部資料で明らかになったことだが、チメロサールを最初に開発したイーライリリー社は、当初からこの製品が、動物にも人間にも害を与え、死亡することさえあることを知っていた。1930年、同社が末期髄膜炎の22人の患者に対し、チメロサールのテストをしたところ、接種後数週間以内に全員が死亡したが、リリー社はチメロサールが安全と断言して、事実を報告しようともしなかった。1935年、別のワクチン製造会社、ピットマン・ムーアの研究者がリリー社にこう警告した。チメロサールが安全であるというリリー社の主張は、”我々の研究結果とは一致しない”。ピットマン社の実験で、チメロサールベースのワクチンを接種した犬の半数が病気になり、同社の主要研究者は、この保存剤は犬用血清には”問題あり”と公表した。

その後 数十年間、チメロサールに不利な証拠は増え続けた。第二次世界大戦中、国防総省は兵士に接種するワクチンの保存剤としてチメロサールを使用する際、リリー社に対して「毒物」と表示するよう命じた。1967年、「応用環境微生物学」誌に、チメロサールを添加したワクチンを接種するとマウスが死亡するという研究が掲載された。4年後、リリー社は独自の研究でチメロサールは1ppmという低い濃度でも「組織細胞に対して毒性がある」という結論を出した。1ppmとは、標準的なワクチンに添加されているチメロサール濃度の100分の1の薄さである。それにもかかわらず、同社は、チメロサールを「非毒性物質」として積極的に使用を進め、局所消毒薬にも使用した。1977年、トロントの病院で、保存剤としてチメロサールが添加された消毒剤を臍帯に塗った10人の新生児が死亡するという事件があった。

1982年、食品医薬品局は、チメロサールを含む市販薬の販売禁止を提案し、1991年には動物用ワクチンに対する使用禁止を検討していた。しかし不幸なことに、同年、疾病対策センターは乳児にチメロサールを添加した有機水銀入りワクチンを接種する新しい定期予防接種を勧告した。生後24時間以内にB型肝炎ワクチンを接種し、生後2ヶ月でインフルエンザ菌B型ワクチンと三種混合(ジフテリア・破傷風・百日咳)ワクチンを接種することを義務づけたのだ。

製薬業界は追加ワクチン接種が危険であるということを知っている。疾病対策センターが新しいワクチンを導入した年、メルク社のワクチンプログラムの考案者の一人、モーリス・ハイルマン博士は、6ヶ月の子供にワクチン接種した場合に被る水銀の悪影響は危険なものであると同社に警告した。製薬業界が非毒性の代替品について承知している事を留意しつつ、チメロサールは「特に幼児と子供に対し」使用を中止することを勧めた。「最良の手段は、保存剤を加えない実ワクチン施行に切り替えることだ」と付け加えた。

しかしながら、メルク社と他の製薬会社にとって、障害は金である。製薬業界にとっては、チメロサールを使えば、数回分のワクチンを充填したパッケージで製造できるが、何度も注射針が入ることで汚染されやすいので、よけいに保護する必要がある。大ビンにすると、小ビンで製造するよりコストが半減し、国際機関を通し、伝染病の危険のある貧困地域に安く配ることができる。この「コスト検討」に直面して、メルク社はハイルマンの警告を無視し、政府は子供たちにさらにチメロサール入りのワクチンを勧めたのである。1989年以前、アメリカの未就学児童は11回のワクチンを受けていた。ポリオ、三種混合ワクチン、はしか・耳下腺炎・風疹である。10年後、政府の方針のおかげで子供達は1年生になる前に22回の予防接種を受けるようになった。

予防接種の回数が増えるに従い、自閉症になる子供の率が激増した。1990年代には、4千万人の子供達がチメロサール入りのワクチンを接種され、脳の発達に最も大切な時期に前例のない程の水銀を投与された。チメロサールの危険性はよく立証されていたにもかかわらず、子供達が指定された予防接種を受けて蓄積していく水銀の投与量については誰もあえて集計していないようだった。FDA向けウィルス製品担当取締役であるペーター・パトリシアは1999年に疾病対策センターへのメールでこう尋ねた。「なぜ疾病対策センターと諮問機関は子供の予防接種計画を急速に広めているのにこうした計算をしなかったのですか?」

しかしその時点までに、ダメージは起こっていた。生後2ヶ月、子供の脳がまだ重要な発達段階にあるときに、子供たちは、計62.5mgのエチル水銀が含まれる、3回の予防接種を定期的に受ける。これはEPA(環境保護庁)が定める神経毒に関係するメチル水銀の1日の基準量の99倍になる。ワクチン産業は、エチル水銀は体内で分解され、排出されるのが早いから危険性はほとんど無いと主張しているが、国立衛生研究所が4月に発行したものをはじめ、いくつかの研究によると、実際、エチル水銀は発達段階にある脳にとってはより毒性が強く、メチル水銀より長く脳に留まるという。

『命がけの予防接種 by  ロバート・ケネディー・ジュニア
出所:2005年6月20日の米「ローリング・ストーン」誌掲載記事を日本ホメオパシー医学協会にて翻訳
命がけの予防接種 by ロバート・ケネディー・ジュニア
ロバート・ケネディ・ジュニアが政府による水銀/自閉症スキャンダルの隠蔽を暴く』より引用


http://jphma.org/topics/topics_47_Kennedy_Report.html

『ホメオパシー新聞』編集部

ちょうど2013年10月、熊本県水俣市で環境汚染や健康への悪影響を防ぐため、また、水銀の使用量を世界規模で削減し、不適切な使用に歯止めをかけるための「水俣条約」の国際会議が開催されました。この会議では、歯科治療で使われているアマルガム(水銀合金)の使用削減も議題にあげられています。ところが、ワクチンに含まれるチメロサール(有機水銀)は討議対象からはずされています。チメロサールはメチル水銀以上に毒性が高いにもかかわらずです。これは一体どういうことでしょうか。WHOなどが、水銀を使わないと冷蔵が必要であり高価になり多くの途上国で予防接種が不可能になると主張したことで、削減対象から外されることになったという情報も出ています。事実とすれば、なんのための「水俣条約」の国際会議でしょうか?多くの途上国で実行不可能になるというのであれば、その点も含めどのような形でチメロサールを世界的に削減するかをきちんと議論できるよう、議題にのせるべきではないでしょうか? これではまるでWHOがワクチン問題を議題にあげてきちんと議論されることを避けているように思えてきます。少なくとも人の健康を真剣に守ろうとしている機関ではないことはわかります。

ワクチン含まれる水銀の量は安全!? という嘘を別の角度からも検証してみたいと思います。

「ごく少量の水銀でしたら何の問題もありません。ワクチンに含まれているチメロサール程度の量で水銀中毒になったり、また自閉症になるというのは生物学的な妥当性はないのです」(『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』)

『ホメオパシー新聞』編集部

このように『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える』では主張していますが本当でしょうか。ちなみに、水俣病などの水銀健康被害が国際的にも大きな社会問題として認知されたことで有機水銀、チメロサールの危険性が指摘され、ワクチン1本のチメロサールの含有量が2001年から10分の1に減らされています。このこと自体、水銀の危険性を知っていてとられた措置のはずです。また乳児には、通常のワクチンの量を半分の量に減らして接種するように指導されています。安全なものなら、なぜこのように量を減らさなければならないのでしょうか。

予防接種ではどれくらいの量が体内に入るのか

先程紹介した『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』でも解説がありましたが、インフルエンザワクチンではエチル水銀2.5μg(マイクログラム)が体内に入ります。まず同じ有機水銀のメチル水銀の基準にて説明します。

体内に入る一日の水銀摂取量を米環境保護庁は体重1kgあたり0.1μgと規制しています。この規制は経口摂取です。もしこの計算を当てはめても、体重5kgの赤ちゃんの場合、基準の5倍にもなります。さらに、これは経口摂取ではありません。腸などの消化器系、免疫系を経由せず、皮下注射より体内にストレートに入っていきますので吸収率は関係なく100%体内に入っていきます。

また、見慣れないマイクログラム(μg)は、たった100万分の1グラムです。そして、100万分の1グラムというと微量に感じるかもしれませんがこれが大きな間違いです。100万分の1グラムでも健康にリスクを与えるほど水銀の毒性は高いのです。国立水俣病総合研究センターでは胎児へのメチル水銀の影響などを研究しています。同センターの国際・総合研究部長(兼)環境・疫学研究部長の坂本峰至氏という方がおられます。そしてこの方の研究結果は参考になります。メチル水銀での例ですが、水俣病のような水銀中毒での神経症状が発症する閾値を血中総水銀濃度 20 ~ 50μg(マイクログラム)/100mlであると、『メチル水銀と健康についてと論文では結果を発表しインターネット上で公開しています。(http://www.keea.or.jp/rdp/kkweb/kankyoukanri37/kankyou37-2.pdf

この基準を採用すると、例えば体重当たり血液量を1kgあたり80mlで仮定すると体重5kgの乳児は、400mlの血液量となります。すなわち血中総水銀量の閾値はこの乳児の場合は 80~200μg。要するにこの基準を超えた量が入ると、感受性の高い乳児は水銀中毒特有の一部の症状が出てきます。つまり2001年以前までの一度で25μgが入れるという基準がいかに水銀の毒物学の知識からするととんでもない量だったことがわかります。また、坂本氏は「脳神経が発達段階の胎児や乳児は更に感受性が高い」と指摘しています。また、「胎児の脳は環境汚染物質に対する感受性が高い上に胎児には母体より高い濃度でメチル水銀が蓄積する傾向にもある」とも坂本氏は指摘しています。これらの指摘は上記に引用した『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』の内容と同じで、赤ん坊や子どもは微量でもより一層水銀中毒になる危険性が高いというということです。上述した通り、お母さんがチメロサール入りのワクチンを打つことでさら危険性が増します。ワクチンに含まれる水銀量が「ごく少量の水銀でしたら何の問題もありません」という記述は事実でなく、詐欺的なワクチンの安全性の宣伝と言えます。

チメロサール入りワクチンが自閉症と関係ないと判定したデンマークの調査は捏造だった!

『予防接種は「効く」のか?』では、ワクチンに含まれるチメロサール(有機水銀)が自閉症などの発達障害と無関係と主張されています。それは正しいのでしょうか。否、その論拠となっているデンマークの研究結果は、実は捏造された研究だったと判明しています。また英国でMMRと自閉症の関係性を示し医学誌『ランセット』に掲載された論文が取り消された事件も、実は、「自閉症=ワクチン原因説」の真実を隠ぺいするための工作だったことが判明しています。

さらに『予防接種は「効く」のか?』では「他にもいくつも論文が発表されましたが、1つとしてチメロサールが自閉症の原因だと指摘できるものではなかったのです」とワクチンの自閉症の関係性を示唆する論文の存在を否定しています。しかし、これも嘘です。自閉症とワクチンとの関連性を示唆する医学論文が少なくとも20以上は存在しています。最後の参考リストで、その論文リストも示します。

また、同種療法を行うホメオパスは健康相談を行っている中で、難病の患者が、ワクチンと同種のレメディーを出すことによって、様々な排泄が起きて、結果、自閉症などの発達障害が改善していく事実を目の当たりにしています。つまり、この自閉症という病気が何によって引き起こされているのかを目の当たりにしているのです。

次に、デンマークの捏造調査に書かれて記述から見ていきましょう。

『予防接種は「効く」のか?』

「40万人以上の子どもを用いたデンマークの研究が発表されました。7年間の追跡調査で、チメロサールの入ったワクチンを接種された子どもと、チメロサールの入っていないワクチンを接種された子どもを比較したのですが、自閉症の発症率には変わりはなかったのでした」

『ホメオパシー新聞』編集部

ここでは、予防接種に含まれるチメロサールが自閉症の発症と関係ないと結論づけた根拠としてデンマークの調査があげられています。この調査は、しばしば予防接種推進派がその根拠としてあげるものです。この調査結果は正しいのでしょうか。「否」です。この研究結果自体が操作され、捏造とされた代物であることが後ほど明らかになっています。このデンマークの調査がいかに捏造されたか、その経緯は下記のリンクに詳しく書いてあります。全文紹介許可を得ましたので、この件の情報公開をされているTKサービスのサイトから全文転載紹介させていただきます。

▼世論を騙し続けた論文のカラクリとそれを引用した罪深き者たちへ

オーフース大学、デンマークの自閉症研究を表彰
By ウッラ・ダニエルセン、ジャーナリスト、DKコペンハーゲン
(自閉症・発達障害 障がい児のための窓口TKサービスサイトより 許可を得て引用紹介させていただきました。)

http://www.tomorrowkids-service.com/autism/sinful_person.html

(引用開始)
デンマークのオーフース大学(AU)は、今世紀初頭に本学内で行われた自閉症の疫学的研究で、その研究の主導者、クレーステン・メルドガルド・マドセン博士が、2005年に博士論文で賞を授与されたことを非常に光栄なことと受け止めた。

クレーステン・メルドガルド・マドセン博士は、1996年に医学部を卒業し、2004年に「ワクチンと自閉症」という論文で博士号を取得した。

クレーステン・メルドガルド・マドセン博士の有名な結論の1つに次がある。「デンマークのデータはMMRワクチンと水銀含有ワクチンが自閉症の原因であるという仮説を支持しない。」

世界中で、自閉症の流行に巻き込まれた人も含めて、このデンマーク人の主張はよく知られている。彼の主張は、いわば、ワクチンを自閉症の起因物ではないかとあえて問う人々の主張を抑止的に否定するために、見事なまでに作られたものであった。

AU、マドセンについてインターネットのホームページで報告
クレーステン・メルドガルド・マドセン博士が2005年に賞を受けた後、AUはこの出来事を大学のホームページで報告した。

「彼は2つの仮説を視野に入れていた。どちらも、近年、ある種のワクチンと自閉症発症率上昇との間に因果関係がありそうなことを示唆する仮説であった。

最初の仮説は、はしか・おたふくかぜ・風疹の三種混合ワクチン(MMRワクチン)が自閉症発現原因と考えられると推定していた。

もう1つの仮説は、水銀含有ワクチンが子供の自閉症の起因物と考えられるというものだった。クレーステン・メルドガルド・マドセン博士はデンマーク国内の登録患者をベースにこの仮説を検証した。

彼の結論は、デンマークのデータからは、MMRワクチンや水銀含有ワクチンが自閉症の起因物であるという仮説は支持されない、というものだった。」

CAMPUSも報告
大学の機関誌「Campus」も、自閉症を研究して受賞した博士について記事を掲載した。

「とりわけ、1992年に水銀を薬物から排除した後、自閉症の発症率は上昇したことが分かった」とCampusは記した。

真実を取り出す媒介としての時間
しかし、時として「時間」が真実を取り出す媒介となることがある。

米国情報公開法(FOIA)によって公開された電子メールのやり取りでは、3名のデンマーク人自閉症研究者、つまり件の人であるクレーステン・メルドガルド・マドセン、マレーネ・ブリシエット・ローリッツェン、およびポウル・トーセンと、米国CDCの従業員であるダイアナ・シェンデルは、1992年にデンマークの子供ワクチンから水銀(チメロサール)を排除した後、2001年に入って自閉症が減少していることを突き止めたことが記されていた。

だが、2003年にデンマーク人研究者達は雑誌「Pediatrics」にまったく逆のメッセージを込めた論文を発表した。

この研究者達は、出版論文の最終版でこの不都合な2001年の数字を無視することで対処した。この論文には2001年のデータがない。

ベアトリス・スロース博士への手紙
デンマーク科学不正行為委員会書記長、ベアトリス・スロースへ博士への手紙で、水銀非含有薬品連盟(CoMeD Inc.)の会長であるリサ・K・サイクス氏は次のように書いている。

「もっともひどい不正行為は、Madsen et al. (2003)の論文で行われたデータ分析でした。米国情報公開法によりCDCから入手した2002年11月13日における電子メールのやり取りでは、論文の共著者であるマレーネ・ローリッツェンは、1999年から2001年の間、自閉症発症率が実際には減少していると記していました。」

この米国人からデンマークの権威への、この科学的不正行為に関する手紙はこう続いている。「自閉症発症率について、ローリッツェン博士は『しかし2001年に発生率と患者数は依然減少している』と記した。サイクスも、『このデータは、チメロサールへの暴露が自閉症の起因物ではないという論文の主張を支持しない。しかし、発表論文の最終版には、2001年のデータは掲載されなかった。』」

問題の論文は、2003年に出版された雑誌Pediatricsに掲載された、「Thimerosal and the occurrence of autism: negative ecological evidence from Danish population-based data」である。

CoMeD Inc.からデンマークの科学的不正行為委員会への訴状は2011年9月27日に米国からデンマークに送られた。CoMed Inc.のウェブサイトに掲載されている。

http://Mercury-freeDrugs.org/
オーフース大学は2005年にマドセンに博士号を与えたことの道義的責任を負う
オーフース大学がデンマーク人の自閉症の疫学研究者のクレーステン・メルドガルド・マドセン博士に博士号を授与してから7年が経過した。

しかし、時間の経過とともに明るみに出たこの憂慮すべき事実は、オーフース大学に対して、マドセンの所見が実際デンマークの発育中の子供達の健康データによって支持されることを保証しなければならない義務を負わせるものである。br/>
悲劇的な流行の重大さを受け止めた上で、AU学長のラウリッツ・B・ホルム・ニールセンと、副学長のセーレン・E・フランセン、大学ディレクターのヨルゲン・ヨルゲンセンは、道徳的・倫理的に、国際的研究者を支援する義務を感じなければならない。

日本国内においても同じである。数多くの医療団体、専門家などが、このデタラメ論文をかざし、声高にワクチンや水銀で自閉症にならないと叫んでいた。

これは、重大犯罪である。仮に2004年から現在至るまで、9年間で何十万人の自閉症を発生させたのでしょうか。

頭を丸めて記者会見してすいませんでした。と言うぐらいのことがあっていいと思います。

▼もともとこのスキャンダルを明らかにしたスクープ(英文)リンク
http://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=en&tl=ko&u=http%3A%2F%2Fwww.prnewswire.com%2Fnews-releases%2Fscandal-exposed-in-major-study-of-autism-and-mercury-132519518.html&anno=2&sandbox=1

(引用終了)

また『予防接種は「効く」のか?』では以下のような以下のような嘘もついています。

『予防接種は「効く」のか?』

「他にもいくつも論文が発表されましたが、1つとしてチメロサールが自閉症の原因だと指摘できるものではなかったのです」(『予防接種は「効く」のか?』) 

『ホメオパシー新聞』編集部

実際には、チメロサールと、自閉症、発達障害やてんかんが関係するという研究も数多くありますので、20以上ある研究論文を紹介します。

例えば、宗教上の理由で予防接種を打たない米国のアーミッシュの人たちの事例があります。彼らに極端に、自閉症が少ないという事実は何を物語っているのでしょうか。アメリカでは166人に1人が自閉症とも言われますが、予防接種を打たないアーミッシュは、10万人いますがその中で自閉症はたった10人しかいなく、その10名も外から入ってきた人が多く、親が予防接種をしていた人たちです。

また、先日、由井会長が講演会でも紹介れていましたが、米国の「自閉症の研究団体ジェネレーション・レスキュー」の調査では、ワクチン接種、未接種の子供の比較で、接種した方がより喘息、ADHD、神経疾患、自閉症などの発生が高くなっていると調査研究もあります。ワクチンと自閉症との関連を示す医学論文は数多くありますので、実際の論文は、追って紹介していきましょう。

そして日本のマスコミは一切報道しませんが、アメリカでは、自閉症の原因が予防接種にあるということで自閉症の家族に賠償するよう連邦裁判で次々被害者へ賠償が支払われています。以下は2013年9月3日のインターネットニュースNatural Newsからのリンク紹介です。

(ちなみに、1986年の法律で、アメリカでは、予防接種被害の訴訟リスクからワクチンメーカーを保護する連邦法が制定されました。安定したワクチンの供給を保証するためという理由です。連邦法では、ワクチンについては、訴訟が起こされても、ワクチンメーカーが損害賠償に応じるのでなく、税金により出資されているワクチンの基金から賠償が支払われる仕組みです。既に数千件の予防接種による後遺症害の訴えに対し、1989年以来10億ドルを超える賠償が支払われています。しかし、ワクチン法廷という独特な仕組みで、情報が非公開とされる部分もあるため、訴訟が起こされても、ワクチンの問題が社会問題化しないよう、情報を管理する仕掛けとなっています。)

それでは、Natural Newsからの英文リンクですが紹介します。

▼Breaking: Courts discreetly confirm MMR vaccine causes autism by: Jonathan Benson, staff writer
http://www.naturalnews.com/041897_MMR_vaccines_autism_court_ruling.html

上記の英文リンク冒頭部分を訳しますと、「あなたが主流のメディアから聞くことはないだろうが・・・ 連邦政府のカンガルー(=私的いかさま裁判とも揶揄される)「ワクチン法廷」が、また、はしか、おたふく風邪、風疹の三種混合MMRワクチンが、自閉症の原因であると認めた。ただし、知られないように静かにだが。」という書き出しで始まっており、その自閉症と認められた子どもに対して、何百万US$(億円単位)のお金が判決後支払われたことを報じています。

そして、『予防接種は「効く」のか?』でも引用されていますが、ワクチンと自閉症の関係はないと予防接種派が主張する際によく引用されるのが、アンドリュー・ウェークフィールド氏の「MMRと自閉症論文事件」です。

しかし、この事件も関係者の証言などから、事実が詐欺的に捏造されたことが明らかになっています。まず、『予防接種は「効く」のか?』の主張を見てみましょう。

『予防接種は「効く」のか?』 

(引用開始)
「MMRと自閉症論文事件」
「1998年2月、ある論文がイギリスの高名な医学雑誌『ザ・ランセット』に掲載されました。「8人の子どもが、MMRという三種混合ワクチンの接種を受けたすぐあとに自閉症になった」という内容の論文でした。
 また、この論文は、MMRが新規の炎症性疾患という病気にも関係していると主張したのです。論文の著者であるアンドリュー・ウェークフィールドの説によると、MMRによって腸管に炎症が起き、その腸内にある物質が血液中に入って脳に移動し、これが自閉症の原因になるのでは、というものでした。イギリスでもアメリカでも、この「ワクチンが自閉症の原因」という意見は一部の国民の間で強かったのです。この論文は一大センセーションを巻き起こしました。1998年にはイギリス南部(イングランドとウエールズ)の麻疹(はしか)は56名しか報告がなかったのですが、多くの親が子どもに麻疹ワクチンを接種させないことにしたため、抗体保有者は激減。そのため2008年には1348名の麻疹が発症してしまいました。
 ところが、2009年2月8日の『ザ・タイムズ』紙によると、この論文はでっち上げだったことが分かったというのでした。論文の内容と実際の子どものカルテの所見が噛み合わなかったのです。そして、ワクチン接種後に自閉症を発症した、と信じてよいカルテ記録は、たった1名についてのみだったのでした。(これも前後関係か因果関係かは不明です)。
 また、この論文は新規の腸炎の存在を示していたのですが、病理学者の報告では、ほとんどの子どもで腸の異常はなかったのです。
 この研究を行ったアンドリュー・ウェークフィールドは、消化器内科医でした。2004年2月22日の『ザ・タイムズ』紙によると、ウェークフィールドはワクチンメーカーに敵対的な弁護士から金銭を受け取っていました。この弁護士はMMRが自閉症の原因であると主張する自閉症の子どもの親のために働いていたのです。しかも、ウェークフィールド氏はそのことを報告する義務があったのにもかかわらず秘匿していました。病院の倫理委員会の審査も経ていませんでした。
 ウェークフィールドの主張した「ワクチンが自閉症や腸炎の原因となる」という報告は、その後どの研究者からもなされませんでした。他にもこれに関わる内容の10以上の論文が発表されましたが。いずれもMMRと自閉症の関係を否定するものでした。MMRが自閉症の原因ではなかったのです。
 2010年2月『ザ・ランセット』誌はウェークフィールドたちの1998年の論文を撤回する決定をしました。さらに、2010年5月、英国の医学総会議(GMC)は、ウェークフィールドの英国における医師資格を剥奪しました。」(引用終わり)

『ホメオパシー新聞』編集部

ちょうど、ワクチンで自閉症が起こるという医学論文がたくさんあること、また、事実を語ったウェークフィールド氏の研究結果が、いかに捻じ曲げられたかが、海外のインターネットニュースサイト ナチュラル・ニュースから記事として配信されていましたので、以下に引用し紹介します。こちらは和訳をつけてみました。

20以上の医学研究で、ワクチンで自閉症が起こることが証明されている。
Natural News 2013年10月1日  by: Ethan A. Huff, staff writer(JPHMA訳)

http://www.naturalnews.com/042293_vaccines_autism_medical_studies.html 

(NaturalNews)
主流に属する医師やメディアの権威は ワクチン 自閉症議論は既に終わっており、自閉症とワクチンを関係づける正当な科学的エビデンスは全くなく決着がついているという、悪名たかい主張をしています。しかしActivist Post によるArjun Waliaが直接調査し公表されたリポートでは、少なくとも22の科学的研究がワクチンと自閉症の関係を示しており、類似の研究結果も数多くります。
この論争の大元は1990年代後半のAndrew Wakefield博士の消化器系の炎症がMMR(麻疹、水疱瘡、耳下腺炎の3種混合)ワクチンによる明らかな副作用だとした研究にまでさかのぼります。Wakefield博士は、虎の尾を踏んでしまったわけで、その研究は権威から踏みにじられ、その後確認され、再現されているにも関わらず、詐欺とされたのです。
例えば、Journal of Biomedical Sciencesで公表された2002年の研究では、MMRと自閉症の因果関係が、とくに麻疹のワクチンのパートで確認されている。米国の大学の研究者たちは、この日常的でない麻疹への感染法(ワクチン)が自閉症の範疇に属する神経の問題を、次々に引き起こすと結論づけた。
2012年にthe journal Entropyで公表された別の研究では、MMRと自閉症が強い相関関係を持つことが観察されました。真犯人はアルミニウムと指摘された。この研究の抄録によると、アルミニウムを含有するワクチンは特に子どもたちには毒性があり、後に自閉症とし診断されることになります。そして、硫酸カルシウム、グルタチオン(グルタミン酸・システイン・グリシン)の漿液(しようえき)が不十分であります。言葉を変えれば、いくつかのワクチンに含まれるアルミニウムが自閉症の症候群の収容な原因であったのです。
Walia氏は、「MMRワクチン-自閉症デイベート」にも関わらずワクチは自閉症と関係するというたくさんの研究があります。「世界のMultiple courts(特別法廷)では、MMRを含むワクチンが、自閉症や脳障害、その他のやっかいな事態を引き起こすことを支持しています」を述べ、つけ加えて、ワクチンに関連して自閉症以外にも様々な副作用が起こっていることを強調しています。
重金属、アジュバント、保存料、そして他の添加物すべてがリンクして自閉症の原因となっている。多分Walia氏の、このテーマにおける広範な研究の中でとても興味深いことは、ワクチンに含まれる様々な物質がひきがねになって自閉症が起こるということです。ワクチンにはアルミニウムや水銀という毒性のある金属の他にも、アジュバントの物質、保存料、添加物、それらがともに自閉症を起こす真犯人とされた研究が掲載されている。現実的は単独でも他の含有物と複合されてもこれらの含有物は有毒(有害)であり、その配合に調合された毒性を示すのです。
「酸化ストレス、脳炎、小膠細胞症などが、重金属によっておこるものとして多く記録されています」とMassachusetts General Hospital,の研究からは認められ、この研究では、自閉症の方は、ワクチンダメージとされる独特の脳細胞の神経炎症を示すとしています。 
Walia氏の報告書に掲載されているいくつかの研究では、チメロサール、有毒な水銀の化合物についても触れている。インフルエンザ用多人数用ヴァイアル(ワクチン)によって、自閉症と関係する脳のダメージが引き起こされると。テキサス大学健康科学センターの研究では、1000ポンドの水銀が環境に放出されるごとに、自閉症は61%ずつ増加すると。
チメロサールを含むインフルエンザワクチンは生後6ケ月の子どもから対象とされるが、水銀を直接に筋肉組織に注射したことの結果として、自閉症に関連する脳障害が起こることは、大変ありうべきことなのです。

●以下からWalia's氏の22の科学的研究論文を含む論文の全文を読むことができます。
http://www.activistpost.com

●以下、この記事は下記リンクを情報ソース(英文)としました。
Sources for this article include:
http://www.activistpost.com
http://www.mdpi.com
http://vran.org 

Articles Related to This Article: (関連記事英文)
▼Facebook crowdsourced investigation exposes vaccine denials of SIGA Technologies
http://www.naturalnews.com/027483_SIGA_Technologies_vaccines.html

▼ Evidence-based vaccinations: A scientific look at the missing science behind flu season vaccines
http://www.naturalnews.com/029641_vaccines_junk_science.html

▼The Health Ranger interviews neurosurgeon Dr. Russell Blaylock on mandatory vaccine trials, fraudulent vaccine science and vaccine ethics
http://www.naturalnews.com/035624_Russell_Blaylock_interview_vaccines.html

▼Institute of Medicine adverse reactions report admits MMR vaccines cause measles, seizures, anaphylaxis and other health problems
http://www.naturalnews.com/033447_Institute_of_Medicine_vaccines.html

▼Flu vaccines revealed as the greatest quackery ever pushed in the history of medicine
http://www.naturalnews.com/027239_vaccine_flu_vaccines.html

▼NaturalNews exposes secret vaccine industry ties and military involvement with Institute of Medicine, reveals fatal conflicts of interest at IoM
http://www.naturalnews.com/033455_Institute_of_Medicine_vaccines.html

『ホメオパシー新聞』編集部

このアンドリュー・ウェークフィールド氏の「MMRと自閉症論文事件」でもワクチンが自閉症の原因であるという研究結果に対して、様々は方面から圧力がかかり、真実が隠ぺいされた経緯を、デンマークの調査のねつ造でも引用紹介させていただいた自閉症・発達障害 障がい児のための窓口TKサービスが公開しているリンクが詳しく日本語で紹介しています。再び、引用紹介させていただきます。「MMRワクチン=自閉症原因説」を裏付ける研究論文が、御用ジャーナリストであるディア氏を使って、いかにしてイカサマ論文に仕立て上げられたかがよくわります。少し長い引用ですが紹介します。これら一連のリンクを読めば、このアンドリュー・ウェークフィールド氏の「MMRと自閉症論文事件」の真相を知ることができます。

MMRと自閉症の真実(1)(2)
自閉症・発達障害 障がい児のための窓口TKサービスサイトより

http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem01.html
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem02.html

MMRと自閉症の真実(1)

1998年にアンドリュー・ウェークフィールド博士が、自閉症児12人を診て、色々な臨床記録や分析から医学誌ランセットに論文を執筆した。MMRワクチンは、自閉症になる可能性があると。

2002年に英国の親たち2000人が集団訴訟を起こす。(自閉症の原因はMMR)

2003年に新聞社、政治家、ワクチン会社、ランセット出版社、ブラックジャーナリストが、アンドリュウェークフィールド博士を陥れるために画策をしだす。

2004年にサンデータイムスに(新聞)アンドリュウェークフィールド博士のランセット論文はデタラメだと、ブライアンディア(ブラックジャーナリスト)が記事を書いた。

2007年 英国の親たち2000人の集団訴訟が敗訴する。

2010年 ランセット論文は取り消され、アンドリュウェークフィールド博士は、医師免許をはく奪された。

2011年 BMJ(英国医学誌)にやっぱりランセット論文はデタラメだったと書かれてた。日本でもニュースになった。

この経緯の中で、いくつかの問題点を検証するブライアンディアとはどんな人物か
2011年1月にCNNのアンダソンクーパー360という番組に出ています。その時のやりとりを紹介します。

ディア氏は、2007年から2010年の間に160日間、アンドリュー・ウェイクフィールド医師のGMC(General Medical Council;英国医事委員会)の審理に出席している。この間、賃金を支払ったのは誰か?
彼はフリーランスのジャーナリストでありながら、2004年以降はほとんど記事を書いていない。ワンクリック・グループのジェーン・ブライアントがディア氏に、GMCの審理の期間中のことについて尋ねた。
以下が両者の会話である。

ジェーン・ブライアント:ブライアン、毎日毎日審理に出席していた間、賃金を支払っていたのは誰ですか?

ブライアン・ディア:サンデー・タイムズ紙と4チャンネルです。

ジェーン・ブライアント:毎日の分を全部支払っていたのですか?

ブライアン・ディア:まあ、ご存知のように私の収入は必ずしも・・・

ジェーン・ブライアント:私は正当な質問をしているのです。どのくらいの賃金を得ていますか?

ブライアン・ディア:では、あなたに賃金を支払っているのは誰ですか?

ジェーン・ブライアント:誰も支払っていません。

ブライアン・ディア:誰も?

ジェーン・ブライアント:私はまったくの無償でサービスを提供しています。

ブライアン・ディア、困惑して:それはまた、なんとも・・・

ジェーン・ブライアント:あなたはサンデー・タイムズ紙からいくら給料をもらっているのですか?

ブライアン・ディア:個人的な収入のことは、あまり話したくありません。

ジェーン・ブライアント:収入のことを話す気はないのですね?

ブライアン・ディア:誰が私に賃金を支払っているか言ったでしょう!製薬企業から賃金をもらったことは一切ないと言ったでしょう!製薬企業とは何のつながりも一切ありませんよ!

ジェーン・ブライアント:私は製薬企業のことは尋ねていません。私が尋ねているのは、給料はいくらなのか、です。

ブライアン・ディア、叫びながら:どこかのピエロが、どこかのピエロがインターネットで・・・

4チャンネルもサンデー・タイムズ紙も、ディア氏がGMCの審理に160日間出席した間の賃金を支払っていないことを確認した。では誰が?

アンダーソン・クーパーがブライアン・ディアを紹介したときの模様は、以下のようであった。

ロンドン・サンデー・タイムズ紙の調査ジャーナリスト、ブライアン・ディア氏です。
CNNとアンダーソン・クーパー360はよくやりました。ディア氏が実は誰なのか、これからご紹介しましょう。

ブライアン・ディアがアンドリュー・ウェイクフィールドの調査を開始したとき、彼は製薬業界の隠れみの団体の支援を受けていた
アンダーソン・クーパー360では、次のような会話があった。

クーパー:ところで彼[ブライアン・ディア]は実は、これとの経済的な利害関係は一切ない、あるいはこれと利害関係がある人との経済的つながりは一切ないことを保証した文書に署名しているのです。

ウェイクフィールド:それはまた面白いことをおっしゃいますね。というのも、彼は調査に際して英国製薬業協会の支援を受けていました。英国製薬業協会は製薬業界から直接に、製薬業界のみから資金提供を受けています。ですから・・・

クーパー:彼によると資金提供を受けていないと・・・過去3年間にわたり、これと利害関係のあるどのような関係者からも資金提供は受けていないそうです。

アンダーソン・クーパー、「過去3年間」というのは正確なことですね?ディアがアンドリュー・ウェイクフィールドに関する記事を最初に発表したのは7年前ですから、なぜ、過去3年ではなくて過去7年のことをディアに尋ねなかったのですか?ディアに、「私は先月誰も殺していません」といった文書に署名させることだってできますよ、ばかげている!
アンドリュー・ウェイクフィールドが言ったとおり、ディアが当初、アンドリューの調査のための資金を英国製薬業協会の隠れみの団体から受けていたのは事実である。信頼できる筋によると以下のとおりである。

「ディアは、英国製薬業協会が所有し、支配している会社、Medico-Legal Investigations(MLI)から無償の支援を受けていました。私はその証拠書類も持っています。MLIは英国医事委員会に医師を提訴させることを専門にしています。そしてあの医師が提訴され、その後、2004年2月のサンデー・タイムズ紙で彼が発表したというわけです。

彼のごく最近話題になった記事は、ウェイクフィールドを黙らせる理由を数多く持っている英国医師会から資金提供を受けていた
アンダーソン・クーパーは、CNNでアンドリュー・ウェイクフィールドを厳しく追及する中で次のように述べている。

クーパー:しかしこれは、単に一人だけのことではありません。これは・・・これは英国医師会誌に発表されたのです。

誰もが知っているように、英国医師会誌(BMJ)に掲載されたディアの記事はアメリカのメディアに非常に深刻に受け止められた。しかし、BMJがどのような性質のものか、いったい何人の記者が知っているだろうか?BMJ自体のホームページから次のようなことが分かるまでに時間はかからなかった。

-BMJは、医薬品や非医薬品の広告を掲載することで広告収入を得ている。

-BMJグループ[英国医師会誌の出版元]は、英国医師会の完全所有子会社である。

英国医師会とは何か?英国医師会のホームページによると、

「医師と医学生のための独立した労働組合・専門職団体で、会員は世界中で14万人を上回る。」

(CNNとアンダーソン・クーパーはよく分かっていないのが明らかなため)分かりやすい英語で説明しよう。

英国医師会誌はその資金の大半を、製薬企業に販売する広告から得ている。さらにBMJは、英国の医師全員を代表する労働組合である英国医師会(BMA)に100%所有されている。英国は社会診療(医療の国家管理)となっており、この点では米国とまったく異なる。医師は全員BMAに所属し、BMAは英国政府との給与交渉を含め、医師らの業務のあらゆる側面で医師の利益を代表している。

BMAは、医師を代表する非常に強力な労働組合である。自閉症の原因がワクチンということになれば、BMA会員にとって非常に困ったことになる。
そこで、BMAはブライアン・ディアに金を払い、自分たちの業界誌に記事を書かせた。

アンダーソン・クーパーは、「彼[ブライアン・ディア]によると資金提供を受けていないと・・・過去3年間にわたり、これと利害関係のあるどのような関係者からも資金提供は受けていないそうです」と報告している。しかし、英国医師会に100%所有されている英国医師会誌は、(話題になったごく最近の)記事を書くようにとブライアン・ディアに報酬を支払っている。ブライアン・ディアは次のように述べている。

ディア:私はあの記事を書くよう英国医師会誌から依頼されました。それがジャーナリストの仕事ですから。

よく言うよ!

GMCにアンドリュー・ウェイクフィールドを提訴したのはディアである-本末転倒もはなはだしい!
前記で私は、ディアが当初、Medico-Legal Investigationsと呼ばれる英国製薬業協会の隠れみの団体の支援を受けていたと述べた。消息筋によるとこの団体は「英国医事委員会に医師を提訴させることを専門にしている」。

もう一度、消息筋によると、

「ディアによる2004年2月25日のGMCへの最初の告訴状の時期は、ディアがウェイクフィールドを非難する2004年2月22日のサンデー・タイムズ紙に発表してから間もなかったことが分かります。ディアはあの記事を書く前に、医師をGMCに起訴させることが専門の英国製薬業協会の隠れみの団体、Medico-Legal Investigations Limitedに相談し、無償の助言と支援を受けていました。」

よく知らない人のためにご説明すると、英国医事委員会は全医師に対する英国の医師免許登録委員会である。開業する能力を付与すると共に、医師免許を剥奪することもできる。

「ディアは一人で活動していたのでもありません。ディアは、英国国会議員でグラクソウェルカムのフェローであり、英国医師会の現役会員でもあるエヴァン・ハリス博士と協力して活動しており、ハリスは早い段階からディアと共にランセット誌の事務所に行っていました。後にランセット誌の主筆、ホートン博士が自著『MMRの科学とフィクション:ワクチン危機を探る』にこれらの出来事を記録しています。これはハリスが議会で間接的に確認していますし、後にも、英国ロンドンでのウェイクフィールドに対するGMCの審理にハリスがディアと共に出席したことからも確認できます。」

この騒ぎ全体を追跡しており、私と同じように考えているとしたら、ここが「ああ、そういうことか、読めたぞ!」と思うポイントである。

すべてをほんの少しだけ醜悪にするために加えると、AoA(ウェブサイト、Age of Autism[自閉症の時代])の編集者、ジョン・ストーンはエヴァン・ハリスについて次のように話している。

「2004年3月の英国下院でのMMRについての論争で主張した議員、エヴァン・ハリスは、父親フランクが最近退任した小児科教授であるが、1992年9月のUrabe株を含むMMRワクチンの回収に至った期間である1990~1992年には、フランクが医薬品安全性委員会の委員(名士録に委員任命が掲載されている)ではなかったことを明らかにしています。」

この場合も分かりやすい英語で説明すると、

エヴァン・ハリスは1997年から2010年まで英国議会議員(米国の連邦議会議員に相当)であった(ごく最近の選挙で落選している)。彼はオックスフォード大学医学部を卒業した医師でもある(医師から政治家に転身したビル・フリストに似ている)。彼の父は医師で医学部教授でもあり、欠陥MMRワクチンの回収騒ぎの期間中、英国医薬品安全性委員会の委員であった。エヴァン・ハリスは議会での演説で次のように述べている。

「MMRの安全性に関するエビデンスと科学的コンセンサスは圧倒的なものです。MMRには重要な安全性問題が認められないとした優れた研究が数多くあります・・・」

今となってみれば、すべてつじつまが合う。

MMRと自閉症の真実(2)

ランセット論文自閉症児12人の親たちと臨床記録の嘘1998年ランセット誌論文の12症例の親のうち一人としてアンドリュー・ウェイクフィールドとの間に問題がある親はいない。彼が勤務していたロイヤル・フリー・ホスピタルの誰も、アンドリュー・ウェイクフィールドとの間に問題はない。ウェイクフィールドの論文を掲載したランセット誌も、彼の研究に対して問題を提起してはいない。

「ディアの種々の違法行為のすべてが、国のひそかな支援を受けて起きたような社会に私たちが住んでいることも、忘れてはいけないと思います。」

以下は、ランセット誌論文の12人の子どもの親が住んでいる地区の一国会議員へのブライアン・ディアからの電子メールである。

「私が出会ったランセット誌論文の12人の子どもの親について言えば、彼女はいらいらするほど執念深く、自閉症の原因がMMRワクチンであることを示す証拠があるという間違った主張をしているアンドリュー・ウェイクフィールド医師に代わって、何かをたくらみ続けていることは明らかです。彼女の動機は、感情的な慰めと実質的な経済上の利益の両方であるように私には見えます。私の見解では、ランセット論文のあの親は、根拠もなくMMRに対する恐怖感をあおってきた最近数年の自分の行動に関して、自身の良心と向かい合う必要があります。」
-ブライアン・ディアの電子メール、2006年10月23日

とんでもない悪党だ

アンダーソン・クーパーが米国人に断言したにもかかわらず、ブライアン・ディアはランセット誌論文の12人の親をインタビューしていない。

以下は、アンダーソン・クーパーがアンドリュー・ウェイクフィールドに言った内容である。

クーパー:ブライアン・ディアは、患者と話しました、あなたの当初の研究にあった患者の親たちと話しました。それで彼は、あなたが調査したと主張する12症例の中で、彼の言葉を引用すると、「不実表示または改ざん」されていなかったものは1例もないことを発見しました。12症例の医療記録の中で、ジャーナルに発表された記述、診断あるいは病歴と完全に首尾一貫するものは1例もなかったそうです。あなたの当初の研究の親たちの一部は、自分の子どもの病歴についてあなたが主張したことは間違っていると言っています。この親たちは今になって嘘をついているのですか?

つまり、アンダーソン・クーパーがこの事例について話し合った最初の夜(先週の水曜日)、彼はブライアン・ディアがランセット誌の12人の親全員と話したことをほのめかしている(ブライアン・ディアを怖がり、彼は狂っていると考えているあの親である)。この事例についてアンダーソンが話し合った2夜目にはブライアン・ディアが出演した。以下は、そのとき彼が話した内容である。

クーパー:12症例の親たちの誰かと話しましたか?

ディア[しっかり目を閉じたままで]:12症例のうち、1家族、2家族、3家族に直接インタビューしました。ほかには・・・2家族を私の代わりに別のジャーナリストがインタビューしました。ですから12のうち5家族になります。ああ、いや、実際にはほかにも私がインタビュー・・・会話を交わした家族がいますので、かなり多くの数に・・・

これはまた結構な答えだ、ブライアン・ディア。あなたは親たち全員と話したと、アンダーソン・クーパーに24時間前に言ったばかりである。目をしっかり閉じていたのは、数を数えて答えを出さなければならなかったから?

私に分かっているのは次のことである。私が知っている親たちの中で、自分の子どもの病歴についてブライアン・ディアと話したことがある親は一人もおらず、話した親がいることを想像できる親も一人もいない。

ランセット誌論文の12症例の中でまさに第1番目の親にブライアン・ディアが事実、インタビューした際、彼は自分を「ブライアン・ローレンス」と称し、児童番号第2番の親に自分の本当の身元を決して明かさなかったことも確認した。あなたは人をだまして自分と話をさせるために、いつも偽名を使っているのですか?どうなんでしょう。

以下は、ランセット誌論文の12人の親の一人が、ブライアン・ディアによる不実表示の事実を彼に突きつけるために送信した電子メールである。

送信者:ランセット誌論文の12人の親
送信日:2010年4月16日
宛先:@briandeer.com
件名:[私の子ども]

「ブライアン、

あなたはなぜ[子どもの名前]が腸疾患ではないと言うのですか? あなたは医者ではないし、腸疾患についての専門知識も持っていません。ウェイクフィールド医師、サイモン・マーチ教授、ウォーカー・スミス教授は医者で、専門知識も持っています。

あなたが私をインタビューしたことは一度もなく、[子ども]の状態について、あなたは何も知りません。

あなたは[子どもの]健康を危険にさらしているのですから、どうかもう止めてください。」

ランセット誌論文の12人の親以下は、(腸疾患ではないとディアが主張する)子どもの腸疾患について、ランセット誌論文の12人の親の一人が送信した私用の電子メールである。

「私によく分かっていることは、[子どもの]体が今になっても、どんな食べ物も受け付けないことです。ステロイドが影響しているのかどうか様子を見たいと医者は言い、味付けしていないゆでジャガイモを少量だけ試してみるように言いました。数分も経たないうちに吐いてしまい、それだけでなくひどく気分が悪く、夜も痛くてほとんど眠れず泣いています。何もしてあげられない私を叩いて怒ります。子どもが話すことができ、どこが痛いのか言えたなら、子どもの痛みが分かって胸の張り裂けるような思いになるのでしょうが、子どもは話すことができません。ちゃんと食べていた頃から、今ではもう1年になります。」

日本で、アンドリューウェークフィールド博士を批判している沢山のサイト
児童精神科医、医師、自閉症専門家、自閉症の親たち、これを読んでどう思われますか?

プロパガンダの記事を真に受けて自分のサイトに書いたことについて・・・

1月6日の英国医師会誌で発表されたジャーナリスト、ブライアン・ディアの最新の記事の中心にあるのは、ウェイクフィールド医師が、「新たな症候群を特定したという自分の主張を裏付けるために、患者の病歴に関する数多くの事実を改ざんした」という主張です。

ディアとBMJが指摘できなかった点は、英国ロンドンのロイヤル・フリー・ホスピタルの、ウェイクフィールドのほかに12人の他の専門医によるチームの研究だったのですから、ウェイクフィールド一人で結果を出したのではないということのみならず、ウェイクフィールドにせよ誰にせよ、子どもたちの過去の臨床記録を改ざんするのは不可能だということです。なぜなら、臨床記録を持っている者はロイヤル・フリー・ホスピタルには誰もいないし、臨床記録を保有することは通常の慣行ではないからです。ですから、病歴を改ざんするような不正行為が生じるはずもありません。そんなことは不可能だからです。

ディアの記事は、以下の2つの事項の間に食い違いがあるという自分の主張に重点が置かれています。

ロイヤル・フリー・ホスピタルで書かれた臨床病歴
国民健康保険医/一般開業医、および様々な家庭医その他の小児医療従事者(例:巡回保健婦)により数年間にわたって書かれた当該小児患者のその他の記録
 ディアとBMJは、以下の点を明らかにしていません。

過去の病歴がロイヤル・フリーのチームに提供されないのは一般的で通常の慣行であること
病歴を新たに書くのは通常の慣行であり、ロイヤル・フリーのチームに提供されるのは、過去の関連臨床歴を記載した、患者の家庭医からの紹介状のみであること
子どもの病歴は、親による説明を基に書かれること
親は病歴を説明する際、国民健康保険医による記録やその他の小児記録・医療メモの前に開業医が記入していることがある内容[おそらくより重要なことは記入していない場合]を親は知らないのが普通であること
[数多くの個人が数年間にわたって作成していることがある]これらの記録やメモは信頼できない場合があり、したがって新たに臨床歴を作成する必要があること
ロイヤル・フリーでは、当該分野の専門医が、一般開業医その他による過去の診断に依拠することなく(その理由は明らか)、新たに、かつ独自に診断を下したこと
さらに、ロイヤル・フリーの臨床歴はウェイクフィールドが作成したのではなく、当時、世界有数の胃腸病専門医であったジョン・ウォーカー・スミス教授が作成しました。スミス教授も起訴され、英国医事委員会(GMC)により有罪と判示され、英国高等法院に上訴しています。

これらすべての経緯で何よりもまず、GMC[被告の有利になるように証拠が提示される法廷と考えてよい]の審理でGMCの検察官に呼び出された親はいないため、親には、ディア氏の主張に答える機会はなく、彼の言うことに異議を申し立てたり、都合のいい内容だけを選んだような彼の主張に対して適切かつ十分な調査が行われたのか、また、厳しい追及・独立した調査の対象とすべき現在行われている主張に対して異議を申し立てる機会は一切ありませんでした。

さらに、ウェイクフィールド医師に対するGMCの裁判での証人の一人は、ウェイクフィールド医師の論文の基盤となった病理組織学的所見の妥当性を確認した書面を英国医師会誌(BMJ)に送り、サンデー・タイムズ紙のジャーナリスト、ブライアン・ディアが証拠をいかに誤って伝えたかを明らかにしています。彼女、ケンブリッジ大学アデンブルックス病院・コンサルタント組織病理医のスーザン・E・デーヴィス医師は、ブライアン・ディアによるBMJの記事に関して、BMJで以下のように述べています。

病理組織学的所見に関して事実が一部誤って伝えられ、研究過程に対する理解が不足している上に、次のような重要な所見もあった。「陰窩膿瘍形成を伴う盲腸の活動性炎症を、小児に通常のものと臨床胃腸病専門医がみなした可能性があるが、これは病理医が記録しておくべき重要な所見である。」「病理組織学的所見を評価する際の注意(Caution in assessing histopathological opinions.)」BMJ迅速対応、2010年4月30日。

これらの誤りの中にあるもう一つの重要な欠陥は、もしあの論文が欺瞞だというなら、今になって所見が米政府や主流医学に受け入れられているのはなぜか、という点です。

それをどこよりも明らかにしているのが、英国メディアのみに配信される1月5日付け全米自閉症協会(NAA)のニュースリリースです[その全文と全参考資料を「MMRと自閉症の真実(3)」に掲載しています]。

要するに、NAAが英国向けニュースリリースで述べているのは、1998年のランセット誌論文の結果が捏造であるというなら、ウェイクフィールド医師の研究の正しさがなぜ今になって証明されたのか、ということである。

米政府の保健当局者は、(MMRワクチンだけではない)ワクチンが自閉症様症状の原因であることを認めている。
米連邦裁判所は、ワクチンが原因で自閉症様症状が生じた子どもたちに多額の賠償金を支払うよう命令した。
主流の大手医学誌に独立して発表された論文は、1998年にウェイクフィールド医師が発見したのとまったく同様に、自閉症児は重篤な腸疾患に罹患しているが、自閉症児でない小児に腸疾患は認められないことを確認している。

以下のリンクもお読みください

MMRと自閉症の真実(3)
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem03.html

MMRと自閉症の真実(4)
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem04.html

MMRと自閉症の真実(5)
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem05.html

MMRと自閉症の真実(6)
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem06.html

MMRと自閉症の真実(7)
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem07.html

MMRと自閉症の真実(8)
http://www.tomorrowkids-service.com/autism/uk_mmr_problem08.html

【結論として】

以上みてきましたように、ワクチンの水銀が微量であるから安全ということも、ワクチンに含まれるチメロサールはエチル水銀だから安全ということも、デンマークでチメロサールの水銀と自閉症の関係した研究も、MMRが自閉症の原因だと突き止めランセットに掲載された研究が後になって欠陥研究ととりさげられた件も、『予防接種は「効く」のか?』に書かれている内容の方がデタラメということがわかります。自分の次の世代につながる子ども達の健康にも重大な影響を与える「ワクチンに含まれる水銀」について、このように大掛かりな嘘が書かれていることは大変ゆゆしき問題であり、事実を公表していくことが、多くの健康と命を救うことにつながると思います。

【以下は参考文献・参考資料です】

Image_pa015a

▼『予防接種トンデモ論』(ホメオパシー出版)
予防接種の真実を知るためにはもっともお勧めの書です。

http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PA015A

▼『発達障害へのホメオパシー的アプローチ』(ホメオパシー出版)
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PA016A

▼『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか』(ホメオパシー出版)
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PA019A

▼『予防接種は果たして有効か』(ホメオパシー出版)
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PC003A

【その他 参考リンク】

自閉症の原因がワクチンであることを示す多数の論文

先にも引用させていただきました自閉症・発達障害 障がい児のための窓口TKサービスサイトには、チメロサール以外のファクターも含めて、自閉症の原因がワクチンであることを示す多数の論文が紹介されています。

▼自閉症児の異常な、はしか、おたふく、風疹の抗体(MMR)と中枢神経と自己免疫
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12145534

▼はしかウイルスの血清学的関連性とヒトヘルペスー6 自閉症の脳自己抗体
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/9756729

▼ヒブワクチンなど共役ワクチンが自閉症の素因となることがあります。
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21993250

▼ジフテリア、破傷風、百日咳のワクチン(DTP)が及ぼす子供たちのアレルギーや喘息の相関
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/10714532

▼百日咳ワクチンの神経学的合併症
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2025848/

▼1997年~2002年までの男子新生児のB型肝炎ワクチンと自閉症の相関
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21058170

▼ワクチンのアルミアジュバンドは。自閉症の発症率に関与している
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22099159

▼水酸化アルミニウムの注入は、神経変性に関与する
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2819810/%3Ftool%3Dpubmed

▼アルミニウムのワクチンアジュバンドは安全ではない
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21568886

▼ワクチンに関連した低用量チメロサールの実験的神経毒性の研究
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21350943

▼小児予防接種とフォローアップ分析 チメロサールと発達障害
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15764492

▼チメロサールが新生児に永続的変化を引き起こすラット脳におけるuオピオイド受容体
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20803069

▼ラットの生後初期チメロサールの投与と永続的行動の障害と脳のドーパミンの変化
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/21549155

▼母体チメロサール曝露の結果、性別と歪み依存性の悪化異常な小脳の酸化、ストレス、甲状腺ホルモンの代謝、および仔ラットの運動
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22015705

▼乳児ラットにチメロサールの投与は、前頭前野におけるグルタミン酸とアスパラギン酸のオーバーフローを向上させます。
http://translate.google.com/translate?hl=ja&langpair=en%7Cja&rurl=translate.google.co.jp&u=http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22015977

▼妊娠中のインフルエンザワクチン 英語原文
http://www.jpands.org/vol11no2/ayoub.pdf

最後に、自然、健康、遺伝子組換作物の危険性などを世界に発信しているナチュラルニュース社が、9月11日、世界の数10万人の購読者に配信したワクチンの真実について述べた記事からの要約です。由井会長が『予防接種トンデモ論』で書いていた内容は、今さらながらトンデモでなく、事実であることを裏付けてくれる内容です。詳しくは英語原文から確認ください。

抄訳「米感染症予防局(CDC)とワクチン産業が知られたくない10の事実」
by Natural News社(米国)

▼10 outrageous (but true) facts about vaccines the CDC and the vaccine industry don't want you to know

http://www.naturalnews.com/042012_vaccine_facts_vaccine-damaged_children_CDC.html(英文サイト)

(以下抄訳)

①水銀は未だにワクチンに使われており、CDCは公にそれを認めている。
人間の子供に注射するための水銀の安全基準というものがあろうはずがない。
「痕跡程度」の使用ですらNG、リスクがある。過去になされたいかなるものであっても、水銀の安全性に関するエビデンス(証拠)など全く存在しないのである。

子供に注射するワクチンに含まれる水銀のレベルが「安全だ」などという医者は、科学的事実に関する甚だしい無知をさらけ出しているだけである。

②どんな物質にしろ。人間の身体に注射すれば、桁違いに強力な毒性を及ぼす可能性がある。なぜならその物質は消化管や呼吸系の防御(免疫系)を迂回することになるからである。いかなる投与量でも水銀を人体に注入すれば、世界的に、犯罪行為として避難されることになるだろう。それが現状、医療界においては認められた行為とみなされているということは、現代医療の真に破壊的な性質を宣告することでしかない。

③数十年にわたって、数千万人の人々に注射されたポリオワクチンには、癌ウィルス(SV40)などが密かに含有されていた。これはHillemanという名のMerck(メルク)社のトップワクチン科学者が公式に認めるところである。CDCは最近、そのホームページ「Revisonist History(校正者の歴史)」の中に書かれていたこの事実を削除した。
9800万人ものアメリカ人がポリオワクチンに含まれる隠れた癌ウィルスに晒されたことになる。

④Merck社のトップウィルス学者がその不法行為を暴露して、同社が、効力のないおたふく風邪のワクチンに関して政府との契約をとり続けるために、有効性95%を示す検査結果データをでっち上げていたことを公表した。

⑤最近、流行病が発生するたびに、その流行病に罹った子供たちの多くが既にそのウィルスのワクチンを接種していたことはお聞き及びのことと思います。例えば、百日咳が流行したとき、その子供たちは既に百日咳のワクチンを受けていました。 これは、ワクチンが免疫を付与していない証拠です。

⑥Suzanne Humphries博士のパワフルな新書「幻想の払拭」という本の中には、ポリオやその他の病気に対するワクチンの成功の歴史がでっち上げであったことが詳細にわたって議論され暴露されている。

⑦ワクチン業界はワクチン接種した子供と接種していない子供健康に関する科学的な比較調査を行うことを拒否している。これはなぜか?それは、そうした科学的調査をすれば、ワクチン接種していない子供の方が明らかに健康で、賢く、幸せな状態で あることが明らかになるからである。これは、行動障害、アレルギー、自己免疫 疾患に関してみれば明らかである。最もワクチンを多く打たれた子供はいつも病気だというのはよく見かけることである。ワクチンを拒否しているアーミッシュのグループ の人たちの子供に全く自閉症が見られないことでもわかる。

⑧米連邦最高裁判所は、秘密の「ワクチン裁判」が連邦最高裁判所よりも強力であることを既に宣言している。いわゆる「ワクチン裁判」はいかなる法や条例を超えて作用する絶大な権限を与えられているのである。

裁判そのものが法の侵害であり、人権の侵害である。

⑨主なメディアは、まさにそうしたワクチン販売をしている製薬会社から多額の収入を得ているのである。金融上の影響によってメディアは、広告収入を失うのを恐れて、ワクチンが子供たちに害を与えていることを公開している告発を載せることを拒否しているのである。

⑩CDCは公式にワクチンが神経毒性のある化学物質として知られている添加物(アジュバント)を含むことを認めた。その添加物が含有しているものは、
・水銀(まだ保存剤として使われている)
・アルミニウム(炎症性アジュバントとして使われている)
・ホルムアルデヒド(生ワクチンを不活性化するために使われている)
・MSG(グルタミン酸ナトリウム)(免疫システム炎症を引き起こすために使われている)

これらは注射されると、全て人体にとって生物学的に毒性がある。

上記の添加物はすべて、いまだにCDCのウェブサイトにワクチン添加物として挙げられている。乳幼児に水銀、ホルムアルデヒド、MSG(グルタミン酸ナトリウム)、アルミニウムを注射することが、まだ「安全」であると思うなどと言うことのできる、医者や科学者は、理性的であるとは程遠い。

子供達に予防接種を打つ医者たちは欺かれている。彼らは予防接種が免疫を与えるという詐欺的なことを行って、医療による殺りくをしているのである。覚えておいてほしいことは予防接種と免疫をあげることはイコールではないということである。

現在、子宮頸がん予防ワクチン被害の問題が日本でも大きな社会問題となっています。この予防接種の真実については、12月7日(土)、8日(日)、JPHMA設立15周年を記念して開催される第14回JPHMAコングレスでも、テーマとして取り上げる予定です。

『予防接種トンデモ論』の由井会長が両日発表を行う他、JPHMA会員からはワクチンやクスリの副作用や医原病に対するホメオパシーでの治癒症例も例年と同じく発表される予定です。

また、今年はキューバからの来賓として、グスタボ・ブラチョ博士を招いて、予防接種によらず、物質的副作用のないホメオパシーを使って、大規模な感染症予防に成功した事例を発表いただく予定です。

精神薬やワクチンの薬害の問題にも取り組み、日本で初めて断薬専門のクリニックを解説した内海聡医師も来賓として招き講演いただきます。

予防接種という国民の健康、とりわけ次の世代の子ども達の健康に大きな影響を及ぼすこの問題に関心のある方、真実を知りたい方はぜひ集まりください。

第14回JPHMAコングレス(2013年12月7日、8日開催)

▼特設サイトリンク
http://jphma.org/congress2013/

Head_512

Ph_concept_512

▼大会長挨拶
http://jphma.org/congress2013/cat3/

JPHMA『ホメオパシー新聞』 関連記事

2013年10月15日 (火)
▼『予防接種トンデモ論』や『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちます か?』など由井会長の著書を名指しで批判している書籍が出版されています。ここではそのような批判が正当なものかどうかを検証したいと思います。(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

http://news.jphma.org/2013/10/post-dfef.html

2013年10月17日 (木)
▼ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」の嘘(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

http://news.jphma.org/2013/10/jphma-e509-1.html

2013年10月16日 (水)
▼子宮頸がん予防ワクチン(現在、HPVワクチン)には安全性について様々な問題が明 らかになっています。(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

http://news.jphma.org/2013/10/hpvjphma-1f6b.html

2013年10月16日 (水)
▼子宮頸がん予防ワクチンその後 被害者へのホメオパシー健康相談も始まる (JPHMA版『ホメオパシー新聞』)
子宮頸がん予防ワクチン これ だけ被害が広がってもなぜ接種中止にしないのか

http://news.jphma.org/2013/10/jphma-622f.html

2013年5月 5日 (日)
▼子宮頸がん予防ワクチン被害の問題

http://news.jphma.org/2013/05/post-ab06.html

2013年5月 5日 (日)
▼予防接種と人権  副反応の責任は誰がとるのか 情報開示とインフォームドコンセントの必要性

http://news.jphma.org/2013/05/post-3b1d.html

2013年2月 3日 (日)
▼ワクチンの重大な副反応(※副作用)の可能性、ご存知でしょうか!

http://news.jphma.org/2013/02/post-4a89.html

2012年4月10日 (火)
▼『新型インフルエンザ対策特別措置法案』に対する日本ホメオパシー医学協会の見解

http://news.jphma.org/2012/04/post-9fad.html

JPHMAホームページより
▼命がけの予防接種 by  ロバート・ケネディー・ジュニア

http://jphma.org/topics/topics_47_Kennedy_Report.html

2013年10月18日 (金)

由井会長がインド国立ホメオパシー中央評議会にて特別講演、終了後、インド政府から「ZEN(禅)メソッド」でのホメオパシー医学発展への貢献などの由井会長の功績対し表彰が送られました。

ニューデリーでJPHMA認定校カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)の2013年インドスクーリング がスタートしました! 

JPHMA日印ホメオパシー国際カンファレンスに先立つ10月17日には、日本から参加した60名の会員が、ニューデリーにあるホメオパシーの大学教育や総合病院を見学。ホメオパシーが第一医学のインドの現状に多いに触発されました。その後ホメオパシーの政府部門CCHとCCRHを訪問。そこで、由井会長が、発達障害治癒のケースを映像で見せながら「日本のホメオパシー ホメオパシーZEN(禅)メソッド」について記念講演を行いました。講演後、インド政府側からは、難病にも高い治癒率を示すホメオパシー治療法「ZEN(禅)メソッド」を確立し世界のホメオパシー医学における貢献や、20年前までほとんどホメオパシーが知られていなかった日本でのホメオパシーへの普及・発展に大きく貢献してきた由井会長の功績に対し、当日特別に表彰が送られました。このようにホメオパシーが第一医学であり、大都市の調査では既に半数の人口がホメオパシーを使っているインドの政府とJPHMAが、このように学術交流をもてたことは、日印、アジア、世界のホメオパシーの発展へ大変意味ある交流となりました。翌日からはいよいよ10月18日、19日、20日の3日間にわたってJPHMAとインドのホメオパシー団体がジョイントで開催する、日印ホメオパシー国際カンファレンスが、「国境なきホメオパシー ~日本とインドがホメオパシーで手をつなぐ~」をテーマにスタートします。

▼日印ホメオパシー国際カンファレンス特設サイト

http://jointconference2013.org/

▼CHhomインドスクーリングサイト

http://www.homoeopathy.ac/12whatsnew/2013_chhom.php

Head11_512

昨年にはホメオパシー医学の創始者ハーネマンを生んだドイツでJPHMA日独ホメオパシー国際カンファレンスを行いましたが、今回は、JPHMAとして、ホメオパシーが国の第一医学にもなっている世界最大のホメオパシー大国インドでのジョイント国際ホメオパシーカンファレンスとなります。このイベントは日印の友好の面でも、ホメオパシー学術交流の面でもとても重要な意味を持ちます。本日からの国際カンファレンスの模様も、JPHMAホメオパシー新聞でも速報していきます。

Dsc06777_512_3

CHhomインドスクーリング参加者からの電話での速報では、午後はインド政府のホメオパシー推進の組織、ホメオパシー中央評議会(CCH)、ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)を相次いで訪問、両機関の代表の発表に続き、日本側を代表して、とらこ先生がインド政府関係者向けに日本のホメオパシー、そしてZENメソッドで発達障害など難病の改善ケースについて映像を含め発表し、インド政府の皆さまの心に響く感動的な発表になりました。

Dsc06718_512_3

インド側から参加の方から由井会長発表後、以下の感想をいただきました。 

(いただいた感想)

The presentation by Dr. Torako Yui was in formative and enlightening about the status of Homoeopathy in Japan. At such a short time she has packed a lot of information. The Yeomen service she has done and in doing for Homoeopathy is brightly commendable. The case histories were very interesting. It is hoped the visit of the delegation she heads
would have found their exposure of CCRH & CCH informative and useful. But learning this system in India requires rigorous study, training and passing of exams. You Japanese people, are known to be very hard working, persevering and industrious. Hope all such collaborations and co-operations useful, productive and alleviating the sufferings of fellow human beings. Wishing you all the best in your ventures in learning and practicing of Homoeopathy.

Dsc07063_512_2

(日本語訳 RAH 英国本校スタッフ)
由井寅子博士による発表は、日本のホメオパシー状況において、多くの情報があり、啓発されるものでした。このような短い発表時間の中で、彼女は多くの情報 を詰め込んでくれました。彼女が行なったホメオパシーに対する前駆的な偉業は、素晴らしく称賛に値します。彼女のケースは、大変興味深いものでし た。彼女が率いる日本の参加者達にとって、CCRHとCCHに触れる事が良い情報源であり、有益であった事を願います。インドでのシステムは厳格 な学習、訓練、試験合格を要求されます。皆様、日本人の方々は、大変よく働き、根気強く、勤勉であることで知られております。このようなコラボ レーションと協力が有益で、生産的であり、人類の苦しみを和らげる事を願います。ホメオパシーの教育と実践における貴女のこれからの御活動にご多幸をお祈りします。

(和訳引用終わり)

それでは、日本ホメオパシー東京本部ホメオパスで、JPHMA認定ホメオパスとして健康相談を行っている菊田雄介さんのレポートから、昨日10月17日の報告を紹介したいと思います。、加えて、映像・撮影チームから送っていただいた写真も紹介させていtだきます。

CHhomインドスクーリングレポート       菊田雄介

ホテルを出るとインドの街は活気と熱気にあふれています。人々からは人間の本来あるべき自己治癒力のようなものを感じます。

Dsc06713_512_2

Dsc06655_512

すでに200年の歴史と、さすがガンジーが建国の父、ホメオパシーを推奨し、ホメオパシーが国の第一医学として現代に脈々と繋がっている国です。

インド国内には30万のホメオパスと5,000のホメオパシック・ファーマシーがあるまさにホメオパシー大国でありホメオパスにとっては素晴らしい環境に恵まれた国です。

Dsc06663_512_2

本日はまずはサー・ホメオパシー医学カレッジ病院、リサーチセンターSur Homeopathic Medical College, Hospital and Research Centre(SHMC & H)の見学を行いました。

 

Dsc06508_512_2

これはインドのホメオパシーの分野で一流で評判の高いカレッジの一つです。入院患者用に50棟ある施設のうちの一部を本日は見学させていただきました。

Dsc06529_512_2

病院の学長Dr.V.K.Chauhanからは由井学長に花束が贈呈し館内の関係者の方々総出で私たちを歓迎して迎えてくれました。

Dsc06564_512_2

まず施設についての概要を紹介していただきました。大学ではインターンシップを含み5年半、解剖生理病理やレメディーの知識を学び臨床経験を積みホメオパスとなるそうです。

Dsc06588_512_2

特に経済成長が著しいインドでは生活習慣病が増えていて糖尿病や高血圧などをホメオパシーでケアしているそうです。

Dsc06537_512

館内施設の見学では、実験室やX線室、ウルトラサウンド施設、レメディーの調合室、相談室、検査室、図書室をまわり、また、外来患者が診察を受けている様子や実際の講義の様子など貴重な場面に立ち会うこともできました。

Dsc06641_512_3

Dsc06649_512

次に訪れたのは、ホメオパシー中央評議会(A Central Council of Homoeopathy)AYUSH保険家族福祉省。インド政府機関です。

Dsc07113_512_3

ここは1973年インド政府によって設立され、インド高等教育をモニターする為に設立された大学授与委員会専門評議会に属しています。

Dsc07025_512_2

この評議会は、インドにおける全てのホメオパシー医学の資格を規定し承認します。ホメオパシー医学の資格授与を望む大学や医学機関は、この評議会に申請することが求められます。

評議会は、定款とホメオパシー登録名簿維持に責任を持ち、インドの全てのホメオパシー医学の大学と医学機関理事は、学習コースと試験に関する全ての情報を供給することが求められています。

施設に由井学長が到着するやいなや特別室に案内され、この機関を代表するホメオパシードクター達との挨拶が交わされ、その後、CCHとCCRHの講堂にてCCH、CCRHのそれぞれの代表者からインドのホメオパシーの情勢や日本との協力体制について発表がなされました。

Dsc07106_512_2

Dsc06856_512

Dsc06840_512_2

Dsc06855_512_3

由井学長はこれまで学長自身が尽力して来られた日本におけるホメオパシーの目覚ましい発展も報告し、そのひとつとして、日本でも、2010年には。ホメオパシーが、政府が規定する16の統合医療の療法の1つに入ったことが報道されたことなども紹介しました。また、日本での医原病や発達障害などの症例集や、JPHMAの東日本大震災における支援活動などについて発表しました。

Dsc06975_512_3

Dsc06922_512_3

Dsc07701_512_2

由井学長のホメオパシーにおける貢献はインドのホメオパシードクターたちにも高く評価されており、その功績を称えインドの政府機関であるCCHとCCRHから特別な証書が授与されました。

Dsc06882_512_2

Dsc06889_512_4

Dsc06999_512_2

Dsc07004_512_3

※CCRHより送られた証書に関して、インド側カンファレンス主催者、Bジェイングループの最高責任者、クルディープ・ジェイン氏よりメッセージをいただいております。
「インドの歴史において、インド政府より、この様な証書が送られたのは初めての事だと思います。参加者の方にも喜んで頂ける事と思います。」由井会長の実績がインド政府にも伝わりました。CCHもCCRHも、ホメオパシーを知らなかった日本にホメオパシーをもたらされた由井会長の功績が如何に大きな事だったかを讃えられています。

インドのホメオパス達が日本のホメオパシーの発展を非常に喜ばれており、今後もホメオパシーの繋がりが発展して行くことを確信した1日になりました。

Dsc07036_512_2

Dsc07062_512_2

(写真 上)はインド政府CCHでの歓迎のパーティーの様子

Dsc07200_512_3

Dsc07206_512

夜はウェルカムパーティーが行わインド料理だけでなくインターナショナルな食材が並ぶテーブルでインドの旅の始まりと明日から始まる3日間の日印カンファレンスを祝して乾杯をしました。

Dsc07263_512_2

【スクーリング初日の参加者アンケートから】

●インド古来の医師の考え方とホメオパシーが同じであることが、インドでのホメオパシー文化を繁栄したこと、そして政府によるホメオパシーの研究 機関が成立したこと。この二つは日本との大きな違いである。しかし、日本とインドでは伝統的な医療のアプローチが似ていることも忘れてはいけない ことを知りました。今回、日印ホメオパシー国際カンファレンス2013 in インドに参加したことで、日本におけるホメオパシーの普及に微力ながらも参加できる喜びを感じることができました。ホメオパシーが一人でも多くの方に届き ますように。

●インドのホメオパシーカレッジや評議会を見学するという貴重な機会を与えて下さり、ありがとうございました。カレッジで惜しみなく色々なところ を見学させていただき、インドのカレッジの科目の多さにはびっくりしました。勉強している学生さん達もすごく純粋で、楽しそうだったのが印象深 かったです。評議会については、何も知らなかったのですが、詳しく教えていただけたお陰 で、インドのホメオパシーがなぜこんなに根づいているのかがわかりました。カレッジでも評議会でも、あたたかく歓迎していただけて、嬉しかったで す。それとスタッフの皆様、慣れないインドで私たちのために、色々手配をして下さってありがとうございました。お弁当もとってもおいしかったで す。

●ホメオパシーカレッジ病院見学では、インドでのホメオパシー統合医療が本当にあって、一般の人に広く使われていことが、この目でたしかめること ができました。水準高い教育と、素晴らしい先生方、若くて明るい学生たちと触れ合うことができて、とても嬉しかったです。心があたたかくなりまし た。ホメオパシー中央評議会訪問では、インドの方々の努力と、バイタリティと、知性によって、ホメオパシーの法律を自らの手で作り、ホメオパシー を発展させてきたことを知り、感動しました。インドの方々には、本当に学ぶことがたくさんあると思いました。ありがとうございました。

●近年のナノサイエンスや脳科学では、ホメオパシーの理論に近づいていることを話していただき、自分自身が考えていたことと同じことを Dr. の方達がお話し、とても嬉しかったです。近年は、医療体系が伝統治療に関心を持ち、各国でさまざまな試みがみられていること、それにインド政府が 国家政策として積極的に関わっていることに、とても心強いものを感じました。これから私達もしっかりと治癒の記録を残し、EBMに基づいたホメオ パシーを進めていきたいと思いました。

●今日はホメオパシー先進国のインドの現状を聞くことが出来、大変刺激を受けました。歴史の長さもありますが、政府が認め、きちんと教育も行なっていて、30万人ものホメオパスが活躍しているというインド、本当にホメオパシーを勉強するものにとって、理想的な環境だと思います。日本はまだまだ、始まったばかりなので、これからホメオパシーを広げていくよう、私も自分の出来ることから、やっていきたいです。

●Dr. B. R. Sur Homoeopathic Medical College。学校と病院が一緒になっている大学病院を見学できて、ホメオパシー先進国のインドの実状を見る事が出来ました。各専門に分かれた診察室、 科目ごとの研究室を見学させていただき、ホメオパシーの適応の広さ、学問の深さを感じさせていただきました。また、一番印象に残ったのは、学んでいる学生たちの温かい雰囲気とキラキラした瞳でした。CCRH&CCH。インドでの歴史、制度を詳しく説明していただき、インドでのホメオパ シーが、どれだけ進んでいるのか、なぜ高い質を保っているのかがわかりました。あこがれていたインドのホメオパシーに触れることができて、大変光 栄で嬉しく思います。

●活気あふれる街並みと、スケジュールなどは予定通りには進まない様子に、インドに来たんだなぁと実感しながら過ごした初日でした。午前の大学病院では、教育システ ムの充実を目にして、大学として5年半も学ぶ内容を、4年の週末で学ぶことに、気がひきしまる思いがしました。午後の発表では、インドが国のもとでシステムがしっかりと出来ていること、教育や診療のサポートがされていることを知り、日本も少しずつ近づ いてゆけたらよいなと思いました。

●日本とインドでのホメオパシー療法の差(色々な面で)は、ある程度は予想していました。でも、本日 CCRH、CCH の方々からの発表を聞いて、改めてインドでのホメオパシー医療体系に驚かされました。いつか日本も政府が認め、国民の皆が選べる医療がある生活になる事を 願っています。サーホメオパシー医学カレッジ病院も見学しながら、インドの歴史あるホメオパシー療法や療法家を見て、勇気づけられました。日本に 戻り、地道に啓蒙活動や自分の学びを深めていきたいと思いました。

●本場インドで、ホメオパシーのお話を聞ける機会を体験できて、自信がもてます。日本では、話が通じないことが多く、ホメオパシーのお話は、難しい気がします。私が3年前、CHhomに入学することを友達に打ち明けると、「またー、あやしげな学校だなー、大丈夫??」と、心配され、反対さ れましたが、そこにたまたまインド人の友達が混じって話を聞いてくれていたところ、「いや! ホメオパシーはちゃんとした医学だよっ!!」と日本 語でフォローしてくれて、助かった事があります。いつも助けてくれて、どうもありがとう。

●インドの病院見学について。想像していたのと違いがありました。建物と医療器具が日本の20年前の装置であった事。しかし内容は(治療)250 万人の方に指導している事に驚きました。益々の発展を祈ります。CCHでの勉強について。Study の多さに、深さに尊敬いたします。ナマスティージ!!

●インドでのホメオパシーの現況や歴史がよく分かりました。日本でのホメオパシーの理解の広がりや、利用者の増加に向けて、大変参考になる内容で もありました。国境を越えた連携をしていくことで、より多くの光が差して、希望が広がると思います。

●サーホメオパシック医学カレッジ病院。国境を越え、同じホメオパシーを学ぶ学生と短時間でしたが、触れ合うことが出来て嬉しかったです。CCH & CCRH。インドでホメオパシーが政府に国の医療システムの人と津として認められる土壌や価値観、歴史があるのですね。学生として学ぶ内容や時間が違う。 インドは5年半!! すごいです。せっかくなので、学生同志の交流の時間がもう少しあったらよかったです。ありがとうございました。

●ホメオパシー医学カレッジ病院を見学して、ホメオパスになるには5年半の勉強とインターンシップ(1年)が必要だということを知り、日本の医師 と同じ資格なのだと感じました。インドでは、ホメオパシーは経験値からの医学として受け入れられ、政府も医療として認め、バックアップを行なっており、日本の代替医療としての現状と比較して、うらやましいなと思うとともに、インドはすばらしい国だなと感じました。日本でも政府が医療の一つ として認可してくれたらいいなと思いますが、そうでなくても、草の根で広めていき、海外のホメオパスとも協力して、ホメオパシーの認知度を上げていきたいなと思いました。

●インドのホメオパシーそのものへの理解と要望のレベルの高さ、そこにこたえるために、整えられている教育や法律の充実した状況には、びっくりするばかりだった。国として本当に国民の健康を考えることで、返ってくるものの大きさを理解しているんだなと思った。街並みは、発展途上の部分も多 く見られるが、人々は悲壮感なく、生き生きと生活しているようで、学校も中央評議会を訪問すると、温かく迎えていただいて、本当に嬉しかった。学校では、カリキュラムの説明などを、各教室をまわりながら教えていただいたり、中央評議会ではインドにおけるホメオパシーの歴史や、発展、法律や 資格制度にまでの話があり、とても勉強になった。

●インドでのホメオパシーの歴史、及び現在の状況を知ることができました。インドが何故、こんなにホメオパシーが求められているのかの説明もあり ました。それは、インドの価値にもあう「目に見えない、触れないものの上に何かがある」という信仰にあるとも言われてました。日本は唯物論で、目に見えないものは信じないところがあり、納得できることでした。自分自身の中にもまだ、目に見えないものばかりを信じる私がいることをつきつけられたようでした。日本もインドのように、政府に擁護され、認められる日がきたらと思います。

●インドのホメオパシーの素晴らしさが伝わってきました。寅子先生のケース発表、説明に、インドの方々に強い印象と成功の姿を見せることが出来、私達にとっても、意味深く、豊かな時間を過ごすことができ、感謝しています。日本もインドのように、更にホメオパシーが発展していくことを望んでいます。参加させて下さいまして、ありがとうございました。

●インドでホメオパシーの哲学、原理などが、発達した経過が良くわかり、又、インド政府によってホメオパシーが守られ、教育が発達したことを聞き、国をあげて、このように副作用がなく、経済的負担も少ない代替療法を認め、推進していくことは、大変すばらしい事だと感動しました。インドが 親愛的に日本を支えてくれる医師を伝えて来てくれ、大変ありがたく、日本とインドが今後、手をとり合って、より多くの人々が幸せになれる様に、協 力し合えればと思います。

●日本がホメオパシーにおいて、発展途上国であることを強く再認識しました。それぞれの国の事情、文化、歴史も、ホメオパシーが受け入れられてい く過程において、影響しているとは思いますが、西洋医学では、成果の出ない病について、代替医療が日本でも少しずつ受け入れられている現在、目に見えない非物質的な力、自己免疫力が見直されています。これからですね。頑張れ日本! 私も自らの病を乗り越え、お役に立ちたいと、体験を通して 普及に働ける私になります。

●インドにおけるホメオパシーの歴史、文化、役割など、詳しく聞くことが出来、すばらしい交流会だった。特に興味深かったのは、草の根からホメオパシーを広めることの必要性と重要性を感じることが出来たことだった。インドでは長い歴史の上に現在があるので、日本でも根気強く、代替医療の重要性を進めていくことの大切さを教えられた。

●インドの国レベルでホメオパシーが行なわれているのは、おどろいた、とともに、うらやましいと思いました。それは、ホメオパスが結果を出していることが、国民の信頼を得て、政府がそれを認めることになったのだと思います。インドの文化の影響もあると思いますが、日本でも可能だと思います。

●インドでの充実した環境にたいへん感銘を受けました。日本でも、インドでの歩みを師として、進んでいけたら、すばらしいと思いました。高校卒業後、ホメオパシー大学に進学できるインドの学生さんが、うらやましいです。

●秘密主義になる事なく、できるだけ情報を開示し、本気で日本へのホメオパシーの普及をサポートしてくれようとする、熱意ある姿勢に感謝したいと 思います。応えられる日が近いと嬉しいです。

●CHhomインドスクーリングの日程の中でも、今日はとても楽しみにしていました。「サーホメオパシー医学カレッジ病院」「ホメオパシー中央評 議会(CCH)」「ホメオパシーリサーチ中央評議会(CCRH)」の訪問は、個人の旅行では来ることができないので、とても貴重な体験をさせてい ただきました。

●インドのホメオパシーの歴史を、様々な方からお聞きし、日本の可能性、一人ひとりの努力の大切さを感じることができました。インドが「うらやま しい」ではなく、日本もインドのようにしていこうという気持ちを持つことが必要なのだと思いました。貴重な方々のお話をありがとうございました。

●インド医療(ホメオパシー)の現場を見せて頂き、学びの充実と、インターンシップ、又、入院治療のサポート等、こうであったら・・・と思っているものを、参考となるものを見せていただき、夢が少し具体的になってきたのを感じています。ありがとうございました。

●インドのあたたかい歓迎に感謝をしたいと思います。長い年月を経て、大学、大学院、そしてその土壌を育てたインドの方は、すごいと思いました。 日本にも、そういう動きが早くできるようになればいいなと思いました。

●本日は、インドの評議会の方々に、お話しを聞けて、大変貴重な時間がもてました。インドに CCH など、ホメオパシーの評議会があることで、ホメオパスの質が維持されている、発展していることがよくわかりました。ありがとうございます。

●インドのホメオパシーは、政府が保護していて、病院や学校もあり、本当にうらやましい! ホメオパシーに関わる方達のお話を聞き、インドのホメオパシーへの自信があり、ホメオパシーを広めようとする情熱を感じました。ありがとうございました。

●CCHの歓迎プレゼンテーションで、インドのホメオパシー教育の様子がよく分かり、よかったです。インド政府機関のCCHにも、日本の現状を 知ってもらって、お互いに情報交換が出来た事が一つの大きな進展だと思います。

●スタッフの皆様、特にインド側の訪問先の皆様のお気づかい等、感謝いたします。あたたかいおもてなし、ありがとうございました。

●学校見学はとても興味深かったです。午後は特に統計データを使って、世界とインドのホメオパシック事情の発表をしてくれた方のプレゼンがよかったです。一番良かったのはとら子先生のプレゼンでした。

●インドのホメオパシー病院、CCHを訪問、講演を聞き、日本とは比較にならないくらい、ホメオパシーが一般の人に浸透し、教育レベルの高さも感じました。日本での由井先生が世界において治癒力の高さにおいてトップレベルであることは承知しており、尊敬しています。ホメオパシー国、インドに来れたこと、感謝です。

●ホメオパシーが広く知られ、使われていく為に色々な国と協力していくのは、とても大切な事だと思います。知ってしまったり、その効果を感じてしまえば、後戻りはできなくなります。日本国内はもとより、その他のホメオパシーを使っている国、使っていないが必要としている国とこのように、どんどんカンファレンスをして行くのはとても有意義な事です。開催するのは下準備からして、大変な労力だと思いますが、また機会があれば、是非お願いします。参加したいと思 います。次はどの国でしょうか? 地元でまた新たな仕事場である中国でホメオパシーの活動を地元で広げていきたいと思います。頑張ります。また宜しくご指導下さい。

●インドのホメオパシードクターの方々日本をホメオパシーの発展について、本気で具体的に色々考えて下さっている熱い想いに接し、大変感動しました。インドに比べて日本のホメオパシーは未だ若いかもしれませんが、由井先生をはじめとする皆様の努力の積み重ねにより、着実に根付いてきたと実感しています。偉大な先輩であるインドの方々のサポートにより、日本のホメオパシー発展も力強いものになる事を確信し、深く感謝致します。ナマステ!

●インドのホメオパシーの現状と今後の戦略を直接伺う事ができて、インドにおけるホメオパシーの国をあげた政策が素晴らしく、日本にも直ちに必要だと感じました。日本での普及を促進させるためのリレーションはとても大切だと思いました。インドの教育体制にもとても驚きました! ありがとうございます。

●インドで30万人のホメオパスがいて、5,000のホメオパシー薬局がある。世界的にも80カ国以上がホメオパシーを使用し、19世紀、20世 紀、21 世紀と世界は代
替医療の流れで、よりホメオパシーが医療の中心となる事により強く関心を持てた。由井先生の発表はとても素晴らしいものでした。

●インドは人口が多い事もあり、今では30万人ものホメオパスがいると 言うことで、ホメオパシーが一般的な国とは聞いていましたが、本当に凄いですね。国が必要と認め、質をチェックし、国民に提供している力は想像以上です。

●ホメオパシー病院、視察して、とても驚きました。日本にもホメオパシー病院が早く出来ると良いと心から思いました。CCH、CCRHの内容もやはり驚きました。インドでは、ホメオパシーが深く根付いていて、とても素晴らしいです。

●日本や海外の他地域のホメオパシーの発展に心から手をさしのべようとして下さっている姿、様子が今日は1日中様々な所で感じられました。政府や中央評議会、大学、病院が一丸となっている所が、やはり心強いです。時間はかかるでしょうが、必ず日本にもできると確信しました。その為 には亀さんの一歩一歩が大切で、私達一人一人のホメオパスとそのたまごによる努力とPassionにより、患者さん一人一人の治療を根気よく 続けて行って、治癒して頂くという経験を重ねていくことが、先ずは重要なことの一つだと思いました。今後、インドとは、さらに細かい対話を頻繁に重ねて行く事が大事だとも思いますので、お役に立てることがあれば、とも思います。大学院でのホメオパシー教育の内容について詳細をぜひ 研究させて頂きたいと思う様になりました。

参考リンク

▼昨年のJPHMAの日独ジョイントホメオパシー国際カンファレンスの様子

http://jointconference.jphma.org/index.html

http://jointconference.jphma.org/news1.html

http://jointconference.jphma.org/news2.html

http://jointconference.jphma.org/news3.html

▼日印ホメオパシー国際カンファレンス開催も受けて

 12月7日(土)、8日(日) 開催される 第14回ホメオパシー国際カンファレンス

特設ページ

http://jphma.org/congress2013/

Head_512

Ph_concept_512

大会長挨拶

http://jphma.org/congress2013/cat3/

一般公開で今年も開催されます。ぜひお集まりください。

2013年10月17日 (木)

ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」の嘘(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

ウィキペディア「ホメオパシー」は偽情報を掲載する情報操作サイトです。そのホメオパシーに対する誹謗・中傷情報の垂れ流しのため、日本でも多くの方がホメオパシーを誤解してきました。これはとても残念なことです。そこで、書き換えられない事実に基づくフリー百科事典JPHMA版ウィキペディアをつくることにしました。今回は、その第一弾として、ウィキペディア「ホメオパシー」の真実について特集し、ホメオパシー新聞で公開します。



海外主要4ケ国語版・編集合戦で最も対立したキーワードは

Jesus(イエス・キリスト)とhomeopathy(ホメオパシー)

Wikipediahomeopathy_512

WIKIPEDIA 英語、独語、仏語、スペイン語版に取り上げられている320万のキーワード(タイトル)の中で最も編集合戦が対立したのは調査の結果、「イエス・キリスト」「ホメオパシー」だったそうです。2013年7月13日のワシントンポスト電子版に「ウィキペディアの編集戦争の科学 “The Science of Wikipedia Framewars”」という特集記事が掲載されました。
http://www.washingtonpost.com/blogs/wonkblog/wp/2013/07/23/the-science-of-wikipedia-flamewars/

事実は1つなのに、ではなぜこのように編集合戦がホメオパシーについて盛んに行われるのでしょう。「イエス・キリスト」は2000年も前の人ですから、検証も困難であるし諸説出てくる道理やまして宗教の教義に関わる人物ですから編集合戦が突出するのも理解できます。しかしホメオパシーはたかだか200年前に誕生し、現在とても人気のある療法であるにもかかわらず、「イエス・キリスト」と並んで突出した編集合戦が繰り広げられるのはいかなる理由によるのでしょうか? 

それはどちらかが必死になって嘘の情報を書いているからとしか考えられません。世界で10億人が愛用しているホメオパシーは肯定派が少なくとも10億人はいるということです。それは自分の経験に基づき肯定している人たちです。プロのホメオパスと活動している人もたくさんいます。医師のホメオパスだけでも何十万人といます。一方ホメオパシー否定派の中に一体何人の人が実際に同種の法則に基づきレメディーをとられた経験があるでしょうか? どちらの言い分に説得力があるかは自明です。

この突出した「ホメオパシー」の編集合戦は、ホメオパシーについての真実が世にでると困る人たちが、必死に事実をねつ造、情報操作していることの裏付けでもあります。そして彼らがいかにホメオパシーを脅威に思っているかの裏付けでもあります。

ホメオパシーには現在の医療を根本的にひっくり返してしまうだけの潜在力があります。さらに人生観を変え、人間を目覚めさせる潜在力をもっています。すなわち現在の逆さまの社会をひっくり返し自然な社会に戻す潜在力をもっているのです。それはホメオパシー療法、そしてホメオパシー哲学の中に真実があるからです。



ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」も百科事典の名に値しない本当にひどい誹謗・中傷が事実のように書かれています。

ここで認識しておく必要があるのは、特に日本にように「ホメオパシー」という言葉すらよく知られていない国では、欧米、インドなどのホメオパシーが日本の漢方のように当たり前になっている国と違い、真っ白な部分に「怪しいもの」「怪しい団体」「カルト」「反社会的団体」「詐欺」「似非(エセ)科学・偽(ニセ)科学」などの悪印象をもつように印象操作された偽情報を入れられると容易にホメオパシーへの不信感や警戒心を刷り込むことができ、人々とホメオパシーとの接触を切ることができるからです。どんなによいものでも接触がなければ広がりません。

逆に言えば接触されたら、そのよさがばれてしまうので「似非科学」「カルト」などのレッテル貼りをして接触させないようにしているのです。また、知らない情報については、最初にふれた情報を正しいと思い、その情報に大きく支配されるのです。これをインプリンティングと言います。

さらにその同じ情報を他でも触れると確信にかわります。異なる人から同一の情報を聞くと確信に変わるのです(ちなみにに英国には、1913年にロンドン・ウェリントンハウスに設立されたThe Tavistock Institute of Human Relations(通称「タヴィストック洗脳研究所」)のように、100年にわたり大衆心理をあやつり、情報操作や世論誘導を研究・実践し、社会変革の方向づけを行ってきた専門研究機関まであるのです。)



インターネットでの様々な情報操作

「ホメオパシー」という聞き慣れない単語を耳にした人はどうやって「ホメオパシー」を調べるでしょうか。今では多くの人がインターネットで「ホメオパシー」というワードで検索して調べようとするでしょう。

Google、Yahooで「ホメオパシー」というワードで検索すると、第一位にウィキペディア「ホメオパシー」がヒットします。

フリー百科事典「ウィキペディア」と宣伝されていますから、ブリタニカの百科事典などのように社会的にも責任がある方が監修されているわけでもないのに、権威ある事実と信じてしまう人も多いのです。まさか情報操作されていようなどとは思わないのです。

そして、インターネットの情報操作は個人が自由意思でやるだけではありません。2010年のホメオパシーバッシングキャンペーン時に露骨に行われたように、ネット情報操作の会社にお金が支払われて24時間、ホメオパシーというキーワードが更新されるごとにチェック、監視し、対策されることもあります。

当然ウィキペディアでは、各国語とも「ホメオパシー」は最優先の監視対象なので都合の悪いイメージ操作のシナリオに合わない情報がでれば、すぐにプロが書き直すという編集合戦となります。

Yahoo知恵蔵の質問コーナーなども、ホメオパシーについての質問がでると、すぐにホメオパシーを誹謗・中傷する見事な模範回答が出され(あるいは自作自演?)、かなりな割合でその回答がベストアンサーとなります。これもプロがネット対策を行っているということです。



海外でホメオパシーバッシング、情報操作をしている資金源をたどっていくと

ホメオパシーを「Skeptical(似非科学)」と断定し、国際的にも誹謗・中傷活動を呼び掛けている英国には、これを主導する”Sense about Science”という団体があります。英国では”Sense about Science”も関わり、2005年には国営放送BBCまで使ったホメオパシーバッシングキャンペーンが行われました。これらのキャンペーン(バッシング)に対して英国のホメオパシー関係者が結集し協力して対策行うようになったプロジェクトにH;MC21というチームがあります。このの調査のH;MC21で、この”Sense about Science”の2005-2010年の間の活動資金は、判明しているだけで少なくとも42.3%が製薬会社と、明らかに製薬会社に関係した組織から得ていることがわかりました。

同様に、カナダのSkeptical(似非科学)団体で反ホメオパシーの情報対策を活動を行なっている”Centre for Inquiry”という団体があります。この団体は、全活動資金が製薬会社のある役員経由で供給されていることも判明しています。このようにバッシングについて、情報操作の資金源をたどっていくとその背景や意図がわかってきます。

マスメディアに比べ比較的に自由に情報が開示されていると信じられているインターネットの世界でも、ホメオパシーに対しては明らかに組織的な情報操作は行われています。騙されないためには賢くならなければなりません。「騙されないように」と声高に叫ばれていることの中に真実があることもあるということです。



ウィキペディアの偽情報を使ってのホメオパシー批判

そしてホメオパシー否定派がホメオパシーの社会的信用を失墜させるべく、このウィキペディア日本語版の「ホメオパシー」を引用し、間接的にホメオパシーを誹謗・中傷しています。とても卑劣なやり方です。

たとえば、『予防接種は「効く」のか』(岩田健太郎:光文社新書)という予防接種推進を主張する方が書かれた本では、ホメオパシーの解説に、2011年11月15日時点のウィキペディア日本語版「ホメオパシー」がそのまま抜粋・引用し掲載しています。



ウィキペディア「ホメオパシー」の間違い詳しくみていきましょう

以下が引用された部分の全文です。

『予防接種は「効く」のか? ワクチン嫌いを考える ワクチン嫌いとホメオパシー』より抜粋(ウィキペディア「ホメオパシー」より 閲覧日:2010年11月15日)

引用開始「ホメオパシーは、「健康な人間に与えたら症状を引き起こすであろう物質をある症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論とそれに基づく行為である。ホメオパシーは200年以上も前にドイツ人医師が提案した思想をもとにした理論である。今日でも欧州を中心とした複数の国にホメオパシーは浸透しているが、少なくとも科学的な効果は全くないといえる。学術誌を含むいくつかの文献によって、科学的根拠及び有効性を示す試験結果が欠落していることが指摘されている。特に、2005年ランセット誌に掲載された論文(これまでのホメオパシーに関する臨床試験を綿密に検討し、メタアナリシスを行った上。プラセボ以上の効果はないと結論づけた)はホメオパシーの有効性研究に対する集大成であり、最終結論と評価されている。また、サイモン・シンらが行った根拠に基づいた医療(EBM)手法を用いた調査において、ホメオパシーはプラセボ以上の効果は持たないとして、その代替医療性は完全に否定されている。近年日本国内でも、与えるべきビタミンKシロップを与えず、いわゆる「レメディー」を用いて新生児を死に至らしめたとして助産師が訴訟を起こされた(「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」参照)ように、現代医学や科学的な思考の否定をその構造にもつホメオパシーの危険性を指摘する声は高まっている。
未だ欧州、インド、中南米各国など民間医療として普及している国は多いが、自然科学の研究者の間ではホメオパシーが疑似科学であることは間違いないとされており、日本においては日本学術会議が2010年8月24日、ホメオパシーは荒唐無稽と公式発表し、その効果について全面否定し、医療関係者が治療法に用いないように求める会長談話を発表した。」(引用終了)



読んでみていかがでしたしょうか。

それでは、さらに詳しく1つ1つ、その「偽情報」と印象操につき見ていきましょう。



ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より抜粋

「「ホメオパシーは、「健康な人間に与えたら症状を引き起こすであろう物質をある症状を持つ患者に極く僅か与えることにより、体の抵抗力を引き出し症状を軽減する」という理論とそれに基づく行為である。ホメオパシーは200年以上も前にドイツ人医師が提案した思想をもとにした理論である」



『ホメオパシー新聞』編集部

冒頭の文でどのように印象操作をしているか見ていきましょう。

ここではホメオパシーを「理論に基づく行為である」「提案した思想をもとにした理論」と表現しています。

これは、ホメオパシーという「療法」を、単なる「理論に基づく行為である」「提案した思想をもとにした理論」とあたかも誰かが思いついた実践のない空理空論とでも印象づけようという意図がみえみえの表現となっています。

それは同時にホメオパシーが臨床経験に裏打ちされた医学であることを意図的に隠すもくろみでもあるでしょう。

確かに同種の法則のアイデアは偶然の所産です。ホメオパシーの創始者ハーネマンが当時マラリアの特効薬として知られていたキナ皮を自分がとってみたらマラリアと同じような症状になったことから、ある症状を惹起することができるものは、その症状を取り去る力があるのではないかという仮説でした。

しかしハーネマンのすごいところは、その仮説を検証するために何年もの歳月をかけて膨大な臨床経験を積み重ね、100%間違いないと確信した後、この同種の法則を発表したのです。

つまり「思想をもとにした理論」ではなく「実証に基づく根拠のある理論」なのです。なぜ「思想」と表現したのか?その意図はあからさまにホメオパシーをカルトの類と連想させるためです。しかしホメオパシーはカルトや宗教などとは全く違う、臨床に基づき体系化した経験の医学、すなわち正真正銘の人を治癒に導く医学なのですそして200年間にわたりこの法則が正しいことが臨床経験によって証明されてきており、その実績と満足度の高さから、今や10億人以上に利用されるまで広がり、ホリスティックな統合医療の柱とも位置付けられています。200年という長きにわたる臨床にさらされてなお、その正しさが証明され続けている医学上の治癒法則を他に知りません。



JPHMA編 「ホメオパシーとは」の解説と比べてみると一目瞭然です

「ホメオパシーとは」(http://homoeopathy-life.jp/about_homoeopathy.html JPHMAがまとめたホメオパシーの解説)と、ウィキペディアによるホメオパシーの解説み比べてみると、ウィキペディアにおけるホメオパシーの説明文がいかに印象操作されているかがわかるでしょう。

それでは次の文章を見てみましょう。

ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より抜粋

今日でも欧州を中心とした複数の国にホメオパシーは浸透しているが、少なくとも科学的な効果は全くないといえる」



『ホメオパシー新聞』編集部

「今日でも欧州を中心とした複数の国にホメオパシーは浸透しているが、」という表現も全く不当な表現です。この部分だけよむと、いかにも、ホメオパシーが衰退傾向にあり、世界的にはごく僅かな国で利用されているに過ぎないように伝わりますが、事実は違います。

各国では執拗なホメオパシーバッシングにも関わらず、インドを中心にした南アジアの国々でも、欧州でも中南米でも、そして米国でもホメオパシー利用の人口は増加傾向です。特に、インドでは国がホメオパシー、西洋近代医学、アーユルヴェーダ医学とともに第一医学として認め積極推進しています。そして大都市部の調査では48%の人口がホメオパシーを利用しており、既にアーユルヴェーダの利用人口を抜いたとも言われています。

世界のホメオパシー情勢を知るには、カナダの日刊紙に掲載された記事を伝えるホメオパシー新聞に詳しくとりあげていますので、ぜひ読んでみてください。いかに、「今日でも欧州を中心とした複数の国にホメオパシーは浸透しているが、」という表現がホメオパシーの実態を反映していないかがわかるでしょう。

2013年2月15日 (金)付『ホメオパシー新聞

http://news.jphma.org/2013/02/national-post-f.html



カナダでは、マスコミ・主要紙(National Post)でも、ホメオパシーの有効性が堂々と報道されています。「伝統医療にせよ、代替医療にせよ、他のどんな医療よりも、ホメオパシーの費用対効果が高いということを示す大規模研究を、スイス政府が委託し、2011年にその結果が発表された。うなぎ昇りの医療費に苦しむ各国の政府も、この事実に耳を貸すべきだろう」(カナダ・ナショナルポスト紙記事より)



ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より

「少なくとも科学的な効果は全くないといえる」



『ホメオパシー新聞』編集部

「少なくとも~全くない」この表現は、最上級の否定であって、「あり得ない」と同義であり、裏を返すと、ホメオパシーに「科学的効果があろうなどということ信じることはできない」といったニュアンスで大変きつくホメオパシーの効果を否定する表現です。

しかしながら、ホメオパシーが効いた、有効であったという研究、臨床例は数えきれないほどあり、患者の一人一人の治癒の中にも事実があります。加えて、医学論文もはじめエビデンス性の高いとされる研究も数多くあります。「少なくとも科学的な効果は全くないといえる」という表現そのものが印象操作を狙った文章で「嘘」です。以下に『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』(ホメオパシー出版)の著者である、デイナ・アルマン氏が書いた記事から引用します。



懐疑派による誤報

ホメオパシー懐疑派の多くが、ホメオパシー医療の効果を立証する研究は“存在しない”と実際に触れまわっていることには全く驚かされる。こうした供述は明らかに虚偽であるにもかかわらず、このような主張がインターネットばかりか、一部の論文審査のある記事においても、まかり通っている。少し詳しく調べるだけで、ランセット、BMJ、ピディアトリクス、小児感染症ジャーナル、チェストやその他多くの高く評価されている医学誌や科学雑誌に公表されているクオリテイの高い研究を見つける事ができる。これらの雑誌の一部はホメオパシーについての研究の否定的結果を公表してはいるものの、肯定的な研究結果のほうが否定的なそれを遥かに上回る。
ホメオパシーの虐待や誤報は想像に難くない、というのは、この医療システは医薬品から生じる経済的利益に多大且つ深刻な脅威をもたらすからである、言わんや、その根本原理や生体臨床医学の世界観に於いてはなおさらである。こうした事を鑑みれば、英国医師会がホメオパシーを大胆不敵にも“魔術”と呼んだ事もそんなに驚くことでもない。迫害を行うものは誰でも、特にそれが潜在的競争者を悪魔扱いする事でメリットが得られる場合は、必然的に“魔女”を見い出すことは予想できる(ホメオパシーのヨーロッパでの競合的役割はアメリカでのそれより遥かに大きい。)(『ホメオパシー出版スタッフブログ』から引用)

2010年12月 3日 (金)付 「ホメオパシー新聞その12」 では、ホメオパシーが有効であることを示す数多くの科学的エビデンスが掲載されています。まずこれらを検証してみてほしいものです。http://news.jphma.org/2010/12/12-2020.html

もし臨床で効果のないものであれば、この200年間で全世界10億人規模にまでひろがる訳がありません。また上述したとおり事実無根の虚偽情報です。しかしながら、それではなぜ「少なくとも科学的な効果は全くないといえる」とあからさまな嘘を開き直って言い張るのでしょうか?裏返せばそこには、「なにがなんでもホメオパシーの有効性を認めるわけにはいかない」というなりふりかまわない必死さがうかがえます。もしかすると、ホメオパシーの真実が世に出て、自己治癒力を触発し人々が心身ともに健康になるととっても困るという人たちがいて、デイナ・アルマン氏が述べるようにホメオパシーが日本に広がること必死に抑えているのでしょうか。

そして、もう1つ重要なキーワード「科学的な」という形容詞がでてきます。たとえ、効果はあってもそれを科学的とは認められないという論理です。これは、「アボガドロ数を越えて希釈されて原子が1つも存在しない希釈度のレメディーが効くはずはない」という古い科学のパラダイムに多くの人が惑わされ、その予断と間違った信念に語りかけることで、確かめもせずに思考停止させて「あり得ない」と思いこませる、ここにも巧妙な印象操作があります。

本来療法にとって大事なことは何でしょう。それは、効果があるなしではないでしょうか。その両方を使って治癒する、改善するかどうかが重要なのではないでしょうか。本来、「科学的」かどうかは本人にとっても療法家にとっても、さしあたって重要性がないものです。また何を根拠に「科学的でない」と勝手に決めつけているのかわかりませんが、大事なことは、この療法により治癒した、改善したという事実です。



偽(ニセ)科学・似非(エセ)科学キャンペーン

本来科学(サイエンス)とは、観察された現象の中からある種の法則性を見つけだして、仮説を立て、実験によって証明していくものです。ホメオパシーで治癒する、改善するという多くの実例があるのに、実験で確かめようとすることも放棄して「非科学的」というレッテルを貼って、挙句の果てには「魔術」だと言い、ネガティブ・キャンぺーンを張る。ここには中世の魔女狩り、魔女裁判と同じような構造があります。少なくとも事実を無視して効果があるわけがないと主張する態度は、本来とても非科学的な態度であり、まさに科学学説信仰というべきカルトであると考えます。

これはホメオパシーに限らず、目に見えないものをバッシングする国際的なキャンペーン「似非(偽)科学」(Skeptical)キャンペーンにも通じます。調べてみると、「似非科学」キャンぺ-ンにより「科学的でない」とレッテルを貼られ、否定された科学の多くが、実は「似非科学」キャンぺ-ンのスポンサーにとって都合の悪い科学であって、その事実が世の中に出ると困るので、都合のよい「正統科学」という権威がつくられ、都合の悪いものを「似非科学」として排除しようとしている構造がわかります。



日本学術会議の「会長談話(ホメオパシー談話)」も同じ構造

この構造は、2010年8月に出された日本学術会議の金澤会長がホメオパシーが荒唐無稽、非科学的、医療の現場では使われるべきでない記者会見した「ホメオパシー談話」にも通じます。なぜ世界で10億人以上が利用し、療法として支持されているホメオパシーの有効性を、科学の権威を背景に個人の偏見により、否定することが許されるのでしょうか。冷静に考えれば誰でもわかると思いますが、全く不当な談話です。

さらに、欧米では医師の間でも当たり前のように使われているホメオパシーを、日本医師会、日本歯科医師会、日本獣医師会、日本薬剤師会など10を超える医療系の主要団体が、「ホメオパシー談話」記者会見の翌日に、日本学術会議の会長、副会長の事前に根回し通り、判に押したように「ホメオパシー談話」を全面追認する記者会見を一斉に行うという珍事が起こりました。朝日新聞もこの「ホメオパシー談話」を朝刊第1面で報道しました。このホメオパシー談話の背景は、その後、唐木副会長がメディアのインタビューで語っていますので、後ほど紹介します。



アメリカにみる情報操作の実態

ところで「悪い科学(Bad Science)」と言うレッテルをはることによって、アメリカでの情報操作について解説した面白い記事が2013年9月18日版のナチュラルニュースで紹介されました。

これはアメリカで人気のあるインターネット映像トークサイト“TED”に対して、スポンサーからの圧力で、都合の悪い話題は「BAD SCIENCE(悪い科学)」として、テーマとして採用されなかったり、「トンデモ」ホラふき話とレッテルを貼って、人々がまじめに受け取らないように情報操作しようとする。その内幕が暴露されています。

ここで、「BAD SCIENCE(悪い科学)」と規定されたもののメインは、「遺伝子組換え(食品・種)」の安全性を悪くいうもの、そして、「食」が健康につながるという当たり前の話題。これらは、このトークサイトでは「BAD SCIENCE(悪い科学)」として扱われるようです。

そしてトークの中で、「BAD SCIENCE(悪い科学)」の話題になったら、「ほら吹き話」として笑い飛ばそうという運営になっているようです。そして、この他に、ホラ吹き話に笑い飛ばすように指定されたテーマとは、「自閉症の原因がワクチンであるという説」「農薬(glyphosate=モンサント製などの除草剤など)が癌をひきおこす原因となっていること」さらに「ホメオパシー」と名前こそ記事には出し得ていませんが、自然療法「プラシーボ効果」を話題にすること、「ヒーリング(癒し)」、そして、「科学とスピリチュアルの融合」、「意識、自由意思、物質でない「心」」などもあげられています。

これらの話題がでてきたら”TED”では「BAD SCIENCE(悪い科学)」としての扱いになるようです。詳しくは以下のリンク(英文)をご覧ください。

▼TED aligns with Monsanto, halting any talks about GMOs, 'food as medicine' or natural healing
Wednesday, September 18, 2013by Mike Adams, the Health Ranger Editor of NaturalNews.com 

http://www.naturalnews.com/042112_TED_conferences_pseudoscience_GMO.html



それではウィキペディアの次の文章を見てみていきましょう。

ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より

「学術誌を含むいくつかの文献によって、科学的根拠及び有効性を示す試験結果が欠落していることが指摘されている。特に、2005年ランセット誌に掲載された論文(これまでのホメオパシーに関する臨床試験を綿密に検討し、メタアナリシスを行った上。プラセボ以上の効果はないと結論づけた)はホメオパシーの有効性研究に対する集大成であり、最終結論と評価されている。また、サイモン・シンらが行った根拠に基づいた医療(EBM)手法を用いた調査において、ホメオパシーはプラセボ以上の効果は持たないとして、その代替医療性は完全に否定されている」



『ホメオパシー新聞』編集部

ホメオパシーがプラセボ以上の効果はないと結論づけた「2005年ランセット誌に掲載された論文」、これが、ホメオパシーの科学性を否定するバッシングの根拠、宣伝材料にもなってきました。そしてこの論文をウィキペディアでも、ホメオパシーの有効性研究に対する集大成であり、最終結論と評価されている「2005年ランセット誌に掲載された論文」と紹介しています。しかし事実この論文が集大成であれば全てが嘘ということです。というのもこの論文は2012年にスイス政府の検証により、意図的な欠陥論文であることが明らかになっています。スイス政府機関の見解は以下のホメオパシー新聞リンクから確認できますので、詳しくは以下の内容をお読みください。

2012年2月10日 (金)付ホメオパシー新聞より
日本学術会議がホメオパシー否定の根拠としたランセットの論文をスイス政府医療技術評価(HTA)レポートが正式に否定!

http://news.jphma.org/2012/02/hta-f45d.html



また以下のリンクも参考になるでしょう。

『ホメオパシー出版staffブログ』より
2005年のThe Lancet(ザ・ランセット)のホメオパシーの有効性を否定する論文はいかにして捏造されたか?

http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/03/2005the-lancet-.html

2005年のThe Lancet(ザ・ランセット)のホメオパシーの有効性を否定する論文はいかにして捏造されたか?(その2)
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/03/2005the-lance-1.html

2005年のThe Lancet(ザ・ランセット)のホメオパシーの有効性を否定する論文はいかにして捏造されたか?(その3)
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/03/2005the-lance-2.html

さらに続けてみていきましょう。



ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より 

「サイモン・シンらが行った根拠に基づいた医療(EBM)手法を用いた調査において、ホメオパシーはプラセボ以上の効果は持たないとして、その代替医療性は完全に否定されている」



『ホメオパシー新聞』編集部

ウィキペディアでは「サイモン・シンらが行った根拠に基づいた医療(EBM)手法を用いた調査によって、ホメオパシーはプラセボ以上の効果は持たないとして、その代替医療性は完全に否定されている」と結論づけていますが、これは事実でしょうか。これも「嘘」です。サイモン・シンとエルンストは、『代替医療のトリック』と題したホメオパシーを誹謗・中傷する本を共同執筆しましたが、その「ホメオパシーはプラセボ以上の効果は持たない」とした見解以前に、サイモン・シンらの論文が科学的な検証という面から欠陥だらけのものであることは、以下の『ホメオパシー新聞』に記事に詳しく解説されています。つまり、これも、ねつ造された調査を根拠に基づいた調査と偽って、ホメオパシーを完全に否定しようとした企みであったということです。ぜひ以下の『ホメオパシー新聞』もお読みください。

2013年4月28日 (日)版ホメオパシー新聞  意図的? それとも調査不足? 「200年経ってもまだ科学的証拠のないホメオパシー」ネットメディア”wired. jp”が事実に基づかない記事を配信
http://news.jphma.org/2013/04/200wired-jp-1ef.html



さらに続けてみてきましょう。

ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より 


「近年日本国内でも、与えるべきビタミンKシロップを与えず、いわゆる「レメディー」を用いて新生児を死に至らしめたとして助産師が訴訟を起こされた(「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」参照)ように、現代医学や科学的な思考の否定をその構造にもつホメオパシーの危険性を指摘する声は高まっている



『ホメオパシー新聞』編集部
「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」として、マスコミをあげてホメオパシーバッシングのネタとして利用されたこの事故については、ホメオパシー談話を記者会見した金澤一郎氏や唐木英明氏の発言から、「ホメオパシー談話」の1年半以上前から、「ホメオパシー叩き」を周到に計画・準備してきた経緯が判明しており、その計画の中で、この事故をバッシング材料に都合のよいように事実を捻じ曲げ演出したことのです。その真相については由井寅子(JPHMA会長)が自ら『毒と私』を執筆、幻冬舎から出版し明らかにしています。ぜひ、お読みください。

なお、「山口新生児ビタミンK欠乏性出血症死亡事故」の真相について『毒と私』に書かれた部分は以下の『ホメオパシー新聞』にも引用されていますので、インターネットから読むこともできます。

2013年4月13日 (土)付ホメオパシー新聞
事実と異なる日本のホメオパシー事情が世界へ発信されたことを危惧し、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)はLIGAへ訂正要求と事実を送りました

http://news.jphma.org/2013/04/jphmaliga-1c7f.html



それではさらに続けてみましょう。

ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より 


「未だ欧州、インド、中南米各国など民間医療として普及している国は多いが、自然科学の研究者の間ではホメオパシーが疑似科学であることは間違いないとされており、」



『ホメオパシー新聞』編集部

「未だ~多いが」という表現は、現在でも利用人口が増えている、世界に普及・発展しているホメオパシー療法のバイタリティーを否定するもので大変失礼な表現です。

加えて、「民間医療として普及している国は多いが」とありますが、国の第一医学として認めているインドをはじめ、政府がホメオパシー療法やその療法家ホメオパスを認めている国も多く、公的保険の対象になっている国も多い。

これも、こういった事実を無視し、ホメオパシー療法を過小評価して印象づけることを狙った表現です。

「自然科学の研究者の間ではホメオパシーが疑似科学であることは間違いないとされており」という表現もおかしな表現です。

そのまま読むとすべての自然科学の研究者がホメオパシーを疑似科学であるとしているかのような印象を受けますが全くデタラメです。

海外でも日本でも、ホメオパシーをこれからの時代の科学と認める科学者も多数います。

よって「疑似科学運動を展開する一部の研究者たちは、ホメオパシーが疑似科学であることは間違いないと宣伝しており」という表現の方が正確です。

つまり、この部分は、ホメオパシーのウィキペディアを作文した人が、「ホメオパシー=疑似科学」という宣伝を自作自演、マッチポンプで行っているということを奇しくも示しています。



それでは続けましょう。

ウィキペディア日本語版「ホメオパシー」 (2010年11月15日閲覧分)より 


「日本においては日本学術会議が2010年8月24日、ホメオパシーは荒唐無稽と公式発表し、その効果について全面否定し、医療関係者が治療法に用いないように求める会長談話を発表した」



『ホメオパシー新聞』編集部

ホメオパシー談話については、前述の『毒と私』、そして以下の『ホメオパシー新聞』を読めば、その間違いは一目瞭然ですので、ぜひ以下のリンクも読んでみてください。

2010年8月28日 (土)付けホメオパシー新聞その7
http://news.jphma.org/2010/08/7-c1bc.html

ところで、今回は、日本学術会議のホメオパシー談話の背景が徐々に明らかになってきています。驚くべきその背景を「都市伝説」と疑いたくなりますが、嘘ではありません。少し紹介してみたいと思います。

まず。「ホメオパシーバッシング」の背景を考えるのにあたり、ありがたい手掛かりを与えてくれたのは、7ケ月間にわたりホメオパシーの大バッシングキャンペーンを展開した朝日新聞とともに、日本学術会議で談話を発表した金澤一郎氏(=国立精神・神経センター名誉総長などもつとめている日本の神経医学会のトップで、現在は国際医療福祉大学大学院長の職にあります)、そして一緒に記者会見を行った唐木英明氏(=米国の狂牛病感染疑惑のある牛肉の輸入再開や、モンサントの代理人的な役割を演じ、遺伝子組換食品の安全を主張した人物でもあります)の発言でした。

金澤氏は、今から5~6年前の厚労省の審議会で、ホメオパシーを話題にあげ、「海外の研究者からの情報」で、「英国から日本にホメオパシーを持ってきた女性(=すなわち由井会長)が、日本で必死にホメオパシーを広げている」ことを唐突に発言し、この人物が要注意なので、審議会担当の厚労省の官僚に、日本にホメオパシーを持ち込んだ女性(すなわち由井会長)と日本でのホメオパシーの普及について調べるように指示した議事録が以前厚労省のホームページに掲載されていました。

一方で、唐木氏の「ホメオパシー談話」後の、テレビ、ラジオ、インターネットなどのインタビューから明らかになったことは、ことの発端は海外からの研究者の情報で、「ホメオパシー談話」の1年半以上前からホメオパシーバッシングを準備したことを明らかにしています。

そして欧米のようにホメオパシーがこれ以上日本に広がることに対して、コントロールできなくなることに危惧する発言をしています。

具体的には日本学術会議のホメオパシー談話から約1ケ月後に行われたインターネットTVでの唐木氏の発言が最もわかりやすいので引用します。

これはホメオパシー問題を討論するという名目で、ホメオパシーを誹謗・中傷行った番組の中でのインタビューで唐木氏が明らかにした内容です。この番組には大阪大学教授で、KIKULOGという似非科学のインターネット掲示板を主催して、ホメオパシーを似非科学と誹謗・中傷を続けてきた菊池誠教授、似非科学に関わり、朝日新聞科学医療グループの長野剛記者の先輩、上司としてホメオパシーバッシング報道にも関わってきた久保田裕氏が参加し、雑誌でホメオパシー批判を行いながら、いくつかのホメオパシーをとり上げたラジオやテレビ番組などで中立を装ってホメオパシー批判をコーディネートした荻上チキ氏が参加していました。この番組の電話インタビューに答えて、唐木氏は以下のように発言しています。

唐木氏「海外の研究者とも、いろんな情報交換をして、どういう間違った知識、あるいは正しい知識、何を広めたらいいのかというような話もしているのですが、その中でひとつ出てきたのがホメオパシーなんです。」

唐木氏「日本はこのまんま放置したら、欧米と同じような悲惨な状況になってしまう。今のうちにどうにかしたほうがいいという話を、随分あちこちから聞きました。これは私が聞いた話ですが、談話を出した(金沢一郎)会長自身もイギリスでホメオパシーが非科学的であるという議会の声明の背景にはイギリスのアカデミーがいるんですが、そのへんからも情報が入ってきて、これは何とかしなくてはいけないだろうというのがこの問題の始まりだったということです」

唐木氏「実は、ホメオパシーについて検討を始めたのは、もう2年、1年半前から2年前なんですね。ただ、この問題について、ホメオパシーという言葉をご存じない方も、学術会議の中でもおられるし、学術会議だけで、これ出してもあまり効果がないので、医師会とか関係機関とも協議をしながら出していこうという相談にだいぶ時間がかかっていた。」(引用終わり)



『ホメオパシー新聞』編集部

以上のように唐木氏は、ホメオパシーバッシングにつき、演出した側からその内情を話しています。
また唐木氏は別のインタビューでこのようにも発言しており、あるブログに掲載されていたましたのでその発言内容を紹介します。

インタビューアー:なぜ今、このタイミングでホメオパシー談話を発表したのですか?

唐木氏:きっかけは、私が友人の外国人研究者から、海外でのホメオパシー事情を聞いたことです。2~3年前だったと思います。(中略)友人は科学者として、私に「日本は、そうならないうちに手を打つべきだ」とアドバイスしてくれました。そこで、金沢(一郎・日本学術会議)会長に相談し、関係機関との連携や、取るべきアクションを模索し始めました。これがちょうど1年半ほど前だったと思います。
 今年7月、山口県での事件が報道されたことで、我々は準備を急ぎました。そしてようやく、発表にこぎ着けたのです。

引用終わり)

『ホメオパシー新聞』編集部

ここからわかることは少なくとも、日本のホメオパシー叩きは海外からの指示があったこと。そしてバッシングのメインターゲットはホメオパシーを持ちこみ、本格的にホメオパシーを広げ始めたJPHMA由井会長個人であったこと。国民の間にホメオパシー療法が、彼ら(医師・獣医師・日本学術会議、そしてその背後にある方々※)がコントロールできない形で広がることを危惧して、1年半も前から関係機関と連携して行われた計画的なバッシングであったということです。

最大の誤算は由井寅子会長

彼らのシナリオでは、朝日新聞などの大手マスコミ、日本医師会、日本学術会議といったそうそうたる権威を巻き込んでホメオパシーバッシングを行えば、国民のニーズとともに歩んできた由井寅子会長、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)はひとたまりもないだろう。すぐに潰れるはずだ、そうすれば権威主導で容易にコントロールできる人たちにホメオパシーをコントロールさせればよい。そういう目論見ではなかったのでしょうか。

だからJPHMAは潰れたものと思って、凱旋談として唐木氏もホメオパシーバッシングの背景まで詳しく語ってくれたのではないかと思います。事実、朝日新聞などのマスコミの報道被害で潰された療法や団体はいくつもあります。

ところが、ホメオパシーも、JPHMAも、由井寅子会長自身も潰されませんでした。

もちろんバッシングで、実際何人ものホメオパスが様々な職を追われ、一部の会員はカルトとか人殺し呼ばわりまでされ、ネットには誹謗・中傷情報が溢れ、実際に仕事を続ける上でホメオパス(ホメオパシー療法家)という職を放棄しなければならなかった人もいました。一時的にはホメオパシーの利用者も減り、本当に当時大変だったと思います。

しかし、国民のニーズを応え、ホメオパシーを広めてきた、JPHMA、由井寅子会長は潰されず、日本にホメオパシーはしっかりと残ったのです。バッシングの首謀者たちの最大の誤算は由井会長だったと思います。

実際、由井会長は、朝日新聞による最初の大々的なバッシングになった長野記者の2010年7月31日の記事にひるむどころか、記事が出て即座に徹底した情勢分析を的確に行い「ホメオパシーは同種療法だから、嘘の情報を流す「新聞」に対抗するには、事実を伝える自らの同種療法の「新聞」を創刊して情報公開しよう!」と、5 日後には、8月31日には、『ホメオパシー新聞』を創刊し、嘘一色のホメオパシー報道の流れを変えたのでした。加えてその新聞を英訳して広く海外のホメオパシー関係者にも発信するように指示しました。これにより国内の嘘が世界に公表されたのです。

この独自の事実を発信する政策により、国内でも事実を知る人が増え、また日本のバッシング対策が世界10億人のホメオパシー愛用者とつながった活動に変わったのです。そして海外から数々の有効性のエビデンスや支援の声もいただき、それを国内にフィードバックしていきました。由井会長は、この他にも次々と手を打つ中で、ホメオパシーは、日本に生き残ったのです。叩かれて残ったことが価値があるのです。叩かれた経験のあるものしか得られない逞しさを得て、以前よりも日本のホメオパシーは力強くなり、また、バッシングの真実を知った多くの方々からの支援の輪も広がったのです。まさに塞翁が馬です。

嘘の情報を事実確認もせず転載PRすることも立派な誹謗、中傷です。

新聞、雑誌記者が事実確認もせずに偽情報を再配信する程、マスメディアの現場で情報の真贋を見極めるジャーナリズムの質が落ちている時代です。

しかし、マスメディアでない方でも、ホメオパシーバッシング時のメディアによる事実に基づかない記事や、同じく事実でなくホメオパシー叩きのために意図的に流された日本学術会議会長による「ホメオパシー談話」などを、事実確認もせず、引用して、インターネット、書籍等に、そのまま引用、掲載することは、偽情報の拡散、誹謗・中傷に加担していることになりますので自覚してほしい由々しきことです。発信する人は情報の真偽をしっかり確かめて再配信すべきです。そして偽情報と判明すれば、その情報が間違っていることを明確にすることも大事です。



大事なことは事実かどうか情報の真贋を見極める目

フリー百科事典と宣伝され、Google、Yahooでも「ホメオパシー」とキーワードを入れるトップで検索されるウィキペディア。今までみてきました、少なくとも、「ホメオパシー」の解説について言えばウィキペディアの中に真実はありませんでした。しかし多くの日本人がウィキペディアなら事実を書いているだろうと勘違いしています。その隙をついて、ウィキペディア「ホメオパシー」を使った情報操作、印象操作が行わるのです。



ウィキペディア「ホメオパシー」の嘘は、現在さらにエスカレート

ちなみに2013年10月16日時点でのウィキペディア「ホメオパシー」を閲覧するとさらに誹謗・中傷がエスカレートした内容となっています。ウィキペディア冒頭の「ホメオパシー全体を要約」した記事を紹介します。

_512

(ウィキペディア「ホメオパシー」より 閲覧日:2013年10月16日)
ホメオパシー (Homeopathy, Homoeopathy, Homœopathy) とは、極度に希釈した成分を投与することによって体の自然治癒力を引き出すという思想に基づいて、病気の治癒をめざす行為。同種療法、同毒療法、同病療法と呼ばれる場合もある。その効果は科学的、医学的に証明されておらず、またホメオパシーを用いる事で、適切な医療行為を受けないこと、あるいは本来の用途を逸脱してホメオパシーを用いたことが要因となる事故も発生しており、社会問題となっている。(引用終わり)



『ホメオパシー新聞』編集部


ここではさらに、「またホメオパシーを用いる事で、適切な医療行為を受けないこと、あるいは本来の用途を逸脱してホメオパシーを用いたことが要因となる事故も発生しており、社会問題となっている」として、ホメオパシーを利用することが、「医療ネグレクト」であり、事故、社会問題であるという彼らが、イメージ操作したい事実でない作文が結論に書かれています。少し考えればわかることです。現代西洋医学は必ずしも最善、完璧な治療法ではありません。また、特に精神や心の問題にクスリで対処することや、自己免疫疾患などの難病など特に慢性病の分野での治療、肩こり、腰痛などの分野では、クスリや対症療法など現代西洋医学の方法論だけでは、対処では限界があり、患者や家族の満足度が得られないために多くの方が現代西洋医学以外の療法を利用する現実があります。現代西洋医学にかかった方が安全かというと必ずしもそうでない現代医学にかかることにも負の側面もあります。行き過ぎた薬漬け・検査漬けなどの過剰医療の問題、クスリの副作用、予防接種の副反応、医療被曝の問題、医療過誤、院内感染など医療に関わることなど「医原病」のリスクも併せて考慮されるべきです。米国で公開され話題を呼び日本語版DVDも製作された『Death by medicine(邦題 「医原死」2011年)』という映画では、病気でなく医療が主因で亡くなられる方の人数を78万人、癌などの死因を抑えて、アメリカ人の死因のトップとして紹介しています。同じ基準でいくと日本でも十万単位の方が毎年「医原死」されています。ホメオパシーバッシング時、ホメオパシーで被害例が相次いだと嘘の情報がばらまかれました。結局1人としてホメオパシーが死因で亡くなった人もいませんでした。冷静に考えれば、どちらが安全な療法かは明白で、さらにその有効性にも膨大な臨床事実があるのです。



さらに現在のウィキペディア「ホメオパシー」では以下のような解説もしています。

(ウィキペディア「ホメオパシー」より 閲覧日:2013年10月16日)
ホメオパシーは、先進諸国においては現代医学に対して懐疑的な層が利用しており、一方後進国においては貧困層を中心に十分な科学・医学知識および医療機会が無い層が利用している状態となっている。 「レメディ」そのものは砂糖玉であり害は無いが、ホメオパシーを医療の代わりに用いることで適切な医療を受ける機会を損なった事による事故が頻発をしている。(引用終わり)



『ホメオパシー新聞』編集部

国民の半数近くがホメオパシーを利用しているインドなどを指して、「後進国においては貧困層を中心に十分な科学・医学知識および医療機会が無い層が利用している状態となっている」と大変失礼な作文をしています。インドは総人口が多く確かに貧困層の人口も多いですが、国力としては日本を上回っており、医学、科学を見ても実質的には先進国です。大学の医学部でホメオパシー医学が教えられ、たくさんのホメオパシー医師を排出しています。こういう状況を考えればホメオパシーは貧困層や医学的知識がない者だけに利用されているというのは、あからさまな嘘であることが容易に理解できるでしょう。さらに、さすが先進国では「科学・医学知識が無い層」と言うと、いくらなんでも嘘がばれるので、「現代医学に対して懐疑的な層」とごまかしていますが、たとえば「先進国」に属するとされる欧州では1億人以上が利用しています。お医者さんでも、現代医学のクスリとともにレメディーを出すお医者さんも多いです。スイスでも7割近くの方が愛用しています。ホメオパシーは教養が高い層や各国王室をはじめ上流階級にも愛されている療法です。日本は先進国、後進国どちらに分類されるのでしょうか。さすがに日本語版ウィキペディアは英語に翻訳することはできないでしょう。



いかがでしょうか。

インターネット上でいかなる印象操作をしようとしているのかを理解する教材としてウィキペディア「ホメオパシー」を読むと最高の教材かもしれません。インターネットでの情報操作はウィキペディアだけでなく、また、ウィキペディアでの情報操作はホメオパシーに限りませんので、典型的な事例は最後に参考資料として事例をあげておきます。



書き換えられない事実に基づくホメオパシー版ウィキペディアをつくろう

自己治癒力を触発し、自らが健康になるという、安全で、そして治癒への有効性も確認されているホリスティックな医学「ホメオパシー」が日本の国民に広がることをこころよく思わない人たちがおられ、そういう方々がスポンサーとなり業者にお金を出して24時間ウィキペディアなどインターネットでも情報操作、印象操作を行っています。私達は彼らは操作できない形で、事実を発信していきたいと思います。
ホメオパシーを正確に理解していただくためのインターネット版の百科事典構想も動き出しました。正式版ができるまでは、ホメオパシーの事実を知るためには、JPHMAがまとめた「ホメオパシーとは」(http://homoeopathy-life.jp/about_homoeopathy.html)及び、事実を公開している「ホメオパシー新聞」などの関係サイト、また『毒と私』(幻冬舎)、『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』『ホメオパシーってなぁに?』(以上、ホメオパシー出版)の書籍などもおすすめします。ホメオパシーの有効性と可能性を立証する様々な実験結果や取り組み成果が医学や科学の分野で出ています。そんなホメオパシーを取り巻く世界最先端の研究結果を今年の12月7日、8日、東京でJPHMAコングレス「愛とサイエンスの融合ホメオパシー ―愛は無敵― 」で発表されます。(http://jphma.org/congress2013/) まだ未発表の研究者も発表を予定しています。会員以外、一般の方にもホメオパシーを広く公開する形で行われます。ホメオパシー、科学など真実の情報を知りたい方はぜひお越しください。



ネット上の「ホメオパシー」情報清浄化の動きは日本から海外へ

このホメオパシー団体による事実に基づくインターネット版WIKIPEDIAを作ろうという計画は、約30ケ国のホメオパス職業団体、10万人のホメオパスが加盟するICH(ホメオパシー国際評議会)の会合で由井会長が提案し、賛同を得て実施される運びとなりました。日本の提案でホメオパシーの情報操作に対する対策での国際的な連携もなされようとしています。嘘が、真実の仮面をかぶって私達の目と耳を覆い尽くすことがないように、真実を知った1人1人が、勇気を持って真実を伝える一端を担っていただきますようご協力お願いします。偽情報や嘘がいくら宣伝、プロパガンダされようとも、事実や真実は1つであり、勇気を持って事実を発信していくと、最後には事実が認められます。

ホメオパシーの創始者サミュエル・ハーネマンは「敢えて知れ!」と言いました。様々偽情報が溢れる今日、まずは真実を求め知り伝えること、こういった姿勢が1人1人に求められているのだと思います。私達は賢くならなければなりません。



【参考情報①】ウィキペディアで事実は語られない
「遺伝子組換え作物」(2013年10月13日閲覧)



GMO綿栽培で20万人以上のインド農民が自殺した事実(ヴァンダナ・シヴァ氏の主張)を誤りだと記載するウィキペディア日本語版「遺伝子組換え作物」



『ホメオパシー新聞』編集部


「遺伝子組換え作物」という大変議論のあるキーワードでウィキペディア(2013年9月28日時点閲覧)を見てみますと例えばインドに遺伝子組み換えの綿花の種が入り、結果20万人以上の農民が自殺に追い込まれた事件については下記のような記載になっています。
このインドの27万人もの農民が自殺に追い込まれた悲劇の真実は、JPHMAの認定校カレッジ・オブ・ホリスティック・ホメオパシー(CHhom)でも上映会が行われた映画「モンサントの不自然な食べもの」で詳しく解説されています。ただしウィキペディアでは正しく書かれません。以下参考にお読みください。



ウィキペディア日本語版「「遺伝子組換え作物」より (引用開始)「インドにおけるBtワタ栽培と農民の自殺の関係の有無[編集]イ ンドでは2002年から遺伝子組換えBtワタが導入され、その栽培面積は急激に広がっている。緑の革命に対する批判者としても、遺伝子組換え食品反対派としても国際的に著名なインドの環境活動家であるヴァンダナ・シヴァ(Vandana Shiva)らは、「インドにおいて遺伝子組換 えBtワタの種子の導入はコストを80倍にし、農民を借金漬けにして自殺に追い込んだ。27万人以上のインドの農民が高価な種子と農薬による借金のために 自殺した。そして大部分の自殺はワタ栽培地帯に集中している。」[163]と主張している。しかし、別の調査によれば、遺伝子組換えBtワタがインドに導入される以前の1997年から大幅に栽培面積が増加していった2007年にかけて10年間のインドの農民の自殺数にほとんど変化は認められず、遺伝子組換えBtワタの栽培面積の間の相関も見いだせなかった(インドの農民の年間自殺数とBtワタ栽培面積の変化のグラフ)。このことから「ネイチャー」は2013年の5月2日号で、シヴァらの主張は誤りであるとした[164]。」(引用終了 2013年10月13日ウィキペディア日本語版『遺伝子組み換え』から確認)

由井会長も2012年インド訪問時、遺伝子組み換え綿花栽培による農民の悲劇を直接、ヴァンダナ・シヴァ女史から聞きました。そして日本豊受自然農のホームページに、シヴァ女史から紹介いただいた遺伝子組み換えの記事を許可をいただき、和訳掲載しています。

THE GMO EMPEROR HAS NO CLOTHES 『GMOは裸の王様』
A Global Citizens Report on the State of GMSs Synthesis Report
GMOの現状に関する地球市民の報告 統合報告
インドのGMO事情

http://toyouke.com/library.html



ちなみに、ウィキペディアで「アメリカ同時多発テロ事件」(2013年10月13日閲覧)と引いてみて下さい。911はイスラム過激派が行った同時多発テロだとうメディアのプロパガンダいまだに信じているおめでたい国民の割合が日本は先進主要国で最も高かったというインターネットメディアのアンケート調査結果を見たことがあります。そして、ウィキペディアでは、メディアのシナリオにそぐわない情報ば、ここでは、「偽科学」ではなく、「陰謀論」「都市伝説」とレッテルをはっています。これも巧妙な印象操作です。興味のある方はウィキペディア「アメリカ同時多発テロ事件」をご覧ください。



【参考情報②】Yahoo Q&Aを使った

ホメオパシーバッシングの典型的情報操作

Yahooで「ホメオパシー」でひくと上位にこのYahoo知恵蔵のQ&Aコーナーがでてくるので、ご存知の方も多いでしょう。また、ホメオパシーについて知らない方は、このQ&Aを見る人も多いでしょう。一番上に出てきたQ&Aを見ると「sukusakusu」さんという人がベストアンサーに選ばれています。

2013年10月13日閲覧時の情報ですが、この「sukusakusu」さんは、2009年から4年間にわたって、ホメオパシーというキーワードが入った質問がYahoo知恵蔵に出ると82件の質問に迅速に回答しています。8件削除されていますが、残り74件のうち49件、66%がベストアンサーに選ばれ、その他の回答も回答例として掲示されています。そして、すべて、ホメオパシーに対する誹謗・中傷の回答です。その4年間にホメオパシーへの印象操作活動は下記リンクの73件の質問への回答を見ればよくわかります。こちらのベストアンサーがデタラメ情報であり、こうやって、大衆は、「偽情報」に騙されるのです。
http://my.chiebukuro.yahoo.co.jp/my/myspace_ansdetail.php?writer=sukusakusu&page=4&flg=3&sort=2

すでに、JPHMAや認定校CHhomでは、典型的な誹謗中傷にはQ&Aをつくって解説しています。またホメオパシー新聞でもQ&A形式で取り上げていますが、今後も、これらの質問のうち典型的な誹謗・中傷については、どの部分が「偽情報」かを指摘し、どのように事実と異なる宣伝が行われているかを明確にしていきたいと思います。



この「sukusakusu」さんがYahoo知恵蔵の書き込みを始めた2009年です。金澤氏や唐木氏がホメオパシー対策を始めた時期に一致します。唐木氏が連絡をとっている英国ロンドンのアカデミーにつながる組織には、インターネットを含む大衆洗脳と情報操作を専門に行ってきた「タヴィストック洗脳研究所」もあります。もと英国女王陛下の情報機関としても有名なMI6の元スタッフは、同名の著書で、大衆洗脳と情報操作の同研究所の実態を告発しています。情報操作に騙されないためには、こういったことを含め情報の裏側を含め知っておく必要があります。



【参考情報③】懐疑主義派が「トンデモ」「陰謀」とレッテルを貼っているものの多くが実は世に出したくない真実だった

ホームページなどで「トンデモ」「偽科学(Skeptic)」としてリストアップされている項目を眺めるとおもしろいことがわかります。それは、「トンデモ」というレッテルをはられているもの方が真実であることです。参考に「トンデモ」とネット検索すると上位に検索される「覚えておきたい ニセ科学リスト」というページがあります。そのページには紹介されている「トンデモ」とニセ科学リストを紹介しましょう。医学系のニセ科学は、1つめが「ホメオパシー」で、2つ目が「ワクチン有害論」、3つ目が「千島学説」。ニセ科学の多くが明らかに、「利権」が否定したい、認めたくない科学、技術、事実などのオンパレードだということには驚かされます。Google等で「ホメオパシー」というキーワードでひくとニセ科学の総合サイト「Skeptic Wiki」というサイトがあります。ここでも数あるニセ科学のテーマの中で、なぜか最も力を入れて編集されているのが科学でない「ホメオパシー」、そして「911」「東日本大震災」と嘘だらけの報道がされているテーマです。興味深いのでニセ科学に指定されているもののリストを各人分析されてみてはと思います。

医学系
1. ホメオパシー
2. 予防接種有害論
3. 千島学説
4. 経皮毒
5. デトックス
6. 白金ナノコロイド
7. 血液サラサラ
8. 血液クレンジング療法
9. ゲルマニウム
10. 癌克服術(副作用の強い抗癌剤治療も放射線治療も拒否するもの)
11. ミラクルエンザイム
12. ゲーム脳
13. 水からの伝言
14. マイナスイオン (例:nanoeイオン)。
15. トルマリン
16. 機能水
17. ランドリーリング
18. 燃費改善
19. EM菌
20. オーディオの世界は殆どオカルトで構成されているのではないかと思う程怪しげ

科学系
1. 水からの伝言
2. 永久機関
3. 水から作る燃料
4. 「相対性理論は間違ってる」論
5. 血液型と性格の相関
6. ID論 インテリジェント・デザイナー、つまり「神のような何者かが人間を/地球を/宇宙をこのように形作った」説
7. フリーエネルギー
8. スカラー波「距離によって減衰せず、物質を透過し、光速度に制限されない」電磁波
9. 七田式右脳開発トレーニング
10. ドーマン法
11. キルリアン写真

陰謀系「陰謀論」

1.アポロ陰謀論
2.9.11陰謀論
3.ケムトレイル

歴史・考古系

たった50年前のことですら合意がないというのはよくあることである(例:南京大虐殺)。
1. 与那国海底遺跡
2. 神々の指紋
3. ビオディナミ
4. マクロビオティック

精神世界系(もはや一片たりとも科学的でないのでわざわざ書くこともなさそう)

1.波動
2.高次元
3.ZPF(ゼロポイントフィールド)
4.フォトンベルト
5.ポールシフト

推奨図書   

『オルガノン 第六版』 (サミュエル・ハーネマン著)
『慢性病論 第二版』 (サミュエル・ハーネマン著)
『ホメオパシー的信仰』 (由井寅子著)
『ホメオパシー入門』 (由井寅子著)
『心と体を癒すホメオパシー』 (由井寅子著)
『ハーブ・マザーチンクチャー』 (由井寅子著)
『とらこ先生通信』 (由井寅子著)
『荘子・内篇』(由井寅子著)
『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶり』
『心と体の専門職ガイド』 (ホメオパシー出版編)
『ハーネマン』 (マル チン・グンベルト著)
『晩年のハーネマン』(リマ・ハンドリー著)
『真実の告白 水の記憶事件 
~ホメオパシーの科学的根拠「水の記憶」に関する真実のすべて~』

(ジャック・ベンベニスト著)
『ホメオパシーって なあに?』 (RAH編)
(以上ホメオパシー出版刊 http://www.homoeopathy-books.co.jp/
『毒と私』 (幻冬舎、由井寅子著)
『愛の時代へ向かってホメオパシーにできること』 (幻冬舎、由井寅子著)
推奨DVD
  
『人はなぜ病気になるのか』 (由井寅子講演録 ホメオパシー出版)      
『症状はありがたい』 (由井寅子講演録 ホメオパシー出版)      
インナーチャイルド癒しの実践』 (由井寅子講演録 ホメオパシー出版)      
『数字でみる日本の精神医学の実態』 (小倉謙講演録と由井寅子対談 ホメオパシー出版)
(以上ホメオパシー出版刊 http://www.homoeopathy-books.co.jp/

推奨映像リンク 

インターネット ユーストリームTV番組「とらこ先生の人生相談」
http://homoeopathy-life.jp/index.html#ustream
※過去の映像もアーカイブで視聴可能

2013年9月 NPO薬害研究センター(代表 内海聡)主催
第三回精神薬の薬害を考えるシンポジウム(とらこ先生発表)

http://www.youtube.com/watch?v=6aJXZwuoHiw

とらこ先生「Zenホメオパシー 東京講演録(2012年3月収録)」
http://www.youtube.com/playlist?list=PL-tyRmluxcTxhi8hNAZJd-abwk3hZL45X

今もっとも伝えたいこと とらこ先生幸塾インタビュー(2012年5月公開)
http://www.youtube.com/watch?v=qRTtldgW05E

参考URL:
 
JPHMA版『ホメオパシー新聞』

http://homoeopathy-life.cocolog-nifty.com/news/

日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)ホームページ
http://jphma.org/index.html

カレッジ・オブ・ホリスティック(CHhomシーエイチホム)ホームページ
http://www.homoeopathy.ac/index.php

日本ホメオパシーセンター本部
http://www.homoeopathy-center.org/

ホメオパシーとらのこ会
http://www.homoeopathy-center.org/toranoko/index.html

愛とサイエンスの融合ホメオパシー 第14回JPHMAコングレス特設サイト
http://jphma.org/congress2013/

国境なきホメオパシー 日本とインドのホメオパシーがてをつなぐ
 ニューデリーでのJPHMA 日印ホメオパシー国際カンファレンス特設サイト

http://jointconference2013.org/

ホメオパシー出版
http://www.homoeopathy-books.co.jp/index.html

ホメオパシー出版staffブログ
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/




その他最近の推奨『ホメオパシー新聞』リンク


2013年10月20日 (日)
【検証①】ワクチン推進派「予防接種は「効く」のか?」
「ワクチンに含まれるチメロサール程度の量で水銀中毒になったり、
自閉症になるという生物学的な妥当性はないのです」という大嘘
  http://news.jphma.org/2013/10/jphma-f528.html

2013年10月18日 (金)
速報!JPHMA由井会長、インド国立ホメオパシー
中央評議会にて日本におけるホメオパシーの発展と
難病・医原病のホメオパシーの治癒症例を発表
http://news.jphma.org/2013/10/jphma-f073.html

2013年10月15日 (火)
『予防接種トンデモ論』や『それでもあなたは新型インフル
エンザワクチンを打ちますか?』など由井会長の著書を名指しで
批判している書籍が出版されています。ここではそのような批判が
正当なものかどうかを検証したいと思 います。
http://news.jphma.org/2013/10/post-dfef.html

2013年10月16日 (水)
子宮頸がん予防ワクチンその後
  被害者へのホメオパシー健康相談も始まる

子宮頸がん予防ワクチン 
これだけ被害が広がってもなぜ接種中止にしないのか
http://news.jphma.org/2013/10/jphma-622f.html

2013年10月16日 (水)
子宮頸がん予防ワクチン(現在、HPVワクチン)には
安全性について様々な問題が明らかになっています。
2007年実施スタート時に米インターネットメディアが
「このワクチンを推進することが、安全性の確認されて
いない医療による人体実験である」と警告
http://news.jphma.org/2013/10/hpvjphma-1f6b.html
2013年10月21日 (月)
日印ホメオパシー国際コンファレンス大成功!
世界のホメオパシー発展に新しい時代への扉を開く素晴しい大会となりました。
http://news.jphma.org/2013/10/post-7457.html

2013年10月16日 (水)

子宮頸がん予防ワクチン(現在、HPVワクチン)には安全性について様々な問題が明らかになっています。(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

子宮頸がん予防ワクチンについては、米インターネットニュースメディアNatural Newsが2007年12月14日にはその危険性について警鐘を鳴らしています。

特集記事「1845年から2007年にかけて米国で行われた、子ども、少数民族、女性、囚人に対する非人道的なワクチン、化学物質、放射性物資、細菌などでの人体実験の年表(Vaccines and Medical Experiments on Children, Minorities, Woman and Inmates (1845 - 2007) )」の中で、子宮頸がん予防ワクチン ガーダシルに触れています。そこには、2006年から2007年にかけてワクチンメーカーのメルク社の米国政府への子宮頸がんワクチン「ガーダシル」の10代の少女への予防接種実施へのロビー活動を子行っていたことが報告されており、このワクチンを推進することが、安全性の確認されていない医療による人体実験であると警告しています。(http://www.naturalnews.com/022383_children_child.html)。

そして、この記事に先立ちNatural Newsでは2007年2月7日には、意見記事として、「テキサス州政府は子宮頸がんワクチン(メーカー)の利益のために、ティーンエイジャーの少女たちを食い物にする暴虐を行うのか(Medical tyranny in Texas turns teenage girls into HPV vaccination profit centers (opinion)
http://www.naturalnews.com/021572.htmlという記事を発表しています。英文ですが興味のあるか方はお読みください。

「1845年から2007年にかけて米国で行われた、子ども、少数民族、女性、囚人に対する非人道的なワクチン、化学物質、放射性物資、細菌などでの人体実験の年表(Vaccines and Medical Experiments on Children, Minorities, Woman and Inmates (1845 - 2007) )」については、子宮頸がん予防ワクチン「ガーダシル」に関して書かれた部分の和訳を以下に紹介し態と思います。

2006-2007年

性的交渉で感染するHPV(子宮頸がん)予防するワクチンであると説明しているガーダシルの10代の少女たちへの予防接種を強制するように、メルク社は米国政府に圧力をかけはじめた。2007年2月、ワクチンメーカーメルク社からの金銭授受が判明しているテキサス州政府のRick Perry氏は、10代の女性に予防接種を受けるよう命令をだした。また、後にメルク社のキーとなるロビイストMike ToomeyをRick Perryは彼のスタッフの長としたのです。

テキサス州の予防接種命令は、市民の健康政策へ後世に残る災厄を招いた出来事となりました。というのも、初めて、公立校での通常の接触ではかかり得ない疾患についてのワクチン強制であり、Gunpoint(銃口を向けた脅し)の医療となりました。というのも州命令の予防接種を受けないことで逮捕されるという、銃を向けられた脅しのようなものだったからです。

そして、「ガーダシル(メルク社 子宮頸がん予防ワクチン)」は、子どもになされる大規模な医療(人体)実験となりました。なぜなら、予防接種によって起こる長期に出てくる副作用もわからないし、実際には、目的とされているほどの予防効果もなかったからです。

メルク社の子宮頚がんワクチン「ガーダシル」では、自己免疫への安全性を証明した研究が、実はメルク社がスポンサーとなって行われたものであることが判明、後にその多くの部分が間違いであったことが米インターネットニュース配信大手の”Natural News”によって詳細に報道されています。(” Merck Sponsored Study Returns Dubious Gardasil Autoimmune Safety Results、Monday, October 25, 2010 by: Tony Isaacs” 記事リンク(英文http://www.naturalnews.com/030172_Merck_Gardasil.html

上記のような大切な情報は、日本のマスコミなどでは報道されることはありませんが、いかにこのような本当の情報をしっておくことが真実を知ることであり、私達や家族の健康を守ることにつながるかがわかります。まず、自身と家族の健康を守るためには、国民一人ひとりが賢くなることが、薬害を繰り返さない第一の解決策だと思います。
また、子宮頸がん予防ワクチンは、宣伝されているような予防の効果もなく(それどころか逆に子宮頸がんになる確率が高くなるという報告もあります)、効果に見合わない健康被害が報告されています。つまり、実施に見合わない予防接種であることが既に判明したわけですから、これ以上、多くの少女たちへの被害を拡大しないためにも、まず、行政は即刻中止すべきと考えます。

既にこの予防接種を導入した2007年の時点で、先に紹介したような情報も明らかになっていましたので、特に、予防接種政策や、その安全性の判断に関わる方は知らなかったでは済まされないと思います。

そして、なぜ今回のような甚大な薬害被害を招いてしまったのかを、行政、そして関わった医療機関は、きっちりと振り返り、原因を直視し、これを教訓とすることで、二度とこのような悲劇を繰り返さないようにしていただきたいと思います。被害者の映像を見れば、取り返しのつかないことを行ってしまったことがわかると思います。知らずに良かれと信じて関われた方は無知を悔やむしかしょうがないでしょうが、もし海外では報道されていた子宮頸がん予防ワクチンの有効性に対する疑いや安全性に対する疑いに関する情報を知っていながら推進された方や、被害者が出ている実態を知りながら見て見ぬふりをして推進に加担されてきた方は、自分の娘が仮にその被害に遭ったことを想い浮かべ良心に問いかけていただきたいと思います。これは本当は子宮頸がん予防ワクチンだけの問題ではなりません。全てのワクチンの問題です。あえて知ろうしなかったり、見て見ぬふりをするのではなく、予防接種に関わる人は、予防接種の本質についてきちんと勉強していただき、予防接種に対する認識をぜひ改めていただきたいと思います。

▼サルでもわかる子宮頸がん予防ワクチン | 少女たちを薬害から守ろう!
http://vaccine.luna-organic.org/

▼SANE Vax Inc.:子宮頸がん予防ワクチン、人体に悪影響!?
子宮頸がんワクチンは、組み換え技術によって造られた遺伝子で汚染されている!

http://www.youtube.com/watch?v=5-YsfJ9AobY

▼Natural News HPV(子宮頸がん予防ワクチン記事-英文 108記事のリスト-英文-)
http://www.naturalnews.com/HPV.html
※うち日本語訳があるもの

▼特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く
http://ja.naturalnews.com/jabuzz_buzz000064.html
(映像版)
https://www.youtube.com/watch?v=Zr3YHEiU-Ps

▼ハーパー博士に精神的圧力をかけたのは誰? 子宮頸癌の専門家がHPVワクチンの警告を撤回した!
http://ja.naturalnews.com/jabuzz_buzz000017.html

2013年12月7日8日に開催される 第14回JPHMAコングレスでは、

一般公開でクスリやワクチンの問題もテーマに行われます。

(大会長メッセージ)

http://jphma.org/congress2013/cat3/

Head_512

Ph_concept_512_2

日本ホメオパシーセンター本部のホームページには以下の情報もアップされています。

「子宮頸癌予防ワクチン被害の方にワクチンのデトックスについてホメオパシーに関する情報を提供します。(ホメオパシーとらのこ会)」

http://www.homoeopathy-center.org/info/2013vaccine_damage.html

■推薦文献

『予防接種トンデモ論』 (由井寅子著)

『ホメオパシー的予防』 (由井寅子著)

『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』 (由井寅子著)

『発達障害へのホメオパシー的アプローチ』 (由井寅子著)

ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)講義録
『予防接種は果たして有効か?』 (トレバー・ガン)

『ホメオパシー的信仰』 (由井寅子著 ホメオパシー出版刊)

『人はなぜ病気になるのか(DVD 由井寅子講演会)』

『ワクチノーシス(予防接種病)』 (コンプトン・バーネット著)

『発達障害の子どもたち』 (コンプトン・バーネット著)

『インフルエンザのホメオパシー的治療法』 (サンドラ・ペルコ著)

(以上ホメオパシー出版刊 http://www.homoeopathy-books.co.jp/

『毒と私』 (由井寅子著 幻冬舎刊)

『愛の時代へむけて』 (由井寅子著 新日本文芸協会刊)

季刊 『オアシス』 (ホメオパシーとらのこ会会報)

『間違いだらけの予防接種 子どもを愛するすべての両親へ』 (藤井俊介著 さいろ社)

『危ないぞ予防接種』  (レオン・チャイトー著、藤井俊介訳 農文協)

インフルエンザをばら撒く人々』 (菊川征司著 徳間書店)

『今、「国を守る」ということ』 (池田整治著 PHP研究所)

『医療殺戮』 (原著名“Murder by Injection ユースタス・マリンズ 面影橋出版)

『人殺し医療』 (ベンジャミン・フルフォード KKベストセラーズ)

『ちょっとまって!子宮頸がん予防ワクチンうける前に』 (小冊子 新日本文芸協会)

『児童相談所の怖い話~あなたの子供を狩りに来る』 (内海聡 三五館)

■参考リンク

▼ホメオパシー関連ポータルサイト ホメオパシー・ライフ.jp
(あなたが求めるホメオパシーの全てがここに)

http://homoeopathy-life.jp/

▼ホメオパシー出版staffブログより

なぜホメオパシーは嫌われるのか?――予防接種トンデモ論より引用――

(その1)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/01/post-08b5.html
(その2)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/01/post-31bd.html
(その3)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-e60e.html
(その4)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-0142.html
(その5)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-bdf5.html
(その6)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-e1a8.html

なぜホメオパシーは嫌われるのか?――「予防と予防接種概論」の感想から引用――
(その7)
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-0937.html

▼オーストラリアアワクチンネットワーク(AVN)が発表 ホメオパシーとらのこ会 会報オアシスに 掲載された「親たちが予防接種について疑問を持つ10の理由」
http://jphma.org/case/case_img/vaccination.pdf

▼Thinkerホームページより
知られざる”ワクチン”の罪

http://thinker-japan.com/vaccine.html

▼サーバリックス子宮頸がん予防ワクチンによる民族浄化/弁護士 南出喜久治
http://www.youtube.com/watch?v=a-C_Xfi58jE&feature=player_embedded

▼子宮頚がん予防ワクチンの危険性
國體護持塾塾長、憲法学会会員 弁護士 南出喜久治 平成22年7月23日記す
http://kokutaigoji.com/teigen/pdf/220723HPV_vaccine_PDF.pdf

▼2013年9月 NPO薬害研究センター(代表 内海聡氏)主催
第三回精神薬の薬害を考えるシンポジウム(由井会長発表)

http://www.youtube.com/watch?v=6aJXZwuoHiw

▼由井会長「Zenホメオパシー 東京講演録(2012年3月収録)」
http://www.youtube.com/playlist?list=PL-tyRmluxcTxhi8hNAZJd-abwk3hZL45X

▼今もっとも伝えたいこと 由井会長幸塾インタビュー(2012年5月公開)
http://www.youtube.com/watch?v=qRTtldgW05E

▼2013年5月5日 JPHMA発行『ホメオパシー新聞』

「予防接種と人権 副反応の責任は誰がとるのか 情報開示とインフォームドコンセントの必要性」
http://news.jphma.org/2013/05/post-3b1d.html

▼2013年10月16日 JPHMA発行『ホメオパシー新聞』

子宮頸がん予防ワクチンその後 被害者へのホメオパシー健康相談も始まる
子宮頸がん予防ワクチン これだけ被害が広がってもなぜ接種中止にしないのか

http://news.jphma.org/2013/10/jphma-622f.html

▼2013年10月15日  JPHMA発行『ホメオパシー新聞』

『予防接種トンデモ論』や『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』など由井会長の著書を名指しで批判している書籍が出版されています。ここではそのような批判が正当なものかどうかを検証したいと思います

http://news.jphma.org/2013/10/post-dfef.html

子宮頸がん予防ワクチンその後 被害者へのホメオパシー健康相談も始まる(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

子宮頸がん予防ワクチン これだけ被害が広がってもなぜ接種中止にしないのか

2013年5月5日付JPHMA版「ホメオパシー新聞」で特集「子宮頸がん予防ワクチン被害の問題(http://news.jphma.org/2013/05/post-ab06.html)」としてとり上げましたが、未だ、地方議会でも一部の政党の議員や、その支援団体が接種継続を主張している現状は嘆かわしいかぎりです。そして厚労省もこれだけの被害がでていながら積極勧奨をやめただけで、予防接種の中止を決めたわけではありません。このような状況の中では、国民1人1人が正しい情報を知って適切な対処をしていかなければ、自身も家族の健康も守れません。

そのためには、まずは事実を知ることが大事です。子宮頸がん予防ワクチンの正体とは?その真実を知ること。そして、被害の実態を知って、直視すること。また、既に日本でも800万回以上、3回接種なので300万人以上が接種を受けたとされ、実際にすぐに後遺症が顕在化している方もおられますが、ワクチンの様々な後遺症でこれから苦しむ方もおられるかもしれません。被害者や家族の声や映像は本当に胸が痛むものです。このような被害で実際に苦しんでいる方に、ホメオパシーで何ができるのか、これまでにも、様々なワクチン病に効果をあげてきた希望のある療法だけに、ホメオパシーでの子宮頸がん予防ワクチン被害者の症状を改善に導く方法論の確立が急務です。

 

Ph_concept_512

2013年の12月7日、8日 JPHMAは設立15周年を記念し(JPHMAコングレス「愛とサイエンスの融合ホメオパシー ―愛は無敵― 」開催

  「薬や予防接種をしなくても健康に生きられる」もテーマに、ホメオパシーでの予防接種病(ワクチノーシス)対策では関わってきた由井会長も両日発表を行います。

海外来賓では、200万人以上の方に、ホメオパシーを使った安全で安価な予防対策で熱帯病の感染・流行阻止・予防に成功したキューバのグスタボ・ブラチョ博士の発表。

向精神薬での薬害の被害者の救済などにも取組まれ、日本で初めて断薬専門のクリニックを今年開設した内海聡医師の発表も予定されています。ぜひお集まりください。         
コングレス特設ページ

http://jphma.org/congress2013/

大会への由井寅子のメッセージ
http://jphma.org/congress2013/cat3/

子宮頸がん予防ワクチン被害の方の健康相談を終えて 由井会長に聞きました

20130615ch12_tokyo2_2

この週末2日間、由井会長は、子宮頸がん予防ワクチンを打たれた後に出る後遺症害に苦しむ少女の方々の健康相談を相次いで行いました。
相談会場に来られる少女の中には、接種後の健康障害で歩くのも辛く杖をついてこられる人もおられ、椅子に座ることもままならないような方までおられました。その症状は、痙攣、慢性疲労、体が重くて動かない、筋繊維痛症などと多様ですが、由井会長によると、その奥に各人に共通する同じような症状像をあるとことを感じたということです。
またその1つは、アルミニウムの害によって起こる典型的な症状です。(子宮頸がんワクチンの中にも水酸化アルミニウムという形でアルミニウムが入っています)そして、不思議なことに水俣病に似た水銀病に特有の症状が共通して観察されたということです。子宮頸がんワクチン自体には水銀(チメロサール)は含まれていません。しかし、アルミニウムと水銀が結びつくことで一気に複合毒性が高まることは、『予防接種は果たして有効か?』の著者であるトレバー・ガン氏も以前ラットの実験結果を紹介し、その複合毒性のリスクを講義していましたが、由井会長は、既に他の予防接種などで体内に溜まっている水銀が、子宮頸がんワクチンに含まれるアルミニウムと一緒になることでまさにその複合毒性で重篤な健康被害につながっている可能性もあるのではないかと推測しています。

また、接種した直後、接種患部から8cm大も赤く腫れあがるなどの急性症状を示した方もおられました。その後、人によってすぐ全身症状になる人もいれば、8ケ月、1年経って、全身症状の慢性病に、しかしそれも難病になる方が多くいます。全身にワクチンの害が回ったとみられる慢性症状は、痙攣、チック、痺れ、全身の痛み、筋炎、繊維筋痛症、足が重くて歩けない、だるくて横になっていなければならない、膝が痛い、割れるような片頭痛、そして不思議なことに多くの方が尖ったものが恐い、または、蛾や蝶や虫、刺すようなものが恐い、という症状を出していたということです。「尖ったものが恐い」とか、「虫で刺すようなものが恐い」といった言葉はサミュエル・ハーネマンが200年前に、実証実験(プルービング:ある毒物を少量とって心身にどんな変化があるかを観察すること)した人から聞き取りして編纂した『マテリア・メディカ』の中に同じ恐怖をもったレメディーがあったため、クライアントに必要なレメディーを検討する上で大変参考になったということです。

また、何ケ月、1年たっても、同じような症状が、子宮頸がん予防ワクチンを接種した人たちに観察されるということは、ワクチンの中の何かの毒の影響であるとしか言いようがないということです。

詳しくは、これから由井会長が中心となり多くのクライアントをみて、その結果を皆さまにお知らせするということですのでもう少しお待ちください。

「いずれにせよ、予防接種の無意味さと危険性を十分に認識し、子どもへの予防接種にはくれぐれも注意をはらう必要があるということを今一度真剣に考えていただきたい」と、由井会長からのコメントがありました。

日本ホメオパシー医学協会の管轄の日本ホメオパシーセンター本部では、子宮頸がん予防ワクチンで被害に遭われた方を対象に、無料相談を実施しております。詳しくは日本ホメオパシーセンター東京本部までお問合わせください。

日本では、すでに子宮頸がん予防ワクチンの情報が入ったレメディーを入手することができます。ただ、ワクチノーシス(予防接種病)とも呼ばれる予防接種後の不調は、体内に異物・毒物を直接不自然な形で注入することで起こるため、症状がでた段階で既に複雑に病気が立ちあがっています。

ほとんどの場合、個人でのホメオパシー・セルフケアだけで対応できる代物ではありません。特に自覚ある後遺症がある方は、由井会長が予防接種の後遺症にも対応できるように確立した「ZENメソッド」を修得し、複雑な医原病にも対応できるよう教育を受けているプロのホメオパスの健康相談に早期にかかることをお勧めします。被害者の方、予防接種後不調を感じられている方で健康相談を希望される方、またご質問のある方は、日本ホメオパシーセンター東京本部(TEL03-5797-3136)までお問合わせください。

まだお読みでない方は以下もお読みください

2013年5月 5日 (日) JPHMA版『ホメオパシー新聞』
「子宮頸がん予防ワクチン被害の問題」もお読みください。

http://news.jphma.org/2013/05/post-ab06.html

2013年5月5日 JPHMA発行『ホメオパシー新聞』
「予防接種と人権 副反応の責任は誰がとるのか 情報開示とインフォームドコンセントの必要性」

http://news.jphma.org/2013/05/post-3b1d.html 

2013年10月15日 JPHMA発行『ホメオパシー新聞』
『予防接種トンデモ論』や『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』など由井会長の著書を名指しで批判している書籍が出版されています。ここではそのような批判が正当なものかどうかを検証したいと思います。

http://news.jphma.org/2013/10/post-dfef.html

また、以下に前回の5月5日のホメオパシー新聞では、報告できなかった情報を『ホメオパシー新聞』の今号と次号でまとめて報告します。

子宮頸がん予防ワクチンに関して知っておいてほしい資料、文章や映像も紹介します。子宮頸がんワクチン、様々な問題や、被害者の実際の声などもリンクしています。ぜひこの機会に、子宮頸がんワクチンの真実を知ってください。

認定校CHhomでは、予防接種やホメオパシー的予防に関する講演会を定期的に開催しています。また由井寅子(JPHMA会長)も、この問題を長年研究し、『予防接種トンデモ論』などで予防接種の真実を公開し、解決策を提案しています。是非参考としてください。

実際に被害に遭われたご本人と家族のことばは、

以下の映像から見られます。

2013年8月23日
全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会 記者会見

被害者映像  田村厚労相と面会後の記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=INAH-vWOGSY

被害者家族(保護者)の発言 .
https://www.youtube.com/watch?v=nzz_CO4An0g

記者会見
https://www.youtube.com/watch?v=rQlmKKd_pd0

今回の問題での政府の対応

2013年5月20日
2013.5.20決算委員会質疑「HPVワクチン(子宮頸がん予防ワクチン)」について .

http://www.youtube.com/watch?v=qdzQxe7e9IM

2013年5月23日
子宮頸癌ワクチン副反応問題】厚生労働省合同会議の結論は?(出席者紹介のみ)

https://www.youtube.com/watch?v=tsCnPwcJJ0o

専門家会議(桃井座長)は『現段階では接種の中止を判断する医学的根拠はない』として接種を継続したうえで、因果関係をさらに調査すべきだという意見をまとめて散会

この会見に被害者家族など傍聴席は騒然 会議後の映像
https://www.youtube.com/watch?v=l9CwPH36IZ4

実際の子宮頚がんの被害者の映像や手記は

以下のサイトからもご覧になれます。

子宮頸がんワクチン接種被害者映像
副反応のリスク

http://www.youtube.com/watch?v=GRy6SYtCY1M

「時計が読めない...」子宮頸がんワクチン副作用被害者の悲痛
 増加する被害者の悲痛な叫び

https://www.youtube.com/watch?v=f8GKKX_iR-Y

海外の被害者映像
The Dangers of the HPV vaccines Gardasil & Cervarix (HPV Vaccination side effects Cervical Cancer)

http://tv.naturalnews.com/v.asp?v=B3CC6449AC92C9B932FA221E2ACFFBDF

サルでもわかる子宮頸がん予防ワクチン | 少女たちを薬害から守ろう!
http://vaccine.luna-organic.org/ 

日本ホメオパシーセンター本部のホームページには以下の情報もアップされています。

「子宮頸癌予防ワクチン被害の方にワクチンのデトックスについてホメオパシーに関する情報を提供します。(ホメオパシーとらのこ会)」
http://www.homoeopathy-center.org/info/2013vaccine_damage.html

参考文献

『予防接種トンデモ論』(由井寅子著)

『ホメオパシー的予防』(由井寅子著)

『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか』(由井寅子著)

『発達障害へのホメオパシー的アプローチ』(由井寅子著)

ロイヤル・アカデミー・オブ・ホメオパシー(RAH)講義録
『予防接種は果たして有効か?』(トレバー・ガン)

『ホメオパシー的信仰』(由井寅子著 ホメオパシー出版刊)

『人はなぜ病気になるのか(DVD 由井寅子講演会)』

『ワクチノーシス(予防接種病)』(コンプトン・バーネット著)

『発達障害の子どもたち』(コンプトン・バーネット著)

『インフルエンザのホメオパシー的治療法』(サンドラ・ペルコ著)
(以上ホメオパシー出版刊 http://www.homoeopathy-books.co.jp/

『毒と私』(由井寅子著 幻冬舎刊)

『愛の時代へむけて』(由井寅子著 新日本文芸協会刊)

『ちょっとまって!子宮頸がん予防ワクチンうける前に』(小冊子 新日本文芸協会)

参考リンク

▼ホメオパシー関連ポータルサイト ホメオパシー・ライフ.jp
(あなたが求めるホメオパシーの全てがここに)
http://homoeopathy-life.jp/

▼ホメオパシー出版staffブログより
なぜホメオパシーは嫌われるのか?――予防接種トンデモ論より引用――

(その1)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/01/post-08b5.html

(その2)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/01/post-31bd.html

(その3)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-e60e.html

(その4)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-0142.html

(その5)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-bdf5.html

(その6)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-e1a8.html
なぜホメオパシーは嫌われるのか?――「予防と予防接種概論」の感想から引用――

(その7)http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-0937.html

▼2013年9月 NPO薬害研究センター(代表 内海聡氏)主催
第三回精神薬の薬害を考えるシンポジウム(由井会長発表)
http://www.youtube.com/watch?v=6aJXZwuoHiw

▼由井会長「Zenホメオパシー 東京講演録(2012年3月収録)」
http://www.youtube.com/playlist?list=PL-tyRmluxcTxhi8hNAZJd-abwk3hZL45X

▼今もっとも伝えたいこと 由井会長幸塾インタビュー(2012年5月公開)
http://www.youtube.com/watch?v=qRTtldgW05E

2013年10月15日 (火)

『予防接種トンデモ論』や『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』など由井会長の著書を名指しで批判している書籍が出版されています。ここではそのような批判が正当なものかどうかを検証したいと思います。(JPHMA版『ホメオパシー新聞』)

著者のやり方は『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』の文章を都合のよいようにつなぎあわせて、さらに誘導的、恣意的なコメントを入れ、『間違いだらけの主張や陰謀論』と決めつけ、由井会長を批判しています。

全部を通して『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』を読んでいただければ、的外れの批判であることがよくわかります、

ちなみに、著者は、「予防接種(ワクチン)は、日本でももっともっと普及させなければいけない」という見解をもっており、ワクチン積極推進派の方だとわかります。このような見解に基づき予防接種の本を書くということは、不勉強と無知の為せるわざと言うところでしょうが、もしかしたら権益団体から依頼されてのことかもしれません。私たちはこのような、人を不幸に陥れる輩を安易に批判するのではなく、こういう輩に騙されないように、なにが自然でなにが不自然か、なにが真実でなにが虚偽かを見抜く本当の知性を養うための糧とすることが大切です。私たちがいつまでも権威の言うことを無条件に信じている限り、その反映として世界はこのままで有り続けるのです。虫を殺虫剤で殺すのではなく、部屋をきれいにしておけば、自ずと虫はいなくなるのです。本当は私たちの問題なのです。私たち自身が魂を磨き、そうして変な人が出現してこない世の中にしてきましょう。

Image_pa019a

▼『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』
http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PA019A

『間違いだらけの主張や陰謀論』①


 由井寅子『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』(ホメオパシー出版、2009年)によると
年にいっぺんはかぜにかかりましょうよ。インフルエンザにかかりましょうよ。たいしたことはないのです。(11ページ)
物質的にみると、それはインフルエンザウイルスとして観察されるわけですけれど、病原体というのは、もともとは私たち自身のもつ汚れた意識が、私たちの鏡となるべく生命化したものではないかと考えています。(13-14ページ)
という見解をお持ちです。
かぜというのはある種の浄化であるということです。私たちはかぜをひくことで、体毒を外に出していけるのですよ。だからそのかぜの症状を誘発してくれるインフルエンザ(流行性感冒)は、ありがたいということです。みなさんも、新型インフルエンザにかかって十分体毒を外に出しましょう。やっぱり流行には乗り遅れないようにしないと、なんたって新型ですからね。(14ページ)
うーん、なんかこういう文章を読むと確かに力が抜けてきます、もう少しがんばって読み続けます。(『予防接種は「効く」のか?』岩田健太郎:光文社新書より抜粋)

『ホメオパシー新聞』編集部
上記は『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』の一部だけを抜粋しつなぎ合わせたものですが、由井寅子がトンデモないふざけた主張をしているという印象操作を狙って恣意的に行われていることが明らかです。節ごと紹介します。抜粋された部分は網掛けにしますので、いかに読み手の印象が変わるかを体験してみてください。(引用された部分は青字下線

高熱のおかげで血液がキレイになる

この排泄のための粘液がうまく排出できないと、体の中で固まって病気の原因になってしまいます。特に薬で症状を抑圧するとそうなってしまいます。この固まってしまった粘液を溶かしてくれるのが高熱なのです。そして、この高熱を引き出してくれるインフルエンザは本当にありがたいものです。このありがたい急性の高熱が出たときに、解熱剤、それも抗炎症性の解熱剤をとると、大変危険になります。このことについてはあとで説明します(第7章「インフルエンザ脳症は解熱剤が引き起こす薬害」参照)

というわけで、年にいっぺんはかぜにかかりましょうよ。インフルエンザにかかりましょうよ。たいしたことはないのです。なにも恐ろしいことはありません。むしろインフルエンザにかからないことのほうが恐ろしい。いや、かかれないことが恐ろしいのですよ。もちろん健康であればかかる必要はありません。だけどもし、体毒がたまっているのにインフルエンザにしっかりかかれないとしたら、それこそ恐ろしいことなのです。浄化の機会が失われ、血液が濁り、血液が濁ると体が病気になるよりしかたありません。なぜなら血液が体の細胞をつくっていくのですから。これ本当ですよ。千島学説は正しいのです。

子どものかかる病気にかかりきることも大切

これはなにもインフルエンザにかぎった話ではありません。子どものかかる病気というのはまさに、親や先祖から受け継いだ情報を保持する粘液を排泄するためにもかかる必要があるのです。子どものかかる病気にかかり克服することで、親や先祖のネガティブなエネルギーを含む粘液を排泄していくことができ、親や先祖からもらったカルマ的な負荷を克服し、きれいになっていくのです。ですから、もし、子どものかかる病気にかかる必要があるのにかかれない場合は、その子の人生はやはりそれだけ大変なものになってしまうわけです。インフルエンザワクチンと違って、子どものかかる病気のワクチンというのは、残念なことに予防効果があるわけです。予防効果といっても正確に言うと、慢性病の状態にして急性症状が出ないようにしているだけなのです。もっと正確に言うと、病原体に対する抗体はできるのですが、病原体と抗体が結合したものを排出することができないのです。したがって抗体もなくならず、病原体が入ってきても発症できず、入ってきた病原体を排泄することもできません。簡単に言ってしまえば、症状を出す力もない、慢性状態といえるわけです。だから真に克服することも、粘液を排泄することもできなくなります。これは本当に由々しき問題です。予防接種の害というのは、ワクチンに含まれている水銀、アルミニウムをはじめとするさまざまな毒物や異種タンパク質、ウイルス汚染など、免疫を低下させる多くの問題がありますが、こういったカルマ的な部分を含め、心と体の浄化ができないという問題もあるのです。

病原体はありがたい。インフルエンザはありがたい

話をインフルエンザに戻しますが、インフルエンザというのはイタリア語由来で、「星から降りそそぐもの」を意味する言葉です。この星というのはハレー彗星のことではないかと思います。彗星は昔から、戦争や疫病などが起こる前触れとされていましたので、私としては、実際、天が人間を霊的に向上させるために、周期的に同種のエネルギーを降りそそいで浄化しているようにも思えます。物質的にみると、それはインフルエンザウイルスとして観察されるわけですけれど、病原体というのは、もともとは私たち自身のもつ汚れた意識が、私たちの鏡となるべく生命化したものではないかと考えています。つまり病原体というのは、私たちの滞った生命力から生まれた私たち自身の一部ではないかと思うのです。そういう意味では、病原体そのものが同種療法(ホメオパシー)の役割を担っているわけです。
そして、かぜというのはある種の浄化であるということです。私たちはかぜをひくことで、体毒を外に出していけるのですよ。だからそのかぜの症状を誘発してくれるインフルエンザ(流行性感冒)は、ありがたいということです。みなさんも、新型インフルエンザにかかって十分体毒を外に出しましょう。やっぱり流行には乗り遅れないようにしないと、なんたって新型ですからね。

年に1回はかぜをひいて大掃除するということは、昔のおばあちゃんやおじいちゃんたちが言ってくれていましたよ。そのとおりなのです。やはり、かぜをひくことで私たちは浄化されて体が健康でいられるし、心も健康でいられる。体と心、この1つが健康でなければいけません。体内に毒がたまっていると心も健康になりません。だって、体の調子が悪いと心も晴れないもの。なんか食べてもおいしくないもの。

ひとつ理解してほしいことは、体内に異物があるということは、自分じゃないものを自分とした、ということなのです。その異物に相当する偽りの心、つまりこだわりをもってしまったということになるのです。逆に、体から毒が出ていくと、体も調子がいいし、心もすがすがしくなります。こだわりが消えて心が自由になるわけですね。そうすると生きることが楽しくなってくるわけですよ。血が濁ると心も濁り、心が濁ると血も濁る。心と体はつながっていて、心が健康だと体も健康で、体が健康だと心も健康なわけです。

さきほども言いましたように、病原体というのは、私たち自身の病んだ心、滞った生命力が生命化したものだと思うのです。だからそういう病んだ心をもっている人、生命力が滞っている人は、そのパターンに合う病原体に感染して、その心とつながっている異物や体毒を排泄することをとおして、心も体も健康になっていくわけです。
体毒を排泄するということは、異物を非自己と正しく認識できたということなのですよ。だから病原体に染し、それを克服することをとおして自分の弱点を克服し、体や心が健康になると同時に霊的にも進化していけると思うのです。つまり、それだけ自分自身の命を生きられるようになると思うのです。だから私は、病原体はありがたい。インフルエンザウイルスはありがたいと言っているわけです。そして新型インフルエンザもありがたいものなのです。(『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』p11~15より抜粋)

上記を読まれれば賢明な読者「年にいっぺんはかぜにかかりましょうよ。インフルエンザにかかりましょうよ。たいしたことはないのです。」の意味はおわかりになると思います。

かぜの効用というものがあります。それは、熱を出し、咳や鼻水などの排出を含め、体の中に溜まった体毒をデトックスしていこう文脈で使われた文章であることがわかると思います。

「物質的にみると、それはインフルエンザウイルスとして観察されるわけですけれど、病原体というのは、もともとは私たち自身のもつ汚れた意識が、私たちの鏡となるべく生命化したものではないかと考えています」

上記は、由井の直感に基づく仮説を言っている部分です。これは。唯物科学が絶対と信じ、柔軟性のない頭で考えるような教育を受けたインテリの方には、理解するには難易度が高すぎる内容かもしれません。これを理解するには、生命とは何か?という理解が不可欠になります。『ホメオパシー的信仰』(由井寅子:ホメオパシー出版)が理解の助けとなるでしょう。肉体の奥には心や崇高な目的を宿した魂があります。そしてその目的から逸れてしまうこと、自分本来の生命を生きないことが病気の根本原因なのですから、魂を無視した医学が真に人を癒す医学とはなり得ないのです。

Image_pb092a

▼『ホメオパシー的信仰』(由井寅子:ホメオパシー出版)

http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PB092A

かぜというのはある種の浄化であるということです。私たちはかぜをひくことで、体毒を外に出していけるのですよ。だからそのかぜの症状を誘発してくれるインフルエンザ(流行性感冒)は、ありがたいということです。みなさんも、新型インフルエンザにかかって十分体毒を外に出しましょう。やっぱり流行には乗り遅れないようにしないと、なんたって新型ですからね。

ここまで読んでくれば、上の文章も解説せずとも、著者の真意はわかると思います。「新型インフルエンザ」が怖いと日本中で恐怖が煽られました。でも本当に怖かったのはインフルエンザだったのでしょうか。それともその恐怖に便乗して打たれるワクチンだったのでしょうか。

補足・追加

『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』(由井寅子著)の第5章P119~127 には、「バクスター社の汚染ワクチン」「人口調節のための大型殺人ウイルス?」が書かれています。そこでは、日本を含む17ヶ国に備蓄されていた新型インフルエンザワクチン用の備蓄ワクチンに起こった重大な汚染事故について書いています。新型インフルエンザワクチン騒ぎの裏で、この重大な事件がなぜか報道されなかったのかと思います。また、第5章、P102~107 「輸入ワクチンに含まれるスクワレン」「スクワレンと湾岸戦争症候群」では、実際に、新型インフルエンザワクチンとして輸入されたワクチンに含まれる「スクワレン」がいかなる物質かということについて、解説しています。ぜひ興味のかる方は読んでみてください。

『間違いだらけの主張や陰謀論』②

もし予防接種に予防効果があったとすれば、それは予防接種によって重い病気になってしまい、症状も出せない、つまり病気を押し出せない弱い体になったということで、慢性化状態になったということを意味します。(予防接種によって達成される予防とは、突き詰めるとそういうことなのです。抗体を生産させその抗体をずっと血液中に高い値にとどめておくということは、異物(インフルエンザウイルス)が排泄されず、血液中にあり続けるということで・・・(23ページ)
これは間違いです。そもそもインフルエンザウイルスは、基本的に血液中にはいません。人の場合、喉とか肺とかの呼吸器というところに限定して感染しているからです。また、抗体産生するからウイルスがずっと残っているということもありません。抗体によりウイルスは免疫細胞によって排除されるからです。(『予防接種は「効く」のか?』より抜粋)

『ホメオパシー新聞』編集部
「これは間違いです。そもそもインフルエンザウイルスは、基本的に血液中にはいません」と言っていますが、なにも間違っていません。全文を読むと、血液中にとどまるのは、ワクチン接種によるインフルエンザウイルスの構成物について書いていることが明らかだからです。
自然感染によって体内に侵入し爆発的に増殖した場合、確かにインフルエンザウイルスに抗体が結合し、解熱剤など使わなければ短期間に免疫細胞によって排除されるでしょう。しかし、一度に大量の異物が血中に入った場合は、免疫系が混乱し、異物に抗体は結合しますが、それを排泄できないという状況になります。そして体のあちこちに滞留し、さまざまな障害を引き起こします。その排除には膨大な時間がかかること、そして100%体外排出もできないということが説明されていません。つまり予防接種により体内に入れられた物質は、血液中、また体内に長期間あり続けるのです。そして通常ならそれによって長期間抗体が存在し、長期間の予防効果を獲得することができます。しかしインフルエンザに関しては抗原となるタンパク質自体が短期間に変異してしまうため、免疫を低下させてまで獲得した抗体がなんの予防効果ももちません。インフルエンザワクチンはまさに百害あって一利なしです。

_400_2

これらのことは、「抗体=免疫」という間違った教義を現代医学で教育されている方にはなかなか理解できないでしょう。最新の免疫学では抗体は免疫においてそれほど重要ではないという見解が一般的です。にもかかわらずそれが一般化しないのはなぜでしょう。それを認めてしまうことはワクチン理論の基盤を失うことになり、それはワクチンの利権に与る人々にとってとても都合の悪いことだからです。さらにワクチンは現代医学の勝利の象徴として利用されてきた歴史があり、年々信用を失墜している現代医学において、ワクチンが実は万病のもとだったとなると医師の信用も権威も地に落ちることになるからです。つまり予防接種は現代医学の正当性を証明する最後の砦となっているからです。その砦が壊されたとき、現代医学に対する不信感は一気に膨れあがるでしょう。だから製薬会社も医師会もひたすら抗体=免疫という古くさい考えにしがみつかざるを得ないのです。『予防接種は「効く」のか?』が抜粋した部分だけ読む印象と、前後を含めて流れとして読んだ場合のギャップを感じてみてください。

会報誌からの抜粋記事「新型インフルエンザについて」

ここで、ホメオパシーとらのこ会で発行している『オアシス』に私が5月に寄稿した文章「新型インフルエンザについて」を紹介します。

新型インフルエンザについて
由井寅子RAH学長
とらのこ会会報誌『OASIS』45号(2009年6月号)掲載より
今、新型インフルエンザ(ブタインフル)で世間は大騒ぎしていますが、大事なことは、物事の本質を理解し、賢く対応するということです。理解されるべきは、以下のことです。

●症状はありがたい。病原体はありがたい。

●恐ろしい病原体がいるというのは幻想で、本当に恐ろしいのは免疫力の低下である。

●その免疫力を低下させるものの代表として予防接種がある。

●浄化のために起こる症状を抑圧することで、免疫力が低下してしまう。

●免疫力を高めるためには食生活を正し、体毒を排泄し、心と体のこだわりを解放し、自然体となるようにする。

以上のことを深く理解したら、迷いはなくなり、慌てることもパニックになることもなくなります。

一方で、この大騒ぎの背景には、予防接種をさせたい人々、現代医学の威信を取り戻したいと思っている人々、恐怖をあおって薬や予防接種に依存させたいと思っている人々の意図があることは想像に難くありません。すなわち、人々の健康の支配権を持ち、健康をコントロールしたいと思っている人々がいるということです。そしてそれは、彼らだけが悪いのではなく、私たち自身の中に、自分の健康の責任を他者に委ねたいという弱さがあることの反映でもあるわけです。結局のところ、誰も責めることはできず、すべては自分に責任があるわけです。

もう少し具体的に説明すると、もし本当に新型インフルエンザウイルスが恐ろしいのであれば、どうして日本の国内感染者163人(5月18日現在)はみな症状が軽いのでしょうか? 彼らは運がよかったのでしょうか? どうしてある人は感染し、ある人は感染しないのでしょうか? どうしてある人は症状が重く、ある人は軽いのでしょうか?

答えは簡単です。体毒がたまっている人、免疫が低下している人、浄化が必要な人が感染し、その程度が大きければ大きいほど症状も重くなるわけです。どうして体毒がたまってしまうのか。どうして免疫が低下してしまうのかですが、私の経験上、そのいちばんの原因は予防接種にあるといえます。二番目の原因として、薬による症状の抑圧が挙げられます。たとえ子どもが予防接種をしておらず、薬もとっていないとしても、ワクチンの悪影響や薬による症状の抑圧の悪影響は、親から子どもに受け継がれてしまいます。だから妊娠する前にホメオパスにかかり、体内をきれいにすることをおすすめします。

もし予防接種に予防効果があったとすれば、それは予防接種によって重い病気になってしまい、症状も出せない、つまり病気を押し出せない弱い体になったということで、慢性化状態になったということを意味します。予防接種によって達成される予防とは、突き詰めるとそういうことなのです。抗体を生産させ、その抗体をずっと血液中に高い値にとどめておくということは、異物(インフルエンザウイルス)が排泄されず、血液中にあり続けるということで(血液中に抗体や異物がたくさんあって、しかもそれを排泄することができない状態)、つまり慢性化して、血中がごみだめになっている状態と考えられるわけです。

また、血液中に異物があればあるほど、免疫力はその内側の監視にエネルギーを奪われ、その分、外からの侵入に対する防衛力は低下してしまうわけです。だから違う型のインフルエンザウイルスに感染しやすくなったり、ほかの感染症にかかりやすくなってしまうのです。このように血液中に異物があると免疫力が低下します。そして、免疫力が低下することで異物を排泄できなくなるという悪循環の中で異物が血液中にとどまり続け、慢性状態となってしまいます。ですから異物を一度に大量に、直接的に血液中に入れる予防接種は、一気に免疫力を低下させ、一気に慢性化状態にしてしまう可能性が高いのです。つまり、慢性病にさせ、急性病を出せなくすることで、あたかも予防効果があるようにみえるのです。

以上のことを考えたとき、最大の予防とは、健康であることとなります。予防接種によって、健康を犠牲にして達成される予防などナンセンスです。重いよろいかぶとを身につけて歩いていれば、確かに自動車にはねられても死なずにすむ可能性はあります。しかし、そもそもよろいかぶとを身につけていなければ、視界も良好で、身も心も軽く、危険を察知し、簡単に危機を回避することができたものを、よろいかぶとを身につけたために、視野が狭くなるうえに体が重く、俊敏に歩くこともままならなくなります。そういう状態というのは、自ら危険を引き寄せているようなものです。予防接種で行っている予防とは、まさにそういうことなのです。これをみなさんに理解していただきたいと思います。恐ろしい病原体などいないということ、ただ恐ろしいほどの免疫低下状態、不健康状態だけが存在するということなのです。

ですから前述したとおり、最大の予防は健康になること、つまり日々の食生活を正し、心と体のこだわりを解放し、インナーチャイルドを癒し、バイタルフォースをなみなみさんさんと流れるような生き方をすることがもっとも大切なことなのです。そして、インフルエンザにかかる人はその原因を自らの内に持っているわけですから、インフルエンザと同種のレメディーを事前にとり、インフルエンザと共鳴する体毒、心の毒を排泄し浄化すること、あるいは環境によってたまってしまった体毒を同種のレメディーで排泄しておくことで、予防することができるわけです。さらにインフルエンザのノゾーズ(病原体や病原組織由来のレメディー)をとることで、体に学習させ、免疫力を高め、予防効果をさらに高めることもできます。

しかし、そもそも新型インフルエンザも通常のインフルエンザと同じく、低下した免疫を活性化させる刺激にすぎず、その刺激を受けて、体を浄化しようとして熱やせきなどの症状が出るのですから、本来予防する必要もないのです。インフルエンザウイルスはありがたい、症状はありがたい、なのです。ときには、熱を出そう、鼻水を出そう、せきを出そう、嘔吐、下痢をして体の大掃除をしてあげようじゃないですか。かぜにかかることもできず、せきをすれば白い目で見られ、熱があれば隔離されるような世の中になってしまったら、日本国もおしまいです。(『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』より抜粋)

いかがですか、普通のお医者さんやマスコミは教えてくれませんが大事な情報ですね。それでは、さらに見ていきましょう。

『間違いだらけの主張や陰謀論』③ 次に
インフルエンザ脳症という言葉は、誰かがインフルエンザのワクチンを接種させるために意図的につくりだしたのではないかと疑いたくなります。(48ページ)
人々の恐怖をあおり、ワクチン接種に向かわせる一環として、インフルエンザ脳症、という病名もねつ造され(49ページ)
残念ながら、この手の「陰謀論」や「ねつ造論」は世界のどこに行っても見られます。人々の恐怖をあおり、病気をねつ造してワクチン接種に向かわせようという話です。
 あいにく僕ら医者のほとんどは、ワクチンを接種したいがために病名を作るほど陰謀的ではありません。それに、インフルエンザワクチンが脳症を予防するというデータは、今のところ確たるものはないので、「脳症を予防することができますよ」とは僕らは主張していないのです。(『予防接種は「効く」のか?』より抜粋)

『ホメオパシー新聞』編集部
ここでは、論理のすり替えがおこなわれています。「インフルエンザ」自体で脳症が起こることはまれで、実際には「解熱剤」の副作用で脳症が起こることがほとんどで、また、時には予防接種の副作用(副反応)で脳炎、脳症が起きます。その実態を隠して、インフルエンザにかかると脳症になるかもしれないと恐怖を煽って、感染予防効果も定かでないインフルエンザワクチンを宣伝し、そしてインフルエンザで高熱が出ると、解熱剤の脳炎の副作用もしっかりと説明せずに解熱剤を処方する。これによって悲劇が繰り返されていることを理解する必要があります。

「あいにく僕ら医者のほとんどは、ワクチンを接種したいがために病名を作るほど陰謀的ではありません」と述べていますが、向精神薬のマーケティングのためにつくられる精神障害の様々な新しい病名はビッグファーマ(国際製薬資本)が広告代理店に考えさせている時代です。向精神薬の問題に取り組んでいる小倉謙氏がホメオパシー出版から、『数字で見る日本の精神医学の実像』(DVD)を発売しています。詳しくはそちらもご覧ください。新型インフルエンザについても、パンデミック騒ぎが製薬会社のマーケティングの一環だったことが既にスキャンダルとして欧州などでは問題となりました。海外のワクチンメーカーが、WHOのアドバイザーにパンデミック宣言することでキックバックを払っていたそうです。『ホメオパシー新聞』でも公表していますので興味のある方はそちらをご覧ください。確かに医者のほとんどは陰謀的でないかもしれません。しかし実際問題、上記に代表されるように陰謀の片棒を担がされている事実を認識する必要があるでしょう。

Image_pi007a

『数字で見る日本の精神医学の実像』

http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PI007A

それでは、読み比べてみてください。そして「インフルエンザ脳症」について、書かれている部分も合わせて紹介します。

マスコミぐるみで恐怖をあおるインフルエンザキャンペーン

なくなりかけていたインフルエンザのワクチンですが、その後、当時の厚生省はアメリカに指示されるまま、高齢者や病気をもっていてインフルエンザにかかると合併症を起こしやすいと思われる人にワクチン接種を大々的にすすめるようになり、また勢いを盛り返してきました。さらに、インフルエンザ脳症という言葉が使われるようになり、あたかも脳症がインフルエンザウイルスによって生じるかのような印象を国民に与え、マスコミがインフルエンザは恐ろしい病気だと大々的に宣伝したことも大きいでしょう。
近藤誠医師によると「インフルエンザ脳症」という病名があるのは日本だけで、薬害を「インフルエンザ脳症」という言葉でごまかしているだけということです。実際のところ、脳症はインフルエンザに感染して生じるのではなく、アスピリンやボルタレンなどの解熱剤によって生じていたわけです。
この「インフルエンザ脳症」という言葉は、誰かがインフルエンザのワクチンを接種させるために意図的につくりだしたのではないかと疑いたくなります。というのも、この「インフルエンザ脳症」という言葉がマスコミに登場した1990年代後半から、再びワクチンの製造量が急増しています。そして1997年のトリインフルエンザ騒ぎなども影響し、2000年には750万本に達しました。2004年には国内のインフルエンザワクチンの製造量は2000万本を超えました。
人々の恐怖をあおり、ワクチン接種に向かわせる一環として「インフルエンザ脳症」という病名もねつ造され、厚生労働省もそれを放置しているとしか思えないのです。
マスコミが、インフルエンザ脳症やトリインフルエンザやインフルエンザで死亡したケースを大きく報道し、インフルエンザは怖い病気であるというキャンペーンを行い、人々に信じ込ませることで、インフルエンザワクチンが再びどんどん打たれるようになっていったわけです。

熱は用事があって出ている。

膿は白血球の死骸ですね。この膿が、腐ったようなにおいがしたりします。そういう場合は腐った牛肉の汁からつくったパイロジェンというレメディーを使います。パイロジェンのレメディーをどうやってつくるかというと、まず牛肉を太陽光線に、時間当てます。
そうすると肉の汁が出てきて、そのまま放っておくと腐って泡が出てきます。その腐った汁をアルコール溶液で希釈・振盪したものがパイロジェンです。希釈するといっても天文学的に薄めるので、原物質は、分子も存在しません。だけど腐った肉汁の情報はしっかり残っているのです。

このパイロジェンを砂糖玉に垂らしたものをとってもらうと、体は腐ったものが体に入ってきたと気づきます。腐った体に腐ったものをとることで、腐ったものが、倍になったように体は感じ、自己治癒力というバイタルフォースが触発されて、より多くの膿を体内から排出しようとします。まだ膿があるわけですね。こうなったら熱も出ますし、膿ももっとたくさん出ます。ここでホメオパシーは効かないと考えるのは大間違いで、効いているからこそ、このように熱や膿などの好転反応が起きるのです。ビワ灸でも鍼灸でもマッサージでもなんでも、腕のよい治療家がやると排泄反応(好転反応)が起きますよね。排泄反応も起こせないような治療は、本当の治療法ではないと私は思います。鍼をやったあとになにかちょっと肩が硬くなったりとかして、そして治っていくわけです。

私は、不要なものを出し切らないと治らない、ということを言いたいのです。不要なものを出すために、ホメオパシーでは腐ったものには腐ったものというふうに、同種のものを用いるのです。だけど本物の膿を入れるわけではなく、パターンだけを入れるわけです。私たちの体はパターンを感じることができるのです。
でも現代医学では、この部分が理解できないのですね。だから物質的に入れようとするわけです。それも毒や異物の物質を、本当は物質情報だけがあればすむのに、どうしても物質を入れないと効果がないと考えているのです。現代医学はこのようになったらやばい、亜鉛華軟膏を塗ろう。ステロイドを塗ろうとなるわけですよ。白血球の死骸、老廃物の死骸、粘液が、膿として出るべくして出るわけですが、そういうものを薬で抑えてしまうものだから、どんどん中に残って慢性病になっていくわけです。
このように、症状が病気だというのが現代医学。症状はありがたいというのがホメオパシーです。熱が出ると、現代医学はすぐ解熱剤を入れます。現代医学では熱はいけないものだからです。高熱が出ているのに薬でビヨーンと熱を下げてしまいます。すると、微熱は出せるけれど高熱は出せなくなってしまいます。熱が出なければ毒が溶けない。体毒が解けるためには熱が必要です。

何回も何回も解熱剤やタミフルを使ってどんどん熱を無理やり下げられた日本人は、35.5度とか低体温の人が多いですね。私なんか37度近くありますよ。
それで、ホメオパシーでは、熱が出たらベラドーナというレメディーを使います。このベラドーナという植物をそのままむしゃむしゃ食べると、ぐわーっと体が熱くなって、目がギラギラするのです。よく熱が出たときにウルウルした目になりますが、それと同じです。このベラドーナを天文学的な薄さになるまでアルコール水溶液で希釈・振盪を繰り返します。たとえば、30Cですと100倍希釈を30回繰り返したという意味で、10の60乗倍希釈となります。それがどれほどの薄さかというと、銀河系に涙を一滴垂らした程度の薄さです。もちろんベラドーナの原物質は、分子も入っていません。ただしベラドーナの情報(パターン)はアルコール水溶液にしっかり保存されています。このアルコール水溶液を砂糖玉に垂らしてレメディーができます。このベラドーナのレメディーを熱があるときにとると、自然治癒力を刺激して熱を出し切る方向にいくわけです。そしてバイタルフォースという自己治癒力は、熱を出し、粘液を溶かしたりして、老廃物を出し切ったら、熱はすっとひくのです。用事があって熱は出てきているのです。

熱性けいれんはこわくない。熱はこわくない

あるお母さんが、「先生、子どもが熱性けいれんを起こしているのですよ。ぴくぴくしているじゃないですか。目も白目をむいてますよ。恐ろしい。割り箸を入れなきゃ」と言うわけです。そこで私は「お母さん、子どもが寝るときによく観察してみてください。眠りに入ったあと、目を開けてごらん。白目をむいているから、子どもが眠りに入るとき、ぴくぴくするから」と言うんです。こういう状態というのは、高熱を出して免疫を動かすために、眠らせているだけなのです。眠ることによって、食べたり動いたりするエネルギーを使わなくてすむのです。だから子どもを寝かせるのです。寝るときはどの人も、白目をむいたりぴくぴくしたりするものなのですよ。ぴくぴくと筋肉をけいれんさせ、体は熱をつくっているのです。それをお医者さんが「熱性けいれん」と名前をつけたのです。熱性けいれんなんて言わないで、熱の眠りとか免疫の眠りとでも名前をつければよかったのです。脳に影響しないので、なにも怖くはないのですよ。
ある7歳の子どもが、16日間42度の高熱が続いていました。ホメオパスから私のところに、熱が下がらないので助けてくれと電話がかかってきました。それでその子の病歴を見ましたら、ザジテンという抗ヒスタミン剤を。年間とっていたことがわかったのですよ。これはザジテンのふたがあるから、ベラドーナを入れてあげてもそのふたが取れないかぎり熱が上がりっぱなしになるとわかったので、ヒスタミンを希釈・振盪したものをとらせなさいと伝えると、ホメオパスはちょうどそれを持っていたので、その場で子どもの口に入れました。すると、入れたとたんにさーっと熱が下がっていったのです。すごいですね。念のため16日間も熱が続いたので病院連れて行ったそうです。しかしなにも異常はなかったのです。42度の熱が続いたにもかかわらず脳も正常だった。熱があるのに解熱剤を出して熱を止めることは、明らかに危ないことなのです。はしか脳症というのはそういうことが多いですね。はしかで死ぬのではないのです。

インフルエンザ脳症は解熱剤が引き起こす薬害

インフルエンザではありませんが、西アフリカのガーナで行われた調査結果についてお話します。当時のガーナは食糧事情も悪くて、子どもたちの死亡率も高い国です。そこで、はしかにかかった子どもに解熱剤を投与した場合と投与しなかった場合で、どのような違いがあるのかを同数の子どもで調べてみました。そうしたら、解熱剤を投与した子どもの死亡率は35%以上だったのです。一方、解熱剤を投与せずに放っておいた子どもの死亡率は7%未満でした。この7%というのはガーナだからであって、これがもし日本だったら、食生活や衛生状態もしっかりしていますから死ぬことはまずないはずです。私は以前、はしかで死ぬ子どもがいるのは熱を止めるからではないかと述べたことがありますが、実際このように、はしかの際に解熱剤を使うことで死亡率が5倍になるという事実があったのです。
前述したとおり、近藤誠医師によると「インフルエンザ脳症」という病名があるのは日本だけで、薬害を「インフルエンザ脳症」という言葉でごまかしているというわけです。実際は解熱剤などの投与が原因で、こういった急性脳症が発症していると考えられているのです。こういった脳症は、インフルエンザ以外のみずぼうそうやはしかなどに解熱剤を使った場合でも起こる可能性があるわけですから、「発熱性感染症における薬剤性の急性
脳症」、すなわち欧米でいう「ライ症候群」と呼ぶのが正確なはずだと近藤医師は主張しています。それにもかかわらず、あたかもインフルエンザが原因で脳症が生じる病気であるかのような誤解を招く、「インフルエンザ脳症」という正しくない病名を、医師も国もそのままにしているのはどういうことだろうと思います。
ところで、「ライ症候群」というのは、発熱、けいれん、意識障害を主訴として、肝機能障害をともなう急性脳症で、オーストラリアの病理学者ライらによる報告にちなんで命名された疾患です。死亡に至る多くのケースでは、アスピリン等の抗炎症鎮痛剤が使われていることがわかっています。
アスピリンというのは、非ステロイド性抗炎症薬の代名詞ともいうべき医薬品です。抗炎症作用・解熱作用があり、1918年のスペインかぜのときも世界中の医師によって処方され、多くの人が死亡しました(第7章「ホメオパシーを実践した医師たちの証言」参照)。アスピリンは、内服して腸管から吸収された後、肝臓で分解され、サリチル酸になります。
サリチル酸は、肝細胞のミトコンドリアの働きを阻害し、いわゆるミトコンドリア障害をもたらすと同時に、糖をつくる働きを阻害し低血糖をもたらします。低血糖症はライ症候群で見られるものですが、肝機能障害によるあまりにもひどい低血糖では、意識障害はまぬがれないのです。アスピリン投与とライ症候群の発症は密接な関係があることが明確になっています。
結局、インフルエンザ脳症・脳炎は、ライ症候群と同じ症状であり、主にアスピリンによって生じていたということです。そして、ボルタレンやポンタールなどの解熱剤もアスピリンと同じようなメカニズムで作用することから、同一疾患と考えられます。ボルタレンは、2000年11月15日にインフルエンザに対しては使用禁止としなりましたが、ポンタールはいまだ禁止されていません。またボルタレンにしても、インフルエンザのときの使用が禁止されただけで、それ以外のかぜなどでは使ってよいわけですが、病原体がインフルエンザウイルスであろうとほかのウイルスや細菌であろうと、本来同じく危険なはずです。結局、抗炎症作用のある解熱剤、アスピリン、ボルタレン、ポンタール、ロキソニン、イブプロフェン、サリチルアミドなどは、一律に危険といえると考えています。
そもそも炎症とは、体が必要があって起こしているものです。炎症があるから、白血球が異物のあるとことに到着することができ、異物を食べたり、傷を修復してくれるのですが、その大事な炎症を止めたら、危険な異物を排泄したり傷の修復が遅れることにつながってしまうのは。やむをえないと思います。
まして発熱しているときというのは、前述したとおり、固まった体毒が溶けて血液中に回っている状態です。こういうときはその体毒によって、多少細胞が傷ついたりするものです。しかし炎症を起こすことで、速やかに修復作業がなされるのです。ところが、体毒が血液中をめぐっているときに、急に熱を止めたり、炎症を止めたりしたら、その傷ついた脳を修復することができず、傷ついたまま放置することにつながります。それが脳症、脳炎の真の原因ではないかと、素人ながら想像するわけです。そうでないとしても、熱があるときに解熱剤、それも抗炎症作用のある解熱剤をとることで、脳症・脳炎になる可能性が高いことは間違いのない事実です。
では、脳を傷つけるかもしれない体毒を回す原因となる熱を出さないようにすればいいじゃないかという話になるかもしれませんが、それではいつまでも体毒を排出することはできず、健康になることができません。大事なことは、急性の高熱が出たときは、自然治癒力を信じ、熱を信じ、炎症を信じ、ホメオパシーで自然治癒力を高め、抗炎症作用のある解熱剤は使わないことです。

Image_pa023a

▼人はなぜ病気になるのか?

http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PA023A

いかがですか、普通のお医者さんやマスコミは教えてくれませんが大事な情報ですね。それでは、さらに見ていきましょう。

『間違いだらけの主張や陰謀論』④
インフルエンザワクチンは予防効果がありません、だからインフルエンザの予防接種をすればするほど、そのぶん免疫が低下するので、よりいっそうインフルエンザにかかりやすくなるというわけです。みなさんも経験があるのではないでしょうか、 私も多くのクライアントさんから、インフルエンザの予防接種をしたらインフルエンザにかかったと聞きました。いったいなんのための予防接種なのだろうと思います。本当に。だから、一度きちんと統計をとってみたらいいと思うのですよ。インフルエンザの予防接種をした人のほうが、インフルエンザやかぜにかかる確率がかなり高くなるはずです。(65ページ)
僕がびっくりしたのは、著者が、「統計をとってみたらいいと思う」と言っている。つまり、統計的にインフルエンザワクチンでインフルエンザが増えるというデータを見ているわけではないということです。見ていないのに、「よりいっそうインフルエンザにかかりやすくなる」と断じている。
すでに紹介したように、インフルエンザワクチンは、インフルエンザを予防する効果があります。また、インフルエンザの予防接種により、周囲の人もインフルエンザにかかりにくくなる、つまり「群れの免疫」ができることもすでに示しました。
 このような基本的な「統計」を読みもしないで、想像だけでワクチンを否定してかかる、というのは非常に危険な態度だと僕は思います。(『予防接種は「効く」のか?』より抜粋)

『ホメオパシー新聞』編集部
統計をとる前に、観察があります。そこから、ある種の法則性を見つけ統計や実験で検証していくのが仮説検証型という本来の科学的アプローチの姿勢ではないかと思います。まず現象という事実ありき、その法則性は後に見つけるものです。そして、何千、何万という臨床をしてきた人が、その実践の経験に基づいて判断し、「統計をとってみたらいいと思う」という発言は逆な意味で重みがあるのです。ちなみにおかしいんじゃないかと統計をとってみたら、「インフルエンザワクチンにはワクチンメーカーが宣伝していたような感染予防効果がなかった」というのが前橋レポートのオチです。この分野、本来は、政府やワクチンメーカーがしっかりとした追跡調査や統計をとっていないことが本当は問題なのです。そして製薬会社が自己の新薬を承認してもらうための、治験など、統計もデータが都合のいい数字だけが操作されているという事件も繰り返されています。現在問題となっているノバルティス・ファーマの降圧剤「ディオバン」不正論文事件は氷山の一角です。例えば、同じく大きな被害が出て問題となっている海外2社の子宮頚がん予防ワクチンですが、その一方の製造会社であるメルク社の子宮頚がんワクチン「ガーダシル」についても、自己免疫への安全性を証明した研究は、実はメルク社がスポンサーであったことが判明、後にその多くの部分が間違いであったことが米インターネットニュース配信の”Natural News”によって詳細に報道されています(” Merck Sponsored Study Returns Dubious Gardasil Autoimmune Safety Results、Monday, October 25, 2010 by: Tony Isaacs” 記事リンクhttp://www.naturalnews.com/030172_Merck_Gardasil.html)。

このような現実がありますので、逆に、データ・統計を見てしか物事を判断できない場合は、操作されたデータを信じて、結果的に判断を誤る場合も多いのです。特に、『予防接種は「効く」のか?』では、「すでに紹介したように、インフルエンザワクチンは、インフルエンザを予防する効果があります」と断定していますが、どのような「統計」を読んで、このように断言できたのでしょうか。
また、本当に病気がどうやって形成され、感染症がどうして生じるのか、さらにワクチンがどういうものかについての深い理解があるなら、統計をとらなくてもインフルエンザワクチンを接種することでインフルエンザになる可能性が高くなるのか低くなるのかを推測することはできると考えます。ちなみに「…はず」は断定ではなく、強い推測、根拠のある推測を意味する言葉です。意図的に「…はず」の言葉を省略し断定していると批判するのはおかしなことです。

それでは、読み比べてみてください。また、「第3章 ワクチン接種で体になにが起こるのか」を章ごと読んでいただくと、予防接種が予防するという神話の嘘がよくわかるので、興味ある方は、この本の第3章か『予防接種トンデモ論』を読んでみてください。

インフルエンザの予防接種をするとインフルエンザにかかりやすくなる。

予防接種をすると一度に大量の異物が入り、免疫系が弱体化し混乱すると述べたとおり、内側の戦争に免疫力が使われるので、外側に対する見張りがおろそかになってしまいます。そのため、ほかの病原体に対する免疫力が低下し、たいしたことのない病原体に感染して重症化しやすくなるのです。予防接種をしたときにほかの感染症に感染すると大変なことになってしまうというのはこういうことです。
あとで詳しく説明しますが、インフルエンザワクチンは予防効果がありません。だからインフルエンザの予防接種をすればするほど、そのぶん免疫が低下するので、よりいっそうインフルエンザにかかりやすくなるというわけです。みなさんも経験があるのではないでしょうか? 私も多くのクライアントさんから、インフルエンザの予防接種をしたらインフルエンザにかかったと聞きました。いったいなんのための予防接種なのだろうと思い
ます。本当に、だから、一度きちんと統計をとってみたらいいと思うのですよ。インフルエンザの予防接種をした人のほうが、インフルエンザやかぜにかかる確率がかなり高くなるはずです。

そしてもし、もともとかなり不健康な人がインフルエンザワクチンを打ち、それによってさらに不健康になり、その状態でインフルエンザに感染したら、インフルエンザウイルスがその人にとって非常に危険なものとなる可能性があるのです。
インフルエンザワクチン以外のワクチンには、確かに予防効果はあります。しかしそのワクチンによる予防の実態というのは、さきほども述べたとおり、感染症の慢性状態をつくりだすことにあるのです。感染症で死なないために、わざわざ免疫を低下させているのです。抗体=免疫という大前提が間違っているのです。
ある人は、でも自然にかかった人の抗体価を調べると実際高くなっているじゃないか、と言います。それは、体内でインフルエンザウイルスが急激に増えて、細胞で対応できなかったため一時的に抗体をつくり、異物に目印をつけただけです。健康であれば、それもやがて速やかに減っていきます。しかし、血液中にいきなり入ってきて免疫系が混乱して抗体がつくられた場合は、抗体は長期間血中にとどまることになります。
パソコンでもいったん処理がパンクしてしまうと、その処理を終わらせるのに通常の10 倍、いや、ときには100倍も長くかかるということは経験したことがあるでしょう。そういう場合は、待っていられなくて電源を切って強制終了させてしまいますよね。でも体の場合は強制終了させることはできません。だから処理できる許容量を超えてしまうと、体から異物を出すのに何年もかかるというようなことになってしまうわけです。これがワクチンの長期予防の秘密なのです。そして病原体にさらされることによって、さらに過剰に抗体をつくることになるでしょう。インフルエンザが流行している時期、インフルエンザにいちばんさらされている医師が、なぜかインフルエンザの抗体価が低かったりします。抗体が免疫であるというなら、その抗体価が低い医師はどうしてインフルエンザに感染しないのでしょうか? またどうして抗体ができないのでしょうか?
つまり、抗体は免疫力の指標ではなく、免疫低下の指標と考えたほうが正しいのです。それだけ血中(体内)に異物があるというあらわれなのです。抗体が過剰にあるということは、アレルギー体質だといえ、そういう人は腸が慢性的な炎症状態にあり、それによって未消化のものが血中に入りやすくなり、さらにいろいろなものにアレルギー反応を起こすという悪循環になるのです。そしてそのおおもとが、ワクチンの異物にあると私は考えているのです。(『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』より抜粋)

いかがでしょうか。この部分の理解はとっても重要なので、ぜひ興味がある方は、まるごと読んでみてください。それでは、さらに見ていきましょう。

『間違いだらけの主張や陰謀論』⑤
「ワクチンが無効」という主張だけは反証しておきたい
さらに、由井氏は、予防接種を受けると人間が「動物化」すると主張します。それはジェンナーが牛から得た牛痘を使って予防接種した故事を援用し、もともとウシの病的生命の一部を埋め込まされたわけですから、人がウシ化するのも当然ではないかと思うのです。(92ページ)
さらにはその根拠として、

予防接種の重度の被害者の映像を見ていたとき、私には彼らがウシに見えたり、サルに見えたり、ニワトリに見えたのです。本当に。(93ページ)
予防接種被害者もバカにされたものですね。ホメオパシーの実践者すべてがこのような心ないコメントをされるのか否か、僕は寡聞にして知りませんが、日本のホメオパシー業界での重鎮がこのようなコメントを本にされているのは大いに問題だと思います。
繰り返しますが、ホメオパシーそのものの価値や効能については、僕は完全にノーコメントです。ホメオパシーに頼る患者さんも否定しません。
なにしろ、世の中には本当にたくさんの人がいろいろな病気で苦しんでいます。多くの病気は原因が分かりません。現代医療ではなかなか治りません。自分や家族がそのような不遇な状況にあって、それを「予防接種のせいである」と思ったり、「ホメオパシーで治療したい」という感情がわき上がってきたとしても、それはかなり自然なこと、納得のいくことだと思います。
しかし、ワクチンが無効である、という彼らの主張は事実無根で反証はたくさん存在します。この点だけは臨床屋としてきっちり反論しておこうと思います。(『予防接種は「効く」のか?』より抜粋)

『ホメオパシー新聞』編集部
この文章は以下の章でとりあげられている部分を切り取って紹介しています。
「第5章 インフルエンザワクチンの有害性  予防接種で人間が動物化する?」
この本は新型インフルエンザ問題が騒がれ、人々が心配の渦に巻き込まれていた2009年秋に行われた由井寅子(JPHMA会長)の講演内容を本にしたものです。そして講演ではたとえ話の意味も含めて、「予防接種で人間が動物化する?」で話したエピソードを話しています。「?」のマークの意味もわからなかったようです。
それより、もう1つのここでの論点は、予防接種のワクチンは、様々な動物の細胞を使って製造されていること。そして、ワクチン自体が動物や昆虫などのたんぱく質、遺伝子やその動物のウイルスで汚染されていて、現在の技術では汚染を100%除去することはできないという事実です。そのような汚染されたワクチンを体内に入れることのリスクを警告しているのです。動物由来の病原性ウイルスも一種の生命です(生物学ではウイルスを生物とは定義していないかもしれませんが…)。ここでも生命というものの本質を理解できていないと、ここに書かれた機知と、その奥にある深い意味を理解することはできないでしょう。そういった視点も含めて、予防接種で、人間でない動物のタンパク質や遺伝子や汚染ウイルスを、予防接種という不自然な形で体内や血中にいれてはいけないのです。それでは、『予防接種は「効く」のか?』の抜粋部分と、読み比べてみてください。

Photo

予防接種で人間が動物化する?

新型インフルエンザはもともとはブタのインフルエンザですが、そもそも、ブタのインフルエンザに人間が感染するということは、本来ありえないことなのです。前述したとおり、病原体はもともと「種特異性」という原則があって、ブタはブタだけ、トリはトリだけ、そしてヒトはヒトだけに感染するというようになっていて、ブタに感染する病原体は、本来トリや人間に感染しないし、人間に感染する病原体はブタやトリに感染しないという原則があります。
この病原体に種特異性があるのは、私の想像ですが、おそらく病原体というものが、もともとそれぞれの種(生物)から生み出されたからではないかと考えています。つまりそれぞれの生き物の生命力の滞り(病気)から生まれたものが、その生き物に対する病原性ウイルスや病原性細菌で、それゆえに、その生き物に対してのみ病原性をもつのではないかと考えるのです。簡単に言えば、その生き物の病気が生命化したものが病原体であり、もともとその生き物の一部であるがゆえに、その生き物に感染し病原性を有するのではないかと考えるのです。
だからブタはブタの病原体に感染し、ニワトリはニワトリの病原体に感染し、ヒトはヒトの病原体に感染するのではないかと思うのです。ブタはブタの病的傾向と病気があり、ニワトリはニワトリの病的傾向と病気があり、ヒトはヒトの病的傾向と病気があるといえます。人や家畜、そして人の手が加わっている生き物ほど病気になりやすいのは、それだけその生き物本来の生命、すなわち自然から離れてしまっていることを意味するでしょう。
しかし、極度に免疫力が低下すると、種の壁を越えて人以外の動物や植物に感染する病原体にも感染してしまうことがあります。それだけ自己と非自己を認識する力が弱っているという証拠でもあるわけです。人間だけではなく、家畜も狭い場所に押し込めるなどして不自然な環境の中で免疫力が低下していますから、やっぱり病原体に感染しやすくなっています。ですから、免疫が半減して非自己と自己の区別がつかないような状態になったら、ブタのインフルエンザやトリのインフルエンザでさえも感染してしまい、撃退できなくなってしまうわけです。要するに、ヒトとブタの区別、ヒトとトリの区別もできないほどに免疫力が低下しているということなのです。
そしてニワトリやブタの病原体に感染することで、人間がニワトリ化したり、ブタ化すると考えることは、荒唐無稽な話でもないでしょう。私がこのような話をすると、みなさん一斉に眉に唾をつけるのですが、ニワトリやブタの病原体に感染するということは、ニワトリやブタの病気を受け入れてしまったか、あるいはもともとニワトリやブタの病気をもっていたということを意味すると思うのですよ。
そこで私は、どうして人間がニワトリ化したりブタ化したりするのかと考えてみたのです。もちろん、免疫が極端に下がると、自己と非自己の区別が極端につかなくなり、種の壁を越えて感染してしまうというのはわかるのですが、どうしてこんなにも多くの人が感染するのか不思議に思うのです。
そもそもジェンナーは牛痘を使って予防接種をしました。人の体に傷をつけてウシに感染する病原体を直接的に擦り込んだのです。これで多くの人がウシの病気を埋め込まされたわけです。すなわち、もともとウシの病的生命の一部を埋め込まされたわけですから、人がウシ化するのも当然ではないかと思うのです。
次にパスツールが登場し、今のワクチン開発の基礎をつくりあげました。それはどういう方法かというと、ほかの動物を使って病原体を弱毒化するというものです。ヒトの病原体を動物に埋め込み、動物の中で変異させて人間に使うという方法です。パスツールは狂犬病ウイルスを弱毒化させるために、イヌやウサギを使いました。ちなみにインフルエンザワクチンのような生ワクチンではない不活化ワクチンの場合は、弱毒化させる必要はありません。
このように、ほかのさまざまな動物の病気がワクチンを通して人に埋め込まれることで、人の生命が多少でも動物化していったということは全くありえないことではないと思うのです。そもそも私がそのように思った理由は、予防接種の重度の被害者の映像を見ていたとき、私には彼らがウシに見えたり、サルに見えたり、ニワトリに見えたのです。本当に。
今やワクチン製造は、ネズミの脳みそを使ったり、イヌの腎臓やサルの腎臓を使ったり、ニワトリの卵を使ったり、要するに、子丑寅卯辰巳午未申酉戌亥を使って変異させて、動物の病気に変化した病原体を人間に注射しているわけです。
ちなみにパスツールと同時代を生きたイギリスのホメオパス、バーネット医師は、このパスツールの方法を「ただならぬ方法で希釈している(毒性を薄めている)」と批判し、「希釈するなら、ホメオパシーで十分である」と、ホメオパシーでの予防方法を実践し、成果をあげていました。パスツールとバーネットに関するストーリーは拙著『予防接種トンデモ論』をお読みください。

インフルエンザワクチンの作り方

さて、インフルエンザワクチンの作り方ですが、インフルエンザワクチンの場合は、日本ではニワトリの卵を使います。ウイルスは生きた細胞の中でしか繁殖できないからです。
ほかのワクチンはまた別の動物が使われます。たとえば、ポリオや、型肝炎はサル、はしかや風疹はウサギやニワトリ、日本脳炎はサルやネズミです。
その卵は有精卵、ひよこになる卵でなければなりません。ひよこが生まれる前に卵の上部にパカッと穴を開けて、インフルエンザウイルスを直接注入します。その穴をふさいで3日ほど温めたのち、ウイルスを含む液体を卵から注射器で抜き取ります。そして遠心分離機にかけてウイルスだけを沈殿させます。そんなもので卵の成分とウイルスが完全に分離されると思いますか。されませんよ。やっぱり卵のタンパク質だとかが混入してしまう
のです。それを皮下注射で打つから、卵アレルギーになったりするわけです。
私たちはトリ肉や卵を食べるにしても。口から食べて腸でアミノ酸に分解して吸収し、自分のタンパク質に変えていきます。しかし、ワクチンは口から入ってこないのですよ。皮下注射で血液中に卵のタンパク質が入っていくから抗体ができて、卵アレルギーになってしまう。だいたい、サルやニワトリのタンパクなんていうものは、血中にはありえないものです。だから、子どもたちがいろいろなタンパク質アレルギーになってしまうということもあるのです。
さて、遠心分離機にかけてウイルスを集めたらそれをエーテルで処理し、ウイルスをバラバラにします。それにホルマリン(ホルムアルデヒド)を加えてウイルスを完全に死滅させます。ホルムアルデヒドは発がん物質です。そういうものが直接的に血液中に入っていくなんて、全く恐ろしいことです(『予防接種トンデモ論』参照)。そのうえチメロサールというエチル水銀化合物が加えられます。水銀なんて猛毒です。まして有機水銀なんてさらに悪い。このチメロサールは妊婦用ワクチンの100万本を除き、国産の新型インフルエンザワクチンのすべてに入っています。輸入ワクチンにも入っています、ホルムアルデヒドは妊婦用も含め全部に入っています。(『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』より抜粋)

「しかし、ワクチンが無効である、という彼らの主張は事実無根で反証はたくさん存在します。この点だけは臨床屋としてきっちり反論しておこうと思います」(『予防接種は「効く」のか?』より抜粋)

私たちは「ワクチンは無効である」と主張しているのではありません。ワクチンが有害であること、またリスクが大きいのに、感染予防などの顕著な効果がなく、免疫力の低下や長期に及ぶ健康被害につながっている事実を公表しているだけです。
『予防接種は「効く」のか?』には、予防接種に関連して、事実でない、読者を誤解される内容が数多く書いていますので号を変えて、ホメオパシーや予防接種に対する引用、コメントについての問題点について、事実と比較しながら解説していきます。

参考図書

『予防接種トンデモ論』
『それでもあなたは新型インフルエンザワクチンを打ちますか?』
『ホメオパシー的予防』
『ホメオパシー的信仰』
『インナーチャイルドが叫んでいる!』
『インナーチャイルドが待っている!』
『インナーチャイルドが願っている!』
『予防接種は果たして有効か』
『ハーブ・マザーチンクチャー』
『とらこ先生通信』

(以上ホメオパシー出版刊 http://www.homoeopathy-books.co.jp/

『毒と私』(幻冬舎刊)
『愛の時代へ向かってホメオパシーにできること』(新日本文芸協会刊)

参考DVD  

『人はなぜ病気になるのか』
『インナーチャイルド癒しの実践』
『数字で見る日本の精神医学の実像』

以上ホメオパシー出版刊 http://www.homoeopathy-books.co.jp/

参考映像リンク 

インターネット ユーストリームTV番組「とらこ先生の人生相談」
http://homoeopathy-life.jp/index.html#ustream
※過去の映像もアーカイブで視聴可能

2013年9月 NPO薬害研究センター(代表 内海聡)主催
第三回精神薬の薬害を考えるシンポジウム(とらこ先生発表)

http://www.youtube.com/watch?v=6aJXZwuoHiw

とらこ先生「ZENホメオパシー 東京講演録(2012年3月収録)」
http://www.youtube.com/playlist?list=PL-tyRmluxcTxhi8hNAZJd-abwk3hZL45X
今もっとも伝えたいこと とらこ先生幸塾インタビュー(2012年5月公開)
http://www.youtube.com/watch?v=qRTtldgW05E

ホメオパシー出版スタッフブログより

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その1)――予防接種トンデモ論より引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/01/post-08b5.html

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その2)――予防接種トンデモ論より引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/01/post-31bd.html

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その3)――予防接種トンデモ論より引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-e60e.html

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その4)――予防接種トンデモ論より引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-0142.html

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その5)――予防接種トンデモ論より引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-bdf5.html

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その6)――予防接種トンデモ論より引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-e1a8.html

▼なぜホメオパシーは嫌われるのか?(その7)――「予報と予防接種概論」の感想から引用――
http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/post-0937.html

« 2013年5月 | トップページ | 2013年11月 »

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28