« 子宮頸がん予防ワクチン被害の問題 | トップページ | 今週 JPHMAホメオパスの認定試験がCHhom各校を会場で開催されています »

2013年5月13日 (月)

『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』執筆のデイナ・アルマン氏も著名な投稿人に名を連ねる『ハフィントン・ポスト(Huffington Post)』日本語版を朝日新聞が創刊!

57日に『ハフィントン・ポスト(Huffington Post)』日本語版が朝日新聞との合弁で、ネットに「良質な言論空間」を築くという触込みでスタートした。約3000人の幅広い著名人がブログ記事を投稿することで政治的にも影響力のある米国のインターネットブログサイトだが、その1人に『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』を執筆した米国人ホメオパスのデイナ・アルマン氏がいる。今回は、「費用対効果がすぐれているとスイス政府に正当性を支持されたホメオパシー」、「ホメオパシーに対するガセネタキャンペーン」など『ハフィントン・ポスト』に人気のブログを投稿しているデイナ・アルマン氏の記事一覧のタイトルとリンクを紹介したい。ぜひこのようなホメオパシーの真実を伝える記事も隠ぺいせずに日本語版でも翻訳掲載してほしいものだ。

なおWKIPEDIA日本語版『ハフィントン・ポスト』には、既にこのように記載がある。「ハフィントン・ポストは、代替医療の支持者や、ワクチン反対論者による記事を掲載しているが、これが数人の科学者やニュースソースから批判を受けている」と。米国では自由に語られている代替医療への支持やワクチンの安全性への疑問などを掲載することは、やはり日本のマスコミには大変都合の悪いことなのだろうか。

Image_pa015a_3

「良質な言論空間」というならば、JPHMA会長の由井寅子が執筆の『予防接種トンデモ論』や『ホメオパシー的信仰』(ホメオパシー出版)、『毒と私』(幻冬舎刊)など、代替医療や予防接種の問題について深く気づきを与えてくれるような内容こそ、記事として取り上げられるべきであろう。

Image_pb092a_2 Image_pd046a_2

ちなみに、『ハフィントン・ポスト』日本語版には2013年5月9日付には「狂犬病に関する不都合な真実 」というある医師からの記事が投稿されている。内容を読むと、狂犬病ワクチンや新型インフルエンザワクチンを例にあげ、日本人の安全を守るため、国内では供給体制の整っていないワクチンについては国内メーカーからの供給にこだわらず、輸入ワクチンを柔軟に導入できるような対応も政府に望むというような結論になっている。

今春、輸入された子宮頚がん予防ワクチンの被害が顕在化し、その安全性について各地の地方議会でも問題となっているが、記事を書いた方はワクチンの安全性にまでは目を向けていない。しかし現実を見れば、日本人の健康を真に守るためには、海外からのワクチンの導入を急ぐより、海外製のワクチンに徹底した安全性の確認の方が優先されるべきではないか。本来メディアには、痛ましい予防接種禍の再発を防止するという使命もあるのではなかろうか。よもや海外ワクチンメーカーからお金をもらって記事を書いているわけではあるまいから。バランスをもった投稿記事の選択も望みたい。

ちなみに、先日、イタリアからのホメオパシーの誹謗・中傷記事をそのまま翻訳し配信したWired.jp日本語版が、『ハフィントン・ポスト』日本語版の編集長にインタビューしている(http://news.jphma.org/2013/04/200wired-jp-1ef.html)。ネットに公開されたその記事を読むと、日本語版『ハフィントン・ポスト』がメディアとして成功するためにはコメントをいかに、信念をもって選別し、編集するかが重要であることが書かれている。米国版でも30万のコメントがあれば、10万は落とされるようである。

朝日新聞が出資した『ハフィントン・ポスト』日本語版がアメリカのように「良質な言論空間」を築けるかどうかは、どのような信念で記事やコメントを選別するかにかかっているだろう。

ちなみに先にあげた「狂犬病に関する不都合な真実 」という投稿記事に対して現在採用されているコメントを見ると、ワクチンの安全性を疑うような深い見識のコメントはまだ採用されていない。『ハフィントン・ポスト』日本語版で、どのような言論空間が形成されるか楽しみである。今後の編集姿勢を注視していきたい。それにはどのような投稿が反映され、また反映されないのかである。この点もしっかりとみていきたい。

▼ダナ・アルマン氏の『ハフィントン・ポスト』投稿記事タイトル一覧

全文リンク(英文)は以下↓

http://www.huffingtonpost.com/dana-ullman/

Lincoln and His Team of Homeopaths

リンカーンとそのホメオパスチーム

Homeopathy Vindicated as Cost-Effective by Swiss Government

費用対効果がすぐれているとスイス政府に正当性を支持されたホメオパシー

The Swiss Government's Remarkable Report on Homeopathic Medicine

ホメオパシー医学に関するスイス政府の特筆すべきレポート

Disinformation on Homeopathy: Two Leading Sources

ホメオパシーについての偽情報の2つの主要な情報源

The Disinformation Campaign Against Homeopathy

ホメオパシーに対するガセネタキャンペーン

Is it Unhealthy To Be Too Obsessed With Health?

健康おたくは不健康?

Homeopathic Alternatives for Children with ADHD

ADHDの子どもたちへのホメオパシーという選択肢

Homeopathy For Radiation Poisoning

放射能中毒へのホメオパシー

The King's Homeopath?

ホメオパシーのキング

Luc Montagnier, Nobel Prize Winner, Takes Homeopathy Seriously

ノーベル賞受賞者 Luc Montagnier博士はホメオパシーを重要視した

Homeopathic Medicine: My 'I Have a Dream' Speech

ホメオパシー医学 私の「I have a dream」(私には夢がる)スピーチ

(※マーティン・ルーサー・キングのスピーチをもじって)

Exploring the Research on Homeopathic Treatment for Fibromyalgia

線維筋痛症のホメオパシー治療に関する研究の調査

Homeopathy: A Healthier Way to Treat Depression?

ホメオパシー 鬱(うつ)への、より健康的な治療法

Our Planet, Our Selves: The Earth's Symptoms and What to Do About Them

私たちの惑星、わたしたち自身:地球の症状  それらに何をすればよいか

Energy Medicine: Futuristic Healing With Ancient Roots

エネルギー医学:古来に根差した未来のヒーリング

Unplugging From Your Medicine Cabinet: Respecting the Body's Intelligence

身体の賢さを見直そう 医学書の本棚から離れて

Lies, Damn Lies and Medical Research

無視できない数の医学的研究

How Scientific Is Modern Medicine Really?

現代医学は本当に科学的なのか?

Do Antibiotics Make People Fat?

抗生物質で太る?

Homeopathic Medicine: Europe's #1 Alternative for Doctors

ホメオパシー医学:お医者さんにかかれないときの欧州ではNo.1の代替手段

▼『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』(ホメオパシー出版刊)

http://www.homoeopathy-books.co.jp/cart/hp/index.php?m=prod_detail&out_html=detail_hp&syo_mas_num=PA022A

Image_pa022a_3

※デイナ・アルマン氏については、ホメオパシー新聞、ホメオパシー出版staffブログでも以下関連記事がある。

▼デイナ・アルマン氏によるスイス政府のホメオパシー医療についての報告書についての記事紹介(JPHMAホメオパシー新聞 20124 4 () 発行)

http://news.jphma.org/2012/04/post-048a.html

JPHMAホメオパシー新聞その72010828 () 発行)

『日本学術会議』という機関は、政府から独立した特別の機関であるため、本会議自体に行政・立法・司法の三大権限を有していません。つまり、今回の「ホメオパシー」についての会長談話の公表内容は、日本学術会議という一機関の見解であり、政府の見解ではありません。日本学術会議の声明文を見ていきます。

(参考資料としてデイナ・アルマン氏の『世界の一流有名人がホメオパシーを選ぶ理由』からの引用あり)

http://homoeopathy-life.cocolog-nifty.com/news/2010/08/7-c1bc.html

▼ホメオパシー治療の費用効率の高さがスイス政府によって立証される。(JPHMAホメオパシー新聞 20124 5 ()発行)

http://news.jphma.org/2012/04/post-c458.html

▼ホメオパシー出版staffブログ2012418  ()記事

ホメオパシーの科学的根拠(その14) ノーベル賞受賞者、リュック モンタニエ博士、ホメオパシーへの強い支援を表明

http://blog.homoeopathy-books.co.jp/cat47851220/index.html

▼ホメオパシー出版staffブログ2012211 ()記事

ピーター・フィッシャー(イギリス国王エリザベス二世の主治医)の言葉

日本学術会議がホメオパシー否定の根拠としたランセットの論文をスイス政府医療技術評価(HTA)レポートが正式に否定!

http://blog.homoeopathy-books.co.jp/2012/02/no-dd06.html

▼その他 最近のホメオパシー新聞から

▼子宮頸がん予防ワクチン被害の問題(JPHMAホメオパシー新聞 20135 5 ()発行)

http://news.jphma.org/2013/05/post-ab06.html

▼意図的? それとも調査不足? 「200年経ってもまだ科学的証拠のないホメオパシー」ネットメディア”wired. jp”が事実に基づかない記事を配信(JPHMAホメオパシー新聞 2013428 ()発行)

http://news.jphma.org/2013/04/200wired-jp-1ef.html

▼事実と異なる日本のホメオパシー事情が世界へ発信されたことを危惧し、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)LIGAへ訂正要求と事実を送りました(JPHMAホメオパシー新聞 2013413 ()発行)

http://news.jphma.org/2013/04/jphmaliga-1c7f.html

最近の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31