« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月25日 (月)

イギリスで行われたHMA夏期セミナーにて由井会長がメインスピーカーとして発表を行いました。

20120624_04

ロンドン中心部、ラッセルスクウェアに所在する、ロンドン大学インスティチュート・オブ・チャイルドヘルスにて、英国ホメオパシー医学協会(HMA)主催のセミナーが開催され、由井会長が、メインスピーカーとして招聘されました。

HMAハンス会長は、開会の辞では、今回のセミナー開催に対する喜びを告げるとともに、現在英国ではホメオパシーに対し更なる規制がかかる勢いがあるが、ホメオパスが冷静に対応する必要がある事を呼び掛けていました。また、2011年3月、日本に起こった大災害が英国にも大きな衝撃を与え続けている事。今回の由井会長の発表で、日本の現状をキャッチアップしたい、また由井会長の編み出した土壌汚染の除去法について大変深い関心を持たれている事等が述べられていました。

今回、由井会長の発表は「Zen Homoeopathic approach to radiation and disaster(災害と放射能問題へのホメオパシーアプローチ)」というハーネマンを基にし日本の「Zen(禅)」を取り入れた日本発のホメオパシー「Zen Homoeopathy」をテーマにした発表を行いました。

放射能や農業問題、予防接種や心の問題など今、日本に蔓延する様々な問題の根源には恐怖がある、ホメオパシーを通じて、本来の自然体に帰り、それらを乗り越えた境地に到達することが真の日本復興に繋がる-という会長の強い思いが海外のホメオパスたちに伝えられました。

20120624_05

昨年の東日本大震災直後、由井会長が行った被災地への講演や支援活動や、福島の土地にホメオパシー発酵植物活性液(アクティブプラント)を撒き、そこで育った福島の桃からは放射性物質は検出されなかったことや、農薬、化学肥料を一切使用しないホメオパシー自然農業で育った野菜たちなど、日本における様々な活動が、恐怖やネガティブな感情を乗り越えた生き生きとしたものとして紹介され、海外の方々に日本の底力、エネルギーの強さを感じていただけたのではないかと思います。

症例集では由井会長のハーネマンの方法を基にした三次元処方によって様々な皮膚症状や発達障害、難病である側弯症などの症例が次々と改善して行く様子が紹介されました。改善の様子と共にそのレメディー選択の根拠と分析も衝撃だったのでしょう。身を乗り出し必死でメモをとる各国のホメオパスの様子がとても印象的でした。心に深い傷を負った女性の症例と様々な信念から来る病気の症例集が上映されると、由井会長の魂のホメオパスとしての全身全霊で行われる相談会の一部始終に全員が真剣な表情で見守り、時に涙を流し、時に微笑み、会場が一体となったようでした。

最後に由井会長の詩が読み上げられ、鳴りやまない拍手の中、講演は終了しました。発表終了後は、由井会長に一言声をかけたい人々が殺到。
「貴女はホメオパシーの為に本当に素晴らしい活動をしている。」
「素晴らしい発表内容だった。」
「もっと大きな舞台で発表すべきです。」
といったコメントが寄せられました。

またブースでは新発売の英語版DVD「Zen Homoeopathy」や書籍「Homoeopathic Faith(英語版ホメオパシー的信仰)」などを求める列ができました。セミナー開始頃は、イギリスらしいどんよりした曇り空だったのですが、由井会長の発表時間あたりから晴れ間が見えて来て、終了時には、清々しいイングリッシュ・サマーの青空になっていました。

20120624_03

●Very interesting, very moving. The slides showed some stunning results from Torako Yui's work. The material on the farm + the soil was very inspiring.
大変関心深く、大変心が揺さぶられました。由井寅子氏の活動から素晴らしい結果が出ている事を示していました。農場と土壌のお話には大変鼓舞されました。

●As always Torako's knowledge and energy astounds me.
What she is doing in Japan is astonishing.
Having worked with one of her colleagues recently I have also realised
she has an excellent school which I think the English homoeopaths schools could learn from.
いつもながら、トラコの知識とエネルギーにはびっくり仰天させられます。
日本で彼女がしている事は偉業です。
最近、彼女の学校のスタッフの一人と共に働き、トラコは素晴らしい学校を設立した事を悟り、英国のホメオパス養成学校もそれに倣う事ができると思いました。

●Presentation was very good, I got emotional myself. I thought she deserve a standing ovation.
発表はとても良く、感激しました。私は彼女がスタンディング・オベーションに値すると思います。

●I have been bowled over by the knowledge, depth of insight and supportive manner. Thank you for sharing yourself and your knowledge.
由井氏の知識と深い洞察力、相手を支持するやり方に圧倒されました。由井氏のご経験と知識を共有して下さってありがとうございました。

●由井学長のホメオパシー、生命、地球全体に対する愛が凝縮されたものであったと感じました。

●初めて寅子先生のプレゼンを拝見しました。今まで機会に恵まれることが無かったので、今回セミナーに参加出来る機会を頂けて本当に感謝しています。他のホメオパスによるプレゼンも興味深く、レメディーの勉強にもなりました。

●とても素晴らしかったです。寅子先生の講演は久しぶりでしたが、以前よりとても愛がパワーアップしたように感じました。今は日本を離れていますが、先生のお話を聴いて私にできることを(離れてもできることを)やっていこうと改めて思いました。大きな出来事がありましたが、それによって多くの人が目覚めてきているのも感じています。原因は全て自分の中にあり、だから答えも自分の中にある。起こるべくして起きていること、本当にそうだなぁと思いました。インナーチャイルドでは、もう涙が止まりませんでした。自分では十分癒せていたと思っていたのに、そうではなくて、実はとてもとても深く重く硬くなっていなから上に上がってこれなかったのだと気づきました。先生の詩も魂が震えました。本当にありがとうございました。1日明けた今日は、視界もハートもとっても開けている感じがしています。

●農業、インナーチャイルド、医原病など興味深いトピックで次回はより深まった内容を期待しています。

●盛りだくさんの内容をありがとうございました。寅子先生のケースは常に新鮮でいつも多くのことを学ばせていただいています。予防接種の被害者の映像は衝撃的で、なぜ日本人はあのような被害を受けても自分を責めるのだろうと疑問を感じました。薬害のフタは深刻だと改めて思いました。

●日本の深刻な問題として①原発・放射能の問題、②農薬・人工肥料の問題、③予防接種、④信念の問題の4つのポイントから詳しく入っている。そのポイントはとてもよかったと思います。日本の現状をよくわかってもらえたのではないでしょうか。また、それぞれの問題の対策として、コンビネーショ ンレメディーを考えて作っているという、そのアイディアと内容を公開したのは素晴らしいと思いました。1番役に立ったのは発達障害の子供に必ず最初に処方する薬害取りのコンビネーションセットの内訳です(私はこれまで知らなかったので)。

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

最近の記事

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28