« CNNで「ホメオパスは癌を治すことができる」というタイトルで報道される! バナジー親子登場 | トップページ | 「Strangeな日本」 ICH国際電話会議より »

2012年2月 1日 (水)

1/28J-CAST「JCBが契約解除『ホメオパシー商品』クレジットカードが使えない」について、JPHMAからの公式見解発表

1月28日にインターネットニュース配信会社J-CASTが報じた「JCBが契約解除『ホメオパシー商品』クレジットカードが使えない」の記事(元記事はこちら)について、JPHMAからの公式見解が発表されました。その内容を全文掲載します。

ホメオパシー商品におけるカード契約解除に関して
Credit card cancellation of contract towards homoeopathic products

2012.01.31

インターネットニュース配信会社J-CASTが1/28に、YahooJapanなど日本の主要インターネットニュースサイトあてに配信した「JCBが契約解除「ホメオパシー商品」クレジットカードが使えない」と題した報道についてですが、クレジット取扱会社、また、JCB及び、大手銀行系、及び大手流通系がクレジットカード会社がレメディー扱い業者のクレジットカード扱いが不適と判断した理由や、J-CASTの取材の経緯を、レメディー販売会社がホームページに公開しています。

そこでは、「科学的に証明されていない商材を扱うこと」「自然治癒力を触発するものを利用することは、医療ネグレクトにつながる可能性があること」を理由に、レメディーの取扱うことがクレジットカード取引としては不適であることとして、取引を停止したとされており、この内容が事実とすれば、ホメオパシーの科学性、また物質的な副作用なく安価で安全な健康法・療法であるホメオパシーを大いに誤解し間違った不当な判断をクレジットカード取扱会社が下したことになります。

これは、ドイツ人医師サミュエル・ハーネマンが確立し、200年にわたって膨大な臨床成果をあげ、今や世界で10億人が健康法として愛用するホメオパシーを、また、世界各国で、西洋近代医学を補完するホリスティックな補完・代替医療として、漢方の次に取り組んでいる人口が多いとされるホメオパシーに対して大変不適切な判断であります。また、一昨年、一部マスコミが事実を捻じ曲げて報道を繰り返した報道内容を鵜呑みにし、きっちりとした事実確認もせずに判断を下したことについても、社会的に重要な「信用」取引の分野で重要な役割を担うカード会社の判断としては大変遺憾に感じます。また欧米、インドなどホメオパシーが普及している国では、百貨店、スーパーマーケット、コンビニエンスストアから一般の小売店にいたるまで、多くの小売業者がホメオパシーのレメディーを扱っておりますので、今回、ホメオパシーのレメディーを扱っているからという理由で取引を停止した判断は、国際的な常識を無視した大変バランスを欠いた判断であると考えます。

さらに、国民の健康を取り戻すことに役立つこの解決法を国民が選択することを妨げると言うような事は、大きな問題であると考えます。

特に、1昨年の事実が捻じ曲げられて繰り返し報道されたホメオパシー叩きの真相についても、しっかりとした事実確認をしていただくことを期待いたします。この件に関しましては、日本ホメオパシー医学協会(JPHMA)会長の由井寅子が昨年7月に「毒と私」という書籍を出版し、その核心と詳細について書いております。また、JPHMAが発行しておりますインターネット版「ホメオパシー新聞」でも、その詳細について、情報を公開しておりますので、事実関係を確かめたい方は、ぜひ、これらの情報を確認いただくことをお勧めいたします。社会的に重要な判断をされる責任ある企業、行政、報道機関等の担当者には、ぜひ、正確な情報を持って判断をいただくよう、また事実が異なっていたことに気付いた場合には、いつでも先の判断をひるがえす勇気をもっていただくことを切に希望いたします。

JPHMA viewpoint
'Credit card cancellation of contract towards homoeopathic products'

2012.01.31

On 28 January, J-CAST, internet news distributor, reported news with headline ‘JCB cancelled the contract to homoeopathic products. No credit card is available’ on main internet portal sites, such as Yahoo Japan. A company which sells homoeopathic remedies has disclosed the reason why JCB, a major bank, and main distributor decided the use of credit cards towards homoeopathic remedies as inadequate on their website.

In the contents, their contract with the credit card company was cancelled because ‘the products are not proved scientifically’ and ‘Use of materials which stimulate self healing abilities has a possibility of leading to medical neglect’. If the content is the fact, this credit card company made an unjustified decision, misunderstanding the scientific nature of homoeopathy and safeness and cost-effective homoeopathy without any side-effect.

This is really a misjudgment towards homoeopathy, as it has achieved enormous clinical results over 200 years since Samuel Hahnemann, the father of homoeopathy, established this system of medicine. Homoeopathy has been used by over 1billion people all over the world and is renowned as a main complementary and alternative medicine in Western countries. Therefore, we regard this judgment as irrelevance.

We also feel regret to hear that the credit card company swallowed the myth manufactured by media, which repeated wrong report two years ago, and made this decision without checking the fact as a company who deals with ‘trust’ in society. In India and Western countries, so many shops, from small shops to big department stores, deal with homoeopathic remedies, therefore, we regards their cancellation under the reason because the company sells homoeopathic remedies, as very ignorance.

Moreover, their interfere in nations’ right of choosing this treatment, which contribute for them to regain their health naturally, is a big issue.

Especially, we expect them to check the real truth in repeated manipulated reports to attack homoeopathy two years ago. With regard to this matter, Torako Yui, the chair person of the Japanese Homoeopathic Medical Association (JPHMA), published a book ‘Poison and Me’ to reveal the truth. We recommend you to read this in order to confirm the truth. We wish any responsible persons in a company, the government, and media make a decision with correct information, and have courage to change their judgment when they find the truth.

最近の記事

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31